電子事業部

FAQ(よくあるご質問)

商品をお求めになる前に

アフターサービスについて

修理について

Q15. 【修理】保証書に日付の記入が無いとサービスは受けられないの?
Q16. 【修理】古い製品の修理は、いつまで出来るんですか?
Q17. 【修理】アフターサービスが受けられない製品を教えてください。
Q18. 【修理】家電製品では修理するより買い替えたほうが経済的なことがありますが、無線機はどうですか?
Q19. 【修理】故障かどうか、点検に出す前に調べる方法はありますか?
Q20. 【修理】無線機の日常メンテナンスについて教えてください。
Q21. 【修理】輸出モデルの修理は国内でしてもらえるのですか?国内で買って海外に持ち出した無線機を壊してしまいましたが、どこで修理してもらえば良いの?
Q22. 【修理】自分で修理,改造、内部点検をしたいのですがサポートしてもらえるの?基板のような部分的な完成品だけ売ってもらえますか?
Q23. 【修理】自宅まで修理に来てもらえるんですか?修理中の代替え機は借りられるの?
Q24. 【修理】落雷、水害、地震のような天災に遭い、無線機や電源が壊れました。修理は可能ですか?保険請求したいのですが証明書は発行してもらえるの?
Q25. 【修理】安定化電源とDCDCコンバーター修理の定額制について教えてください。
Q26. 【修理】修理点検の依頼方法と、有償時の修理技術料について、詳しく教えてください。

無線機器全般に関する、よくあるご質問

Q27. 【無線機全般】デジタル移行やスプリアスの規格が変わって、使えなくなる無線があると聞きました。古い無線機は全部使えなくなるのですか?CR3Bの免許局でデジタル・アナログ両方のモードがある無線機のアナログ部分はどうなるの?
Q28. 【無線機全般】アマチュア無線、特定小電力、デジタル簡易無線…どの無線機を選べば良いのですか?何が違うの?
Q29. 【無線機全般】アルインコの無線機に乾電池型の充電池は使えますか?
Q30. 【無線機全般】使い方が分かりません!
Q31. 【無線機全般】どのくらいの距離で通話できるんですか?地下と10階で通話できますか?
Q32. 【無線機全般】バッテリーパックは何回充電できるの?どのように保存するのが良いのですか?使える時間が減ってきたらどうするの?ふくらんだように思いますが大丈夫?充電できないのは故障ですか?
Q33. 【無線機全般】付属品の充電スタンドや充電アダプターで送受信はできますか?
Q34. 【無線機全般】無線機やレシーバーを運転中に使うときの注意点はありますか?
Q35. 【無線機全般】防災、減災用途に使う無線機はどれが良いのですか?
Q36. 【無線機全般】アルインコ製品で使えるアンテナを推奨してください。どんなアンテナを買えばいいの?●X社製のアンテナは使えますか?
Q37. 【無線機全般】急にノイズが出て、通信、受信ができなくなりました。なぜ?
Q38. 【無線機全般】使い終わった乾電池や充電池パックはどこに捨てたら良いのですか?

アマチュア無線機

特定小電力無線機

Q47. 【特小】同じチャンネルに合わせているのに交信できません。どうして?
Q48. 【特小】レジャーチャンネルとビジネスチャンネルってどう違うんですか?どちらのほうが遠くまで通話できますか?ビジネスチャンネルで仕事以外の連絡をしてはいけないの?
Q49. 【特小】他社の特小無線機と通話できますか?
Q50. 【特小】DJ-R100Dなどに搭載の同時通話モードでは、複数のユーザーが一緒に話せるの? 複数同時通話ができる無線機はありますか?
Q51. 【特小】特定小電力無線機を病院内で使いたいのですが?介護センターや医療機器を付けている入居者が居る老人ホーム等にも導入できますか?
Q52. 【特小】通話中両手を使って作業します。ハンズフリーにはどの機種が対応しているの?
Q53. 【特小】DJ-P20/PA20/CH20など20ch機で使える中継器を教えてください。DJ-P9/P11/CH9/CH11など9ch機や11ch機は中継で使えますか?
Q54. 【特小】免許の要らない特定小電力無線機、海外でも免許無しで使えるの? 海外のライセンスフリー無線機は日本で使えるの?
Q55. 【特小】短いアンテナでは通話エリアが狭くて思うように通話できませんでした。 修理で長いものに変えてもらえませんか?
Q56. 【特小】特定小電力トランシーバーに表示の価格はペアの価格ですか?どうしてペア売りしないの?
Q57. 【特小】中継器(リピーター)って何ですか?
Q58. 【特小】同時通話モードでの中継はできるんですか?
Q59. 【特小】中継器を複数組み合わせて、もっと遠くと話したいのですが?
Q60. 【特小】中継器を付けたら通信ができるようになるかどうか、調べる方法は有りますか?
Q61. 【特小】従来のアナログ方式の特定小電力無線機とDJ-P30Dは通話する事ができますか?P30DはP35Dと通話できるの?
Q62. 【特小】デジタルモードや同時通話モードの通話可能エリアはアナログ交互通話に比べて狭く感じます。なぜ?
Q63. 【特小】DJ-P30D/P-35Dで、時々送信できなくなり"ピピピ"と音が鳴ります。誰も使っていないチャンネルなのにどうして?
Q64. 【特小】DJ-P30D/P-35Dもリピーター対応と有りますが、既存のアナログリピーターで使えるんですか?
Q65. 【特小】デジタル特定小電力トランシーバーの電波形式は何ですか?
Q66. 【特小】デジタル音声対応アマチュア無線機でDJ-P30D/P-35Dの信号は受信できますか?
Q67. 【特小】DJ-P21のパーソナルモード(個別呼び出しモード)の設定方法が分かりません。
Q68. 【特小】DJP-9、P-11、P21やX01のフェイスシートをオリジナルに変えたいんですが、パソコンの画像を直接取り込んで加工するのに便利なツールは有りませんか?
Q69. 【特小】通話中に、電池が無くなった時のように表示が急に消えたり電源が落ちる事があります。減電池表示は出ていなかったのに、なぜ?

デジタル・トランシーバー(DCR 3R・デジタル簡易無線)

ワイドバンドレシーバー

Q76. 【受信機】どんな受信機なんですか?ラジオと何が違うの?
Q77. 【受信機】ワイドバンドレシーバーを使うのに免許は必要なのですか?注意する点は?
Q78. 【受信機】放送以外に何も聞こえませんが故障でしょうか?
Q79. 【受信機】今般の無線や放送のデジタル移行、アルインコのレシーバーにも影響はあるの?聞こえるアナログ無線はありますか?
Q80. 【受信機】盗聴器発見機能って何ですか?
Q81. 【受信機】 DJ-X3/X8/X11/X81で、充電台に入れても充電が始まらなくなりました、電源ボタンが効かず起動しません、液晶画面やバックライトが点滅します、充電タイマーが正しく動かなくなりました…故障ですか?
Q82. 【受信機】ワイドバンドレシーバーのメモリー周波数を編集するのが大変です。何とかなりませんか?
Q83. 【受信機】メモリー周波数を誤って消してしまいました。どうしたら復元できますか?メモリーに書いてあるデータや周波数帳のデータは貰えるの?標準仕様のデータをエアバンドや鉄道仕様に書き換えてもらえますか?
Q84. 【受信機】エアバンドスペシャルや鉄道スペシャルと一般仕様はどうちがうの?DJ-X11のAGC改造について教えてください。
Q85. 【受信機】アルインコの受信機はACARSやAISなどデータ通信の受信にも使えるの?
Q86. 【受信機】空線キャンセルが上手く動きません。DCSが正しく動かない事があるようです。地下鉄の長波が受信できません。盗聴発見機能でスキャンが止まりますが盗聴器は仕掛けられていないようです…なぜ?
Q87. 【受信機】警察や消防のデジタル無線が聞ける受信機はありますか?

電源・コンバーター・インバーター

デジタル消防救急受令機

Q1. 【購入前】「お問い合わせフォーム」に個人情報を入力したくありません。お問い合わせメールに返事が来ないのですが?
A1. 弊社ではお客様の個人情報を収集するためにメールフォームを採用しているものではありません。従い、フォームをご利用頂く際でも、必須項目であっても何らかの文字を1文字でも入力していただけばメールの送信は可能になります。公開したくない情報は適当な文字を入力して割愛できます。但し、発送やご確認のご連絡を差し上げることがある都合上、カタログや資料のご請求には必ず正確にフォームの項目を埋めてご連絡頂きますよう宜しくお願い申し上げます。また、説明書や技術資料など資料をご依頼の節は、携帯電話ではなくパソコンの返信用メールアドレスをお知らせください。弊社のメールセキュリティシステムは添付ファイルを自動的にジップファイルに変換、別途解凍用パスワードを送信します。これらが携帯電話のメールシステムではフィルターされるようです。

お問い合わせフォームから頂くメールは、返信アドレスの書き間違いやフィルター設定などの理由から、バウンスされるものがしばしばございます。バウンスされたメールはそれ以上のフォローは原則、致しておりません。また、当方の事情やミスでご連絡が取れないこともございます。週末・休暇時を除いて5日程度経っても弊社より何のご連絡も無い場合は、恐れ入りますがフリーダイヤルでお問い合わせを頂くか、別の返信用メールアドレスを指定して、改めてご連絡ください。

【ご注意】電動ウォーカー、ジョギングマシンなどのフィットネス機器は当事業部の製品では有りません。サービス窓口が全く異なりますので直接フィットネスサービスセンターにご連絡くださいますようお願い致します。


FAQトップ
Q2. 【購入前】カタログが欲しいのですが?
A2. 当ページに掲載されている電子事業部の製品のカタログは販売店の店頭でお取り頂くか、お問い合わせフォームからご請求ください。

お問い合わせフォームによるご請求は、こちらにご希望の機種名又はジャンル(DJ-XXXX、アマチュア無線、電源など)、郵送先のご住所とお名前を明記してください。「こんな用途を考えているのですが・・・」というようなコメントをお書き添え頂ければ、それに合う製品をお選びしてカタログをお送りすることもできます。但し機種別のリーフレットは増刷せず総合カタログに統合することがあり、ご希望に添えない場合がございますので予めご了承ください。  

本サービスは日本国内のご住所に限り、無償でご提供しております。お預かりした個人情報は弊社規定に沿って管理の上、カタログの送付にのみ使用し、セールスその他の目的に転用することは一切有りません。
FAQトップ
Q3. 【購入前】直接アルインコから買えるの?実売価格はいくらですか? 在庫は有りますか?見積書を送ってください。
A3. 弊社はメーカーのため、お客様への直接販売は行っておりません。このため、実売価格や在庫、お見積書などご購入に関するお問い合せは販売店のご案内をご参照のうえ,直接販売店にお尋ねください。

もしお近くに販売店が無い場合でも、インターネットの検索サイトでご興味の有る製品名とアルインコ(例:DJ-XXX アルインコ)、をキーワードに検索されると通信販売をされているお店がヒットします。この方法は「オープン価格」と表示されている製品の実売価格を調べたり、旧機種のアクセサリーなど弊社の営業在庫が無くなった製品を探したりするのにも有効です。「EBP-XXX アルインコ」のように検索すると、販売店で在庫されているものがヒットすることがありますのでお試しください。

【ご注意】弊社販売店一覧でご紹介している販売店のインターネット販売は信頼できますが、それを逆手にとって有名無線機店の販売サイトに似せた悪質なネット詐欺が報告されていますのでご注意ください。
FAQトップ
Q4. 【購入前】購入前にサンプルは貸してくれるの?通話が出来るかどうか、実験に来て貰えるのですか?
A4. 業務用無線機(特小・簡易業務・M/Uシステム・デジタル登録局、アクセサリーetc)のデモ機借用や通話実験のご依頼は販売店を通じて承っておりますので、まずお店でご相談ください。

アマチュア無線では無線局免許の申請や変更が必要で、勝手にデモ機を使うことはできないので、サンプルのお貸し出しは行っておりません。アマチュア無線機、受信機や電源は販売店の店頭で実物をご覧ください。
FAQトップ
Q5. 【購入前】IPX7やIPX4、IP67やIP54などボディの防塵防水グレードとはどのようなものですか? グレードの記載がない無線機も水濡れは大丈夫ですか?
A5. これらの表示がある弊社製品は、弊社の設計段階で相当する標準規格に適合することを確認しており、指定のアクセサリーを使い、防水キャップ類を正しく閉めるなど指示を守っていただければ一定の外郭保護性能を発揮します。

IPX7は基本的に水回りの環境で普通に使って水が機器の中に染みこまない防浸性を検証するために「室温の静水真水の水深1m(旧JIS規格では1.5mの水没)に、製品をゆっくり水没させて静止状態で30分放置しても中に水が入らない」ことを確かめています。ダイバーウオッチのような完全防水ではありません。

IPX4は「全方向からの真水の飛沫を浴びても内部に水が入らないか、入っても当面実用上問題無く使える防沫性能」を検証するため、毎分10リットルの水を全方向から最低5分間散水して耐性を確認しています。いわゆる生活防水に近いもので、水に濡れた手でつかんだり水ハネが無線機表面に飛び散ったりした程度ではすぐに故障しない事を想定したグレードです。「水が入っても当面実用上問題無く使える」ですから、水濡れが続くような環境では早い段階で故障します。

IP54はIPX4の防沫試験に加えて後述のIP6X相当のベビーパウダー状試験粉による防塵テストを実施、機器内部に粉が入らないか、入っても実用上の動作に異常がない程度で、一般向けよりもハードな環境で使えることを確認しています。

IP67はIPX7と同じ防浸試験に加えて、「非常に細かい埃が有る環境でも使える耐塵性能」を検証するために75ミクロン以下の乾燥した試験用粉塵(ベビーパウダー状の粉です)を1立方メートル当たり2kgの濃度で浮遊させた試験器内に8時間放置して、製品内部に一切粉塵が入っていないことを確認したものです。IP6耐塵は製品の発売後、試験機関で実験して合格を確認したためカタログや説明書ではIPX7相当のみになっているものがありますが、「IP67相当」とこのサイトで謳っているものについては、特に注意書きが無い限り製造ロットに関係なく防塵性能を備えています。

お分かり頂いたように、これら試験は水中で使うことはもちろん、水圧や風圧がかかる防塵防水性、海水がかかるような環境での使用については一切テストされておりません。金属性、油性、酸や塩分・化学物質を含む等、特殊な粉塵の場合、製品に使われている素材や部品に付着して劣化や故障の原因になることがありますが、これらも保証の対象外ですのでご了承ください。特に工場では砂鉄のような非常に細かい金属粉がスピーカーの強力なマグネットに吸着されて蓄積、音質劣化の原因になることがあります。このような環境では無線機をナイロン袋で保護したり、イヤホンマイクをお使いになることをお勧めします。

また、その旨特記していない限り弊社製品の外郭保護性能は製品を出荷する前に個別検査してその性能を保証するものではない「相当品」です。従い無用な水没や水かけは絶対におやめください。VHF/UHF帯の電波は水中では伝搬しません。

保護等級にかかわらず、汚れたり濡れたりしたときはOA機器用のウエットクリーナーなどで汚れを落としてから(水分を沢山含んでいるティッシュは絞ってからお使い下さい)、乾いた布で拭いて乾燥させるなどのメンテナンスを心がけていただくと、長く正常な状態でお使いになれます。このとき、「パーツクリーナー」と呼ばれているような、溶剤入りのスプレー式汚れ落としは絶対にお使いにならないでください。細かい溶剤の霧がスプレーの風圧で内部に浸透して部品の腐食、故障を起こします。

保護加工に使われているゴムやシールド素材などは、経年劣化のため変質し、機能が失われます。弊社では、外郭保護性能についても本体の保証期間と同じとさせて頂いております。 外郭保護性能が重要である場合は、定期的に弊社の有償点検をお受けください。

弊社ではウエブサイト、カタログ、説明書などで「防浸」「防沫」「耐塵」という言葉が直感的に理解しにくいことから、防水、防塵などと言い換えていることがありますのでご了承ください。

保護等級表示の無い製品は、外郭保護性能試験を行っていない物です。最低限のゴムパッキンなどを使って、少し濡れた手でさわる程度では故障しにくいように設計してはおりますが、グレードの低い防水規格を保証するとかえって誤解を受けるため、敢えて試験はしておりません。しぶきが掛かったり雨や雪に濡れたりするような場所で無線機をむき出しでお使いになるためには、環境に合わせた外郭保護性能を有する製品をお使い下さい。

保護加工の有無に関わらず、オプションのソフトケースを使用されると汚れや水分、埃や塵との接触を大幅に防ぐことができ、落下の衝撃からも守れる場合が多いので無線機の保護に大変役立ちます。メンテナンスに掛かるコストが低減できる実用的なアクセサリーですから、是非積極的にお使いください。
FAQトップ
Q6. 【サービス】無線機器製品に寿命ってあるの?耐用年数は何年ですか?
A6. 「製品の寿命」には下記のような考え方や目的があります。

1:保証期間

故障が起きた場合、原因がメーカーにある場合は保証書に記載のある範囲で無償修理に応じる期間です。弊社の一般消費者向け無線機器製品は6か月~2年で、この対象になるものは期間を明記した保証書を添付しています。保証書が付属しないもの(例えば電池やマイク類のような消耗型アクセサリー)は、初期不良以外、製品保証の対象ではありません。

2:耐用年数

昔の大蔵省令に基づく「減価償却資産の耐用年数」からきているもので、税法上の寿命です。無線機器は耐用年数表では10年となっていますが、これは「会社の経理上は10年以内に減価償却してください」というもので「10年持ちますよ」というものではありませんし、10年持たなかったといって製品の欠陥とは認められません。また、これは業務用の大きく高価なシステム通信設備も考えての年数かと思われ、実際、通常のハンディ無線機程度のものは数年で償却されることが多いようです。

3:耐用期間
製品の標準的な使用とメンテナンス状況下で、消耗品等を交換したり、修理やメンテナンスを繰り返したりしても、その製品の信頼性・安全性が維持できなくなると予想される寿命です。医療機器は薬事法上で規定が有り、例えばヘルメットのように人命にかかわる製品では業界団体が規定を設けるなどされているため、すべての製品に法的、業界的な規制があるとお思いの方が多いようですが、無線機器に耐用期間の基準はなく、各メーカーが独自に規格を定めて設計しているのが現状です。

弊社の場合、消防救急受令機や情報通信機器など特殊な用途向けに、個別契約として耐用期間を設定して納入仕様書を取り交わすことはありますが、一般民生用無線機器製品、電源機器及びそのアクセサリーにはこのような耐用期間の保証は設定しておりません。

ただ、特に業務向けの無線機器は、使い勝手を変えたくない、揃えた電池や充電器などアクセサリーを無駄にしたくないなどの理由からモデルチェンジが喜ばれない製品群です。このため、無線機メーカーは部品メーカーから生産終了の連絡があれば作りだめをしてもらってでも部品をキープして生産を続けることなど当たり前で、10年前に発売開始した製品が今でも現行品でメンテナンスも可能、というケースは珍しくありません。

弊社製品のアフターサービスについては、このFAQコーナー内で詳しく説明しております。
FAQトップ
Q7. 【サービス】回路図や修理マニュアルは開示してもらえるの?
A7. 特定小電力や簡易業務無線機、電源などの回路図は法律上、安全上の理由から技術書類の一般への開示は行っておりません。修理やメンテナンスは販売店か弊社サービスセンターにご用命ください。

アマチュア無線機の回路図はこちらのSERVICE MANUALをご覧ください。アフターサービスネットワークが整っていない地域の便宜を考慮した、輸出機種用の英文マニュアルですが、電気回路はほぼ共通ですから、ご自分でメンテをなさる技術スキルをお持ちのハムであれば充分ご活用いただけると思います。ただ、一部の機種はモデル名が異なったり(例:DR-M50は海外向けではDR-605)、送信出力の調整方法など一部の内容は海外と国内では異なる仕様になったりしています(途中で変更された物も含む)。英文サービスマニュアルについてご不明な点はお問い合わせフォームにて承ります。

なお、アマチュア無線関連機器でも、旧製品やアクセサリーについては資料の開示ができないものがございます。あしからずご了承ください。
FAQトップ
Q8. 【サービス】証明書類、仕様書は発行してもらえるのですか?
A8. 落雷や災害などで保険請求するための証明書類についてはこちらをご参照ください。

電子事業部ページでご紹介している一般向け製品(無線機、電源機器とアクセサリー全般)については、事前に個別の契約が無い限り、納入仕様書のような書類は原則としてお出しできず、同梱の保証書に記載の内容以上の保証や修理、修理期間中の代替え機の貸与なども一切できませんので予めご理解ください。また電源機器は、工業用ではないので校正点検や証明書を発行することはできません。

特殊な技術書類や納入仕様書、海外に持ち出す際の非該当証明書に関する件は、必ず製品のご購入前に支店、営業所にご相談ください。特殊書類はご依頼に応じて一定の条件のもとに発行する場合がございますが、いくらご購入頂いた後であっても、書類発行の可否は弊社の判断に基づくものとし、個人、法人の如何を問わずご要望に添いかねる場合がございますので予めご了承ください。 また、発行までには数日から2週間程度掛かる場合もございます。弊社が書類の発行をお断りしたり、至急のご希望に添えない場合の逸失利益の補償は致しかねますので、予めご了承ください。
FAQトップ
Q9. 【サービス】修理用部品を注文したいのですが?
A9. 弊社製品の部品は販売店にご注文下さい。部品についてのご質問はお問い合わせフォームで承ります。
お問い合わせの際、特に特定小電力トランシーバーの電池フタなど外装部品の場合は色も明記してお尋ねください。

弊社の責に掛かる明らかな部品不良や誤出荷を除き、一度ご注文頂いた部品は理由の如何に関わらず返品や交換はお受け致しかねますので、必ずご注文前に正しい部品かどうか販売店又は弊社SCにご確認くださいますようお願い致します。

尚、特定小電力や簡易業務用無線機の部品は次の項目でご説明しておりますように法律上の理由から、ツマミや電池の蓋など本体を分解せずに交換できる外装消耗部品を除いては販売できません。そのような部品の交換は、弊社SCが修理として対応させていただきますので予めご了承ください。

部品のご購入については、お近くに販売店が無い場合は弊社サービスセンターから部品を直接お送りすることも出来ますが、以下のような発送手数料が別途必要です。発送手数料には運賃、封筒や発送箱の代金と事務手数料が含まれています。
*壊れにくい小物部品:郵送300円(税別、全国均一、以下同様)
*大きめの物や壊れやすい物:宅配便500円
*代引きでのご注文:宅配便、代引き手数料込み1,200円

例 1:100円と200円の小さなツマミを1個づつご注文の場合=
(100+200+郵送手数料300)+消費税8%=¥648の切手を同封してください。

例 2:大きめのモービル機のフロントケース1500円を1個ご注文の場合=
(1500+宅配便手数料500)+消費税8%=¥2,160の切手を同封してください。

例 3:50wモービル機のファイナルモジュール13000円を1個ご注文の場合=
(13000+代引き1200)+消費税8%=¥15,336を宅配ドライバーにお渡し頂きます。

まずお問い合わせフォームにてお探しの部品名と在庫があるかどうかを事前にお問い合わせ頂いた上で、下記の住所に、発送先のご住所・お名前・お電話番号、部品名、数量を明記したメモと、金額相当の未使用郵便切手(82円切手を優先してください)を同封してお送り頂くか、改めて運賃代引きのご注文をサービスセンターにご用命下さい。

旧製品向けの充電池パックといったアクセサリーに準じる保守部品やパワーモジュールのような高額な部品は、切手による支払いはお受けできず、販売店にご注文頂くか運賃代引きをご利用頂くようお願いしておりますので、予めご了承ください。

こちらに部品注文票(PDF)がございますのでプリントアウトしてお使い頂くと便利です。

【部品注文票の送り先】
〒541-0043 大阪市中央区高麗橋4丁目4番9号 淀屋橋ダイビル13F
アルインコ(株)電子サービスセンター 部品係

【お電話によるお問い合せ先】
アルインコ電子SC:フリーダイヤル 0120-464-007
AM10:00~PM17:00(12:00~13:00、土・日・祝日を除く)
FAQトップ
Q10. 【サービス】ベルトクリップ、バッテリーパック、マイクスポンジ、イヤホンゴムを注文したいのですが?
A10. これらは部品というより製品扱いで、販売店でご購入いただいております。ゴムやスポンジ類も販売店からお求めいただけます。品番はお問い合わせいただくか、このHPのカタログダウンロードから総合カタログをダウンロードしてアクセサリー欄をご覧ください。また、品番が分かれば、例えばEBC-** アルインコ、と検索すれば在庫をお持ちの販売店がたくさんヒットします。
FAQトップ
Q11. 【サービス】取扱説明書の入手方法を教えてください。
A11. ご購入前や操作方法を忘れたときの参考用には、こちらから説明書をご覧頂けます。一部は印刷物をそのままスキャンしただけになっており見にくいものもございますが、ご容赦ください。現行製品すべてと生産終了機種の中でもリクエストが多い機種を掲載しています。

また説明書や周波数帳はスペア部品と同様に有償で販売しています。このサイトでご紹介している現行製品は全て在庫がございますが、製造を終了した製品についてはご希望にお応えできない場合がございますので予めご了承ください。

●価格
* DJ-P30R,P101R等屋外設置用中継器 :(税別) 2,000円
* DX-SR9 (DX-SR8用にも使えます)/DX-R8 :(税別) 1,000円
* 上記を除く全機種共通(受信機に付属の周波数帳や製造を終了した機種も含む) :(税別) 500円

※ 電源や一部の特小無線機など1枚物の説明書も500円です。これらはウエブサイトからのダウンロードとコピーをお勧めします。

●ご注文
正確に機種名をお申し添えの上、販売店にご注文下さい。

お近くに販売店が無い場合は弊社から直接お送りすることもできますが、発送手数料(税別) 300円 (多数の場合は宅配便扱いになり税別500円)が別途必要です。まず弊社営業所かサービスセンターへ、お電話又はメールにてご希望の説明書の在庫と金額をご確認頂いた上で、ご発送先住所・氏名・「(機種名)の説明書希望」、の3点をご明記頂いたメモと価格相当の未使用郵便切手を同封して、下記に宛ててお送りください。もし切手を新たにお求めになる場合は82円切手を優先し、端数も四捨五入せず、円単位まで差異が出ないように正確な金額分をご購入下さい。

【例】
DX-SR9 説明書 ¥1,000+手数料¥300+税8%=¥1,404
DJ-X11 説明書 ¥500+手数料¥300+税8%=¥864

【送り先】
〒541-0043 大阪市中央区高麗橋4丁目4番9号 淀屋橋ダイビル13F
アルインコ(株)電子大阪支店  説明書係
FAQトップ
Q12. 【サービス】どうして特小無線機や業務無線機の部品は販売していないのですか?
A12. 特定小電力機器は「総務省令 無線設備規則 第49条の14」及び「郵政省告示平成元年第 49 号」により筐体の構造が定められています。

「筐 体(無線設備規則・第 49 条の14)(郵政省告示・平成元年第 49 号)無線設備は一の筐体に収められており(集中基地局等に使用する空中線共用器も含む。)、かつ、空中線端子を備えず、容易に開けることができないこと。」

このため、特小無線機のボディを止めるネジは通常のプラスネジではない、特殊形状のものを使っています。

一般のユーザーが特定小電力機器の分解をすることはこの条項に違反して、工事設計認証または技術基準適合の効力を失う行為になります。工事設計認証または技術基準適合の効力を失った機器を使用することは不法無線局の開設に該当し、電波法第110条により罰せられます。

従って、弊社では特定小電力無線機本体の分解が必要な補修部品の提供は一切行って居りません。他の業務用無線機についても技術基準適合品ですから、同様の配慮をしています。

アマチュア無線機は、同じ技適対象品であっても、保証認定を受けるなど規定はあるものの、法の許す範囲でユーザーによる修理や改造が認められている製品ですので内部部品でも一定の条件のもとに販売をしています。
FAQトップ
Q13. 【サービス】アルインコの無線機器類のアフターサービス全般について教えてください。
A13. 以下、弊社の保証規定に沿って簡単にご説明します。尚、販売代理店が独自のポリシーでお客様に対して下記と異なる内容のアフターサービスをご提供されることがありますが、それが仮に弊社の定める保証内容より有利であっても、弊社は弊社が発行する保証書に記載された範囲での保証を限度と致します。又、有償修理価格は取次店によって弊社サービスセンターのものと異なる場合がありますが、その価格を統一する権限は弊社にはございませんのでご了承ください。

【保証書が付属しない製品について】
バッテリーパック、マイク類、充電器など保証書が付属しないオプションアクセサリーは、弊社の正規販売代理店から新品でのご購入直後の初期不良以外、保証の対象になりません。ご購入日が特定できるレシートや領収書は必ず保管して、ご購入後は必ずすぐに動作を点検してください。
・新品のまま保存してあっても、電池の過放電、ビニールやスポンジ素材の加水分解など、経時劣化は起こりますので初期不良にはなりません。
・ACアダプターやバッテリーパック、ニッケル水素電池用充電器などは物理的に分解できない構造になっており、修理ができないものがあります。このようなものの大半は修理を依頼する手間と費用より、新品購入のほうがリーズナブルになります。
・イヤホンマイクやDCケーブルなどコード付きの物はたとえ購入の翌日でも、何かにひっかけた拍子に切れることがあります。また、一般用のものを業務で使われると短期間で故障します。

保証書が無い製品の点検修理についてご不明な点は、事前にお問い合わせフォームからご相談ください。

【新品の保証について】
新品の製品は、同梱されている保証書の内容に沿ってアフターサービスをご提供しております。必ず購入時に販売店印や購入証明ステッカーなど、販売店名と購入日が分かるように保証書に記載・貼付されているかご確認のうえ、保管して下さい。このような証明が受けられなかったときはレシートや、通信販売の場合は発送伝票など、商品名と販売日が証明できる書類でも代用出来ますので合わせて保存して下さい。これがないと、無条件に保証対象外の扱いになりますのでご注意ください。

仮に箱入りの新品でもご購入後、保証期間を過ぎると修理点検は有償となります。ご購入直後は必ずすぐに開梱、製品と付属品に異常がないことを確認してください。
特に、電池は使わずに備蓄すると過放電して充電できなくなったり液漏れする可能性が高く、イヤホンマイクなどに使われるスポンジやゴム、プラスチック素材は加水分解してぼろぼろになりますので、定期的な点検をしてください。

製品に不具合をお感じになったら、我慢してお使いにならずにすぐにご購入の販売店や弊社サービスセンターにご相談ください。購入直後から不具合があっても保証期間を過ぎたものは保証の対象外となります。

【旧製品、在庫品、保管品について】
保証書付き新品であっても、該当製品の最終製造日から5年以上が経過している旧製品は、補修部品の払底などの理由からメンテナンス対応を確約できず、保証書の内容通りのサービスをご提供できない場合がございます。アフターサービスの対象外製品のリストはこちらです。旧製品をお求めの際はご注意ください。尚、このページへの掲載をもって保証とサービス提供終了の告知に替えさせて頂いております。

弊社の販売代理店がお客様に正規の保証書を発行した商品以外は、新品(のように見える)と言えども製品保証はできません。商品の入手経路、在庫中の管理や取り扱いなどに信頼性が無いからで、特にオークションのような個人取引やそれに近い売買では保証が受けられないリスクが高くなりますのでご注意ください。

旧製品の修理の際、純正部品の新品が入手できなくなっているときは、弊社が適切と認める範囲で電気・機構の両方について、代用の部品(オリジナルとは違う部品メーカーの同等品や、他機種に使う色違い・類似の物など)や新品では無い部品(保守用に保存している製品や基板から外して流用する部品)を使用する場合があります。

旧製品の修理は対応可能な技術員が限定される、部品調達や修理作業に時間が掛かる事がある等の事情から、1ヶ月以上のお時間を頂く場合があります。

【修理部品や説明書などの書類について】
(1)修理に関する全責任を購入者が負う事と弊社SCは一切のサポートをしないことを理解していただけば、アマチュア無線機の修理用部品は販売店、又は弊社SCよりお求め頂けます。この項目の下に部品の購入方法に関するFAQがございますので参照ください。

(2)アマチュア向け製品であっても修理技術上の問題が有るもの(例:CPUなど手作業での交換が困難なもの)や、特定小電力無線機・業務用無線機・電源の部品で法的、安全上の理由などから部品単体の販売はできない物があります。又、サービスセンター業務に必要なストックの確保を優先しますので、在庫が少なくなった部品は販売しないことがあります。

(3)電池関連・アンテナ・マイクロフォンなど基幹付属部品については、アフターサービス提供期間中は製品をお使いになれる最低限の範囲で、スペア部品として保存しております。このため色や外見がオリジナルと異なる物、化粧箱に入っていない物、充電池の場合は電圧や電流容量がお使いのタイプと異なるもの、乾電池ケースが無い時は代用となる充電池パックをお勧めする等の場合や、弊社製品に使用可能と思われる他社製品のご案内をもって保守に替える場合があります。充電器のスタンドとアダプターのように複数部品で構成されるアクセサリーは、それぞれの部品が独立してお求め頂ける物とそうでないものが有りますので弊社SCまでお問い合わせ下さい。

(4)延長ケーブル類、内蔵追加基板、ソフトケースのような機能拡張用のアクセサリーは部品保守の対象外です。

(5)上記の部品保守期限内であっても、災害による在庫の破損、在庫中の品質変化、盗難、部品メーカーの責に係る事情など、不測・不可抗力によるメンテナンス資材の損失・入手不可となる事態が起こった場合はサービスを提供出来なくなりますので、ご了承ください。

(6)弊社製品の取り扱い説明書及び製品に同梱される資料、化粧箱などの印刷物も部品同様の方法で販売店又は弊社SCより有償にてお求め頂けます。但し、印刷したものの在庫が無くなった場合はサポートを終了し、或いは電子ファイル化したものを弊社ホームページ上やご購入者個別にEメールなどを経由して無償で提供する場合があります。説明書類の購入方法は別項目のFAQに掲載していますのでご参照ください。箱については内装品(クッションや仕切り)は付属せず、製品管理用バーコードなどのラベル、スタンプ類も有りません。それらの販売や対応はお断りしています。

(7)アマチュア無線機の回路図やサービスマニュアルは在庫状況に応じて、取り扱い説明書に準じ有償・無償でご提供します。また設置や使用環境に合うかどうかを見極める参考用途の簡易な寸法図はアマチュア無線機以外でも無償でご提供できる場合がございます。
それ以外の製品については、法的・安全上などの理由で有償といえども出図をお断りしています。説明書・各種図面・仕様書・技術設計資料・保証書再発行・シリアル番号シールや銘板の出図発行と新規の作図の可否は、例え製品をご購入になった後のご要望であっても弊社が任意に決めさせて頂きます。
FAQトップ
Q14. 【サービス】ファームウエアを更新する予定はありますか?自分で更新したいのでファームウエアが欲しいのですか?更新の詳しい内容を教えてください。どのようにすれば更新してもらえるの?
A14. ファームウエアの更新は機種を問わず、製品として成立しない様な不具合の修正、またはユーザー様にとって有益な機能を実装した時でない限り、更新した事実や内容を開示することは致しておりません。ファームウエアのバージョンが違うものを見られると不具合の修正や機能の追加が有ったと思われがちですが、弊社の場合、例えば工場の自動検査仕様の変更や、大口ユーザー様向けの特殊仕様対応など、製造や営業上の理由で行ったものも一般向けと区別せずにバージョン管理しています。それらの更新内容は一般ユーザー様に関すること以外、企業秘密ですので公開しておりません。

受信機やアマチュア無線機のように純粋なホビー無線機の一部はファームウエアの実行プログラムをHP上に公開することがありますが、特小無線機や簡易業務無線機のような業務用無線機のプログラムを配布することは致しておりません。コンプライアンスへの配慮の他、業務機は販売代理店が顧客のニーズに合った設定を多数の個体に設定してから納品されるため、理由を知らないユーザー様がHPで見た更新を興味本位で行うと状態が変わったり、書き込み失敗でフリーズして通信障害の原因になるリスクがあるためです。

弊社が欠陥と判断した場合、ファームウエアの更新はハードウエアの改修と同じく全て無償で行います。機能の追加や操作性の改善についてはアフターサービスとしてご提供するもので、希望される方のみが対象になるため、書き込みサービス以外に掛かる運賃など費用の実費はユーザー様にご負担いただいております。

サービスセンターでは必要に応じて修理点検業務の一環として修理依頼品のファームウエアを更新することが有りますが、前述のように通信環境に影響がある、基板の世代が異なり更新対象ではない、使用部品の違いから書き換えができないなどの理由から敢えて更新しない、またはできないことが有ります。また不具合の直接の原因では無い場合、修理内容報告書に更新に関する記載はしておりません。

ユーザー様向けのファームウエア更新を公表した際は、対応についてホームページでその都度告知を行いますので、そちらをご参照ください。
FAQトップ
Q15. 【修理】保証書に日付の記入が無いとサービスは受けられないの?
A15. 製品ご購入の日付が証明ができる書類がないと、無条件に保証の対象外とさせて頂いております。

今般、ネットショップやオークションで弊社製品をお求めになる方が大変多くなってきています。例えネット販売でも、正規販売店の通販部門であれば販売印の捺印など保証に有効な手続きをしてから販売されていますが、ネットショップやオークションだけでなく一部の販売店では保証書記入手続きがなされず、このためお客様に保証サービスを受けていただけないことが起こっています。

*お求めの時に、保証書に有効な日付や販売店の捺印がされているか必ずお確かめください。

*保証書に販売日の記載や販売印の捺印が受けられなかった場合はレシート、荷物に付いている送り状、メール注文時のメールのコピーなど、製品品番とご購入の日付を特定できる書類を、必ず保証書と合わせて保存してください。

*弊社SCでは、過去に修理をご依頼頂いた個体のシリアル番号をデータベース化して管理しています。保証修理依頼の内容と弊社データベースに食い違い(例:過去に同じ個体を修理した履歴があり、その日から保証規定以上の時間が過ぎている等)がある場合、白紙保証書とレシートなどの組み合わせでは無償修理サービスをお断りする場合がございますのでご注意下さい。

*保証書に有効な記載の無いものは、修理時に弊社サービスセンターで必要事項などを保証書に記入してご返却する場合があります。

弊社SCでは、保証修理はお客様の立場に立ってなるべくご迷惑の掛からないよう努力を致しておりますが、ご購入前には有効な保証書の有無を販売者にご確認なさるよう強くお勧めします。あたかも一種のサービスのように保証書の日付を記入しない販売者が居りますが、これは保証点検を受けて頂く際にお客様にとって不利益や面倒になることのほうが多いと言うことを是非ご理解ください。

(注:弊社では修理のためお客様からお預かりした個人情報を含むデータは修理業務にのみ使用し、それ以外の目的に使うことはありません。個人情報は弊社の情報管理規定によって厳正に管理されています。)
FAQトップ
Q16. 【修理】古い製品の修理は、いつまで出来るんですか?
A16. 販売時に保証書を添付しているアルインコ(株)電子事業部の製造する製品については、営業出荷を終了した時点から最低5年間は製品をご使用頂けるよう、アフターサービスをご提供致しております。

この保証は弊社サービスセンターで行う修理にのみ有効で、設計部門が適切と認める代用部品を使用する場合も含みます。このため修理技術上・部品保守上の問題から、サービスセンターで修理は承っても修理部品の販売はお断りする場合がございますのでご了承下さい。

電池関連・アンテナ・マイクロフォンなど、これが無いと本体を使えなくなるようなアクセサリーについては、アクセサリーとしての品番では販売を終了していても、サービスセンターで本体の販売中止後も5年間は部品としての最低限のスペアを保存しております。このため、色や形がオリジナルと異なる物、化粧箱に入っていない物、充電池の場合電圧や電流容量がお使いのタイプと異なるもの、乾電池ケースが無い場合は代用となる充電池パックをお勧めする等の場合や、純正品が無い場合は弊社製品に使用可能と思われる他社製品のご案内をもって保守に替えさせて頂く場合もございます。又、延長ケーブル類、内蔵追加基板、ソフトケースのような機能拡張用・保護用のアクセサリーは保守の対象外とさせて頂いておりますので、現行品として販売されている期間中にお求め頂きますようお願い申し上げます。

上記の部品保守期限内であっても、災害による在庫の破損、在庫中の品質変化、盗難、部品メーカーの責に係る事情など、不測・不可抗力によるメンテナンス資材の損失・入手不可となる事態が起こった場合はやむを得ず保守・修理が不可能になる場合が考えられますので、予めご理解の程お願い申し上げます。

販売店での長期在庫の処分品など、保証書付き新品であっても、弊社の営業出荷終了後上記の期間が経過したものは、補修部品の払底などからメンテナンス対応が出来ないものがありますので、ご注意ください。尚、旧製品の修理は対応可能な技術員が限定される、部品調達や修理作業に時間が掛かる場合がある等の事情から、1ヶ月以上のお時間を頂く場合が御座いますので、何卒予めご了承下さい。

但し弊社では、お客様にお喜びいただけるよう、ほとんど全ての製品について事実上は上記の期限を超えて可能な限りのメンテナンスを行っており、今後もそのように努める所存です。旧製品の保守・修理についてのご質問はお問い合わせフォームにてお問い合わせ下さい。なお、次のQ16も合わせてお読みください。
FAQトップ
Q17. 【修理】アフターサービスが受けられない製品を教えてください。
A17. 旧製品についてはこちらをご覧下さい。
これらの製品を直接弊社サービスセンターにお送りになられましても、運賃受け取り人払いの宅配便で、未修理のままご返却させて頂きますのでご注意ください。販売店が誤ってお預かりした製品はその販売店にご返却致します。

又、以下のような製品も修理の受付をお断りしています。

*技術基準適合シール、製品の銘板シール、CSMやATIS番号シールなど法的、製品管理や特定に必要なシールが剥がされている物(印字が薄れた物は問題有りません)
*違法な改造が施されているなど、弊社の定める仕様を逸脱した状態で使われている物
*汚物の付着など極端に汚れた物、化学物質などの汚染が疑われる物など弊社修理技術員の衛生に害を及ぼす恐れのある物
*落下、雷撃、水没、塩害、火災などにより破壊され、一見して修理不能と判断できる物。但し保険請求のために証明書の発行をご依頼になるときは除きます。保険証書の記入依頼については引き続きQ23をご覧ください。


尚、弊社が認める技術員以外の手によって改造や修理をされた無線機を元の仕様に戻すことは、部外者がどのような作業をしたかトレースすることは不可能、ラベル類を再発行することは製品管理上出来ない、などの技術的理由から、例外なくお断り致しております。

何とぞご理解の程、お願い申し上げます。
FAQトップ
Q18. 【修理】家電製品では修理するより買い替えたほうが経済的なことがありますが、無線機はどうですか?
A18. はい、普及価格の特定小電力トランシーバーではお買い替えをお勧めします。

普及価格帯の機種の修理価格は技術料と部品代、税や運賃など諸掛の合計で最低でも6,000~8,000円程度になります。

また、お見積もりをご依頼になって、価格提示後にお断りされると受付事務、修理個所の特定、見積連絡、返送等に掛かる手数料、通信費や梱包材実費などを含む既定の「見積技術料」と税・諸掛が発生します。(税、運賃込みだと4,000円程度)

例えばDJ-P71 / P81 / P82 / P83 / P92 / P93 / P80 / P90 / P20 / PA20シリーズは使い込んで消耗したり、落としたり濡らしたりしたことで信頼性が落ちているような場合は修理をご依頼になる前に、後継機種のDJ-PB20/PB27の実勢価格をお調べください。新品にお買い替えになるほうがコストパフォーマンスに優れることがお分かりになると思います。

上記と同様、DJ-CH9 / DJ-CH11シリーズは
DJ-CH1へ、P9/P11シリーズはDJ-P921への移行をお勧めします。

いずれも使い勝手や外見が似ていて、電池や充電器、イヤホンマイク類は旧機種のものをそのまま引き継いで使えるので、新旧混在させても使いやすくなっています。
FAQトップ
Q19. 【修理】故障かどうか、点検に出す前に調べる方法はありますか?
A19. [無線機とアクセサリー]
特小や簡易無線のように、複数の無線機をお使いであれば比較的簡単に調べることができます。まず、正しく動いている無線機と、不良が疑われる無線機を用意します。

* ハンディ機の場合、イヤホンマイクは外してください。

1:液晶表示や設定ボタンを目視して、疑わしいほうの無線機の設定がずれていないかチェックします。ずれていれば良いほうの無線機に合わせます。このとき怪しいほうをリセットし、初めから設定し直すほうが、説明書通りに操作できて簡単です。説明書はこちらで読むことができます。

2:マイクやイヤホン、バッテリーパックをお使いなら、良品のものと差し替えてチェックします。アクセサリーの異常を本体の故障と勘違いすることも多いものです。イヤホンマイクはPTTキーがロックされているとキー操作ができないなど故障のように見えることがあります。

3:同様に電池が充電できない、充電器の故障かな?というときも、正しく動くものに取り換えて電池側か充電器側か、どちらがおかしいかを見極めます。

要は良いものを使って何が悪いか順番に見極めてください。イヤホンマイクの一般仕様やニッケル水素電池のトリクル充電器、バッテリーパックなど、アクセサリーには修理が出来ず、お買い替えになるものが多くあります。アクセサリー単品で修理をご依頼になる場合、事前に販売店や弊社に修理が可能かどうかお問い合わせください。

[受信機]
電源が入らない場合、電池パック・乾電池・外部端子など可能な電源すべてで試して、もし電源が入るなら一度リセットをしてください。音が出ない、音がモゴモゴする、目のマークが出てかってに周波数が動く、などの症状もリセットで回復することが有ります。(特定の機能に入ってしまっているのをリセットで解除します)
イヤホンについては、イヤホン側か受信機のジャック側かを調べる意味で、良品と分かっているイヤホンに差し替えてチェックしてください。

[電源機器]
赤いプロテクトランプが点灯していたら、電源を切り、接続機器を外してしばらく置き、電源を入れなおしてください。これでも動作しなければ故障です。ヒューズが飛んだ場合は、明確な原因が分かっていれば対応してください。対応後もヒューズが飛ぶ場合は故障です。過電流保護がしばしば働くようであれば、大きな電源に買い替えるなどの対応をしないと故障の原因となります。
FAQトップ
Q20. 【修理】無線機の日常メンテナンスについて教えてください。
A20. 一般的なメンテナンスはパソコンなどのOA機器やデジタルカメラのような小型家電と似ています。

【電池】
無線機をお使いにならないときは、電池を必ず本体から取り出したうえで、乾いた涼しい場所で保管してください。充電池の場合は、長くても半年に1度は電池を満充電してください。充電池は、保存が不適切だと過放電が起こり、いざ使うときに充電を受け付けてくれなくなることがありますし、内部の部品も時々通電する事が望ましいためです。乾電池の液漏れが最も起こりやすいのは空になった状態で放置することで、無線機に限らず液漏れは電気製品の故障に直結し、修理不能になることも非常に多いので、絶対に空の電池を付けたまま電気製品を保管しないようご注意ください。

心がけて頂きたいのは、定期的に乾いた綿棒で電池が無線機や充電器と接触する部分の端子や充電器の端子金具を軽くこすって清掃することです。目には見えにくいのですが、この部分の埃や汚れを拭っておかないと、充電不良や送信時・大音量時に電源が落ちるような接触不良の原因となります。

【ボディ】
筐体全体の手あかや汚れはひどくなるとボタンの操作の妨げになったり、内蔵マイク用の穴をふさいで通話音質の低下の原因になったりしますので、そうなる前に掃除を心がけてください。電気屋さんや100円ショップのOA機器用品コーナーなどで、OA機器清掃用濡れティッシュや静電気防止繊維の埃取りブラシ、洗剤なしで手あかを落とす特殊繊維の清掃用布やシリコンクロス、ブロワーと呼ばれる埃を吹き飛ばすゴム製清掃器具が簡単に手に入ります。これらパソコンやAV機器用清掃器具は無線機のメンテにも同じように使えます。ボディの清掃時、バッテリーパックを無線機の背中に装着するタイプでしたら、無線機の背面にある、電池端子が無線機と接触する端子部分とその周囲も綿棒などできれいに清掃してください。電池の着脱時にこのような突起物の周りに埃や汚れがたまりやすいためで、放っておくと接触不良の原因となることがあります。

ベンジンやシンナーなど強力な溶剤はプラスチック部分を溶かすなど故障に直結するので絶対にお使いにならないでください。また、パーツクリーナーのような名称で売られているスプレー式のクリーナーは強く噴霧されるとマイク穴やスピーカー穴から内部に溶剤が浸入して、デリケートな部品を腐食させることがありますのでこれも絶対にお使いにならないでください。

防水構造上密閉度が高い製品では、僅かな隙間に埃や油脂成分などが付着すると粘土のように固まって、例えば電池フタの開閉がしずらく感じられるようなことがあります。このようなときは電池を取り出し、電子機器・パソコン清掃用濡れティッシュで開口部とフタの周囲の汚れをきれいにぬぐったあと(ティッシュが水分が多く含んでいるときはしっかり絞ってからお使いください)、湿った箇所を乾いたティッシュなどで拭き取って、よく乾かしてから電池を戻してください。

ソフトケースを使えば無線機への水分浸入、落下の衝撃などからの保護に有効なだけでなく、掃除の手間もずいぶんと軽減できます。工場のような金属製の粉塵が存在する環境ではスピーカーの強力なマグネットに微細な鉄粉が吸い寄せられて起こる音質低下や歪みを、厨房などでは油煙が無線機の樹脂類に付着して起こす腐食劣化(ケースの割れやひびの原因)を軽減する効果もあります。

ソフトケースの透明窓が白く曇った場合は、消毒液のようなエタノール類を少量ティシュに付けて拭くときれいになることがあります。これは劣化ではなく、透明素材の保護剤が白化した場合に起こります。

【劣化について】
イヤホンマイク等に使われているスポンジやケーブルの被膜は、空気中の水分や汗、紫外線などの影響でぼろぼろになったり、劣化します。使用環境、頻度などによってそのタイミングは大きく変わるため目安は設けておりませんが、避けることはできません。ゴムについても表面に白い粉が吹いたように見えたり、プラスチックでは割れるような劣化も起こりえます。そのメカニズムは例えば「プラスチック 劣化 原因」のようなキーワードでネット検索すれば詳しく知ることができます。ご購入時に保証書が付かないアクセサリー類では、購入後すぐの初期不良で無い限り、スポンジ、ミミカケなどのプラスチック、ミミセンなどゴム、マイクケーブルといったアクセサリーの消耗部品で劣化が起こった場合、交換が可能な物は有償での販売とさせて頂いておりますので何とぞご理解ください。
特にイヤホンのケーブルは汗で侵されて硬化、ひび割れしやすいものです。汗で濡れたときは、すぐにハンカチなどで水分を拭き取るよう心掛けると長持ちします。保管は風通しが良い、日光や電灯の光が直接当たらない場所が最適です。
FAQトップ
Q21. 【修理】輸出モデルの修理は国内でしてもらえるのですか?国内で買って海外に持ち出した無線機を壊してしまいましたが、どこで修理してもらえば良いの?
A21. 基本的にどちらも有償のサービスは可能ですが、下記のような条件が御座いますので、必ず事前に弊社SCまで、お電話又はお問い合わせフォームからご相談ください。国内でも保証認定が下りる可能性があるのはバンド割り当てが日本に近いアマチュア無線機のヨーロッパ仕様のみで、他の無線機は基本的に規格や仕様の違いから日本ではお使いになれません。

【輸出モデルの国内での修理】
弊社SCでは、海外のハム仲間に頼まれた、海外子会社の工場で電源を使っているなど、時々輸出モデルの修理のご依頼をいただきますので、下記の条件の範囲で修理サービスをご提供しております。

・時間が余計に掛かることがあります。
海外向け製品の部品在庫は、国内SCに常備していない物が多く、部品手配に時間が掛かる場合もあります。

・改造や修理の形跡がある物は修理保証の対象外とさせて頂きます。
弊社の認める技術員以外の手が入った物は「誰が何をしたか」の責任所在が不明なため、仮に復旧出来たとしてもそれ以降の劣化や再故障に対する保証はすることができません。
現地で修理や改造を試みて失敗したのでSCに送る、というようなケースでは受付自体をお断りすることがあります。

・製品の新旧にかかわらず、全て有償です。
海外販売代理店の保証書が添付されていても、全て有償扱いとなります。尚、輸出モデルには国内で有効な保証書は同梱されて居りません。

・国内で違法に使われているとおぼしき製品の修理もお断りすることがあります。
シリアル銘板が剥がされているなど不審な点があるものは、弊社の規定に従い修理受付をお断りする場合があります。

・仕様変更のご依頼は、有償といえどもお断り致しております。
「アメリカ向けモデルを日本で合法的に使える仕様に変更してほしい」と言うようなご依頼は規格認証など法的な問題に関わる事、この種の改造はパワーデバイス、CPUなど高価な基幹部品の変更が伴い経済的では無い事、何よりもメーカーのサービスセンターとして「修理」は行いますが「改造」は、HF100W機の3アマ対応改造証明サービスなど特殊な例を除いて、行わない大前提がある事が理由ですので何卒ご理解ください。

【国内モデルの海外での修理】
国内仕様の製品を海外に持ち出して壊した場合、場所が欧米の先進国で、アマチュア無線機なら、場合によっては輸入代理店(販売店レベルではなく)直営のサービスセンターのようなところで、弊社の担当者が現地の修理テクニシャンと連絡を取り合い、部品供給やアドバイスをして解決できるような場合がありますが、それ以外の場合、法的・技術的・物流的に問題があり、部品の直接販売を含む特殊なアシストは難しい物です。基本的には「海外で壊れた持ち出し品は国内でしか直せない、国内のご住所にしかお返しできない、修理代のお支払い方法は国内の運賃代引きサービスのみ」とお考え下さい。

但しDJ-G7やDX-R8のような、同等品が国内外で販売されているアマチュア無線機・受信機修理用の電気・機構部品は、USAの輸入代理店がクレジットカード支払いにて米国外にも発送できる場合がありますのでこちらから直接ご相談ください。部品の特定はサービスマニュアルが参考になります。
FAQトップ
Q22. 【修理】自分で修理,改造、内部点検をしたいのですがサポートしてもらえるの?基板のような部分的な完成品だけ売ってもらえますか?
A22. 特小無線機や業務無線機は技術基準適合と違法改造防止に関する理由から、筐体を分解するレベルの自己修理や改造は厳に禁じられているため、部品販売を含む一切のサポートはご提供できません。修理やメンテナンスは無線機販売店にご相談ください。

自局で使うアマチュア無線機は自分で修理やメンテナンス、また許可される範囲で改造をすることができます。電源機器や受信機についても特に法律で自己修理を規制することが無いため、たってのリクエストがあれば、物理的に販売可能な部品類は接着剤や線材のような副資材部品を除いて全て販売しております。ご購入方法はこのFAQのアフターサービスの項目でご説明しています。
尚、部品に関するお問い合わせは、弊社純正部品に関することのみ承ります。代替部品のお問い合わせは弊社で検証していない限りお返事は致しかねますので、予めご了承ください。

但し、弊社製品の部品をご購入頂く際は、下記にご同意頂いたものとさせて頂きます。

1: 弊社SCでは誰でも合法的に特殊な道具なしでできる、きわめて簡易、容易なものを除いて修理、点検、改造の方法をアドバイスしたりサポートしたりする事は致しておりません。実物を見ないでアドバイスすることで発生する、双方の誤解や作業ミス発生時の責任を負いかねること、製品規格から外れる改造方法などを無責任に公開することはメーカーとして致しかねる事が理由です。取り付けや調整に特殊な工具や測定器が必要な場合もありますが、事前にお問い合わせが無い限り、部品注文の際にサービスセンターよりその旨をご案内することはありません。一旦ご購入頂いた部品は、当方の明らかな出荷ミスが原因であることを除いて、理由の如何を問わずご返品はお受け致しかねます。

2: どのような場合であってもアンテナや電池フタのような消耗品や工具無しで交換可能な部品以外の部位に、弊社が認める修理技術員以外の手が入った製品は、全ての保証の対象外となります。

3: 修理中に起こる感電やけがのような事故にも弊社は一切の責を負いかねます。

4: 自己修理に失敗して復旧をご依頼になっても、場合によっては有償といえども修理受付をお断りする場合が御座います。どのような作業をされたか追跡が不可能なケースでは、修理業務に対する責任が持てないためですので、予めご了承ください。

5: アマチュア無線機も含む全ての製品で、完成基板や部分的な完成部品は、基本的に一般の消費者様を対象にした販売は行っておりません。基板を交換しなければならないレベルの故障は、工賃や諸掛かりと部品代の合計を考えると製品価格と大差なくなること、無線機はパソコンのように基板を差し替えれば動くような性質の製品ではないこと、業務用無線機は無線機を消費者が分解すると結果的に電波法に抵触することなどが理由です。但し、例えば「DR-620のフロントユニットだけが盗難に遭って無くなった、なんとかならないかなぁ」というようなことがあれば、場合によっては条件付きでスペア部品がご用意できるケースもございますので、無線機販売店にご相談ください。

6: たってのご希望で基板交換修理をお受けした場合でも、破損した基板はお返し致しませんのでご了承ください。ジャンク市に流れた破損基板を知らずに購入、「動かない」と弊社サービスにご相談を頂くケースや、CSM/ATISといった番号がロムに書かれた業務無線機の管理上の問題など、基板を不用意に流通させることは好ましくないためですので、何とぞご理解ください。
FAQトップ
Q23. 【修理】自宅まで修理に来てもらえるんですか?修理中の代替え機は借りられるの?
A23. 誠に申し訳ございませんが、弊社製品は下記の理由で出張修理、及び修理中にお使い頂く代替機のお貸し出しは行っておりません。

* 修理には測定機器類、特殊な工具(治具)や部品が必要であるため、外部での修理は困難です。また、出張修理に掛かる交通費などの費用を修理代に含めると、多くの製品は新品に買い替えるほうが安くなってしまいます。
* 特小無線は、高価な業務用無線のように保守契約などのメンテナンス料がランニングコストとして跳ね返ってくるシステムではありません。このため、1台でも故障すると業務に支障が出ることが考えられる場合は、非常用の代替え機や電池、マイクなどの消耗品アクセサリーのスペアを常備頂きますようお願い致します。無駄なようでも業務無線機のイニシャルコスト、ランニングコストと比較されると、特小無線機のコストメリットに充分ご納得頂けると存じます。
* アマチュア無線機、簡易業務無線機やデジタルトランシーバーは個体別に総務省の免許や登録を受けてお使いのものです。代用品をお使いになることはできません。
* PSE取得を表示している製品以外、弊社の安定化電源は無線機器用で、汎用電源ではありません。DCDCコンバーターも含めて弊社の電源機器は民生用のため安価な分、工業用のような保証や代替品のお貸出しは致しかねます。
FAQトップ
Q24. 【修理】落雷、水害、地震のような天災に遭い、無線機や電源が壊れました。修理は可能ですか?保険請求したいのですが証明書は発行してもらえるの?
A24. 雷撃、浸水、激しい落下衝撃などで壊れた製品は、たとえ動作するところまで一時的に修理ができても、その後の動作や製品寿命に保証ができないため基本的に修理のご依頼をお断りしています。明らかにこれらが原因で壊れたものは、修理をご依頼になる手間やコストが無駄になるだけですので新品へのお買い替えをご検討ください。

もし保険に加入しておられ、保険の適用で代替品をお求めになる際の証明書がご入り用でしたら、災害による故障であることを確認するための技術料(見積もり手数料と同額です)2500円と、届出書記入手数料2000円に消費税(場合によっては発送手数料も)を承ります。サービスセンターのご利用方法をご参照の上、「災害による故障、保険書類に記入願います」旨を明記して、保険会社の書類を添えてサービスセンターをご利用ください。災害による故障であることが確認できれば、書類に記入捺印したうえで製品とともにご返却いたします。
FAQトップ
Q25. 【修理】安定化電源とDCDCコンバーター修理の定額制について教えてください。
A25. 電源製品の分解修理には多くの工数と時間が必要ですが、製品の市場価格を勘案すると作業に見合う修理代をご請求することが難しく、さらに重いため昨今の宅配便の運賃値上げで弊社負担部分が大きくなります。このような事情に鑑み、修理にかかる経費や工数を見直して、技術料と部品価格の合計が一定の額を超えた時点で、予め用意しておいた交換用ユニットの使用を含む、弊社が最適と考える対応を固定料金で行うのが定額制です。定額制の修理請求額は技術料、部品代一切、復路運賃・代引き手数料すべてを含みます。

定額修理より安く行える一般修理は今まで通り、価格も含めて何も変わりません。修理内容も報告書に「ヒューズホルダーを交換、既定の点検調整を実施しました。」のように記載致します。定額修理になると、修理報告書には「実機を点検した結果、(故障個所を明示、例:ブリッジダイオード)の不具合で難易度が高い修理と判明しましたので、定額修理とさせて頂きました。不良部品または基板の交換と弊社既定の点検・調整を実施、異常が無い事を確認しました。尚、個別の修理内容のお問い合わせにはお答えできません。」と記載します。

一般修理は発送手数料が別のため、加算すると定額修理額を超えることがありますがご請求は定額修理の金額を上限とします。このため「定額修理料金が上限」とお考えになれば、お断りになった場合のキャンセル料¥2,500、発送手数料¥1,200と税、さらにご連絡に掛かる時間や返信の手間等を勘案すると、お見積りのご依頼は意味が無くなります。(ご依頼があればお見積りは致します。)

機種別の料金表はこちらをご覧ください。簡易お見積もり表も兼ねています。目安は安定化電源が6,000円から14,000円、DCDCコンバーターが4,000円から11,000円(税別)です。記載がない旧機種の修理サービス受付は終了させていただいております。

なお定額修理制はあくまで修理が可能な製品を対象にしています。雷撃、浸水などによる修理不能の製品についてはその旨ご案内して、新品へのお買い換えをお勧めしておりますのでご了承ください。
FAQトップ
Q26. 【修理】修理点検の依頼方法と、有償時の修理技術料について、詳しく教えてください。
A26. 保証期間内点検の場合は、まず製品をお求めになった販売店にご相談下さい。特に初期不良の場合、弊社保証書に記載の内容以上に丁寧な対応をされるケースもあるようです。

保証対象外の、有償修理の場合はお近くの弊社製品販売店に、修理取り次ぎができるかご相談されることをお勧めします。有償修理の場合は、購入店でなくても多くのお店が修理の取次ぎをされていて、依頼票の記入、発送の手間が省けたり、運賃にメリットが出たりすることがあります。修理価格の目安についてはこの項目の後半、修理品の送り先の下に記述しています。詳細は後述しますが、修理価格は技術料、部品代、発送手数料と消費税の合計です。

保証の有無を問わず、販売店を通じて修理をご依頼になるのが困難な場合は、弊社サービスセンターで直接承ります。引き続き本章をお読み下さい。

【直接弊社サービスセンターに修理依頼される際のご注意】
まずこちらをよくお読みの上、該当製品が修理対象かどうかご確認ください。返送料をご負担いただくことになりますので、サポートの対象外となった製品は絶対にお送りにならないでください。

有償修理の場合、修理代金は修理品と引き替えに代金を宅配便業者にお支払い頂く「運賃代引きサービス」扱いになりますので、配達の時間指定がありましたらご依頼時にお申し添えください。それ以外の決済方法は勝手ながら受け付けておりません。別の決済方法をご希望の場合は、販売店にご相談ください。

発送時、修理品は必ず梱包材で保護してください。新聞紙に包むだけでも構いません。何の保護もないと、輸送中に余計な不良が発生するもとになります。

弊社サービスセンターでは製品のジャンルを問わず「修理」のみを承っております。アマチュア無線機や受信機で、弊社がサービス内容を明示するごく限られた例外を除き、例えば特小無線機のアンテナを違うものに変えるような「改造」のご依頼は、理由の如何に関わらず一切お断りしております。このようなご要望で製品をお送り頂いても作業を行わず、運賃着払いにて宅配便で返送させて頂きます。

修理の際、弊社の技術員が適切と認め、お客様の不利益にならない範囲で代用の基板や部品、また新品では無いもの(保守用に保存している製品や基板から外して流用する部品、弊社工場で再生したユニットや基板など)を使用する場合があります。

【修理対象品と同時にお預かりするもの】

(1)有効な保証書(有償修理の場合は不要です)
保証期間内点検をご依頼になる際は、必ず販売店の購入日捺印や販売証明ラベルが貼られた保証書が必要です。日付の記載が無い保証書の場合は、レシートや商品発送連絡メールのコピーなど、製品名と購入日が証明できる書類を添付してください。(この際、返送時に保証書に書き込みをしてお返しする場合がございますのでご了承下さい。)
有効な保証書が無い場合は、無条件に有償修理として処理させていただきますので予めご了承下さい。一度処理されますと事後のご返金などはお受けできませんので、保証書に関してご質問がございましたら、必ず事前に販売店サービスセンターにお尋ねください。

(2)ご返送先のご氏名・〒番号・ご住所・お電話番号と、不具合の箇所の説明を書いたメモ

※こちらの修理品依頼書をプリントしてお使いになると重要事項に書き忘れが無くなります。(PDF/50KB)
有償修理依頼票

※保証期間内で、有効な保証書またはご購入日と商品が特定できる書類をお持ちの方は、こちらの依頼票をご利用ください。
保証修理専用修理依頼票

・手書きでも結構ですので、必ず必要事項を書いたメモを同梱してください。何も添えずに送られると、送り状が汚れたり読めなかったりしたときに対応ができなくなります。また、メモは修理品にゴムでとめる、封筒に入れる、など分かりやすくしてください。開梱時、梱包材まですべて取り出してチェックはしておりますが、メモ紙が小さい、梱包材と紛らわしい紙を使われる、などは見落とす原因となります。

・実際にお送り頂いた付属品、故障の内容などは弊社が受付時や修理作業時に検品・データ登録したものを基準にさせて頂きますのでご了承ください。

・ご住所などの個人情報は弊社の情報管理規定に基づき管理、送り状控えなどは守秘義務契約のある業者が処分しています。また修理以外の目的で個人情報を使用することは有りません。

【ご注意】
(1)どちらが壊れているか分からない、この無線機と通話できるように設定してほしい、などの理由で「修理・点検をする必要がない」製品を一緒にお送りになるときは必ずその旨をはっきりと分かるようにご記入下さい。これが明確でないと、「どちらの製品もメンテナンスをご依頼になったもの」として、保証期間が切れている物は有償で点検します。「修理は不要」と明確にご指定になった製品は、一切の点検や修正は行わず現状のままお返し致します。尚、他社製品をこの目的でお送り頂いても、対応の保証は致しかねます。他社製品に慣れていない弊社技術員が触ることで特殊な設定が解除されるような恐れがあるためですのでご理解ください。
(2)特定の条件でしか発生しないような不具合などは、症状の説明が不十分だと完全に修理が行えない場合も有りますので、発生するときの条件や症状をできるだけ具体的にご連絡ください。(例:寒いときだけ、自動車で使った時だけ…など)症状が複雑で、メモ書きでは説明しきれないような場合のみ、お電話でもご連絡を承ります。

【お電話によるご連絡先】
アルインコ電子サービスセンター:フリーダイヤル 0120-464-007
平日 AM10-12時、PM13-17時(土日、祝日、弊社休業時は除く)

(3)動作に関係する弊社製の付属品
*ハンディ機:標準付属品のアンテナと、お使いであればマイク類のアクセサリー。充電できない、電池の寿命が短く感じるなどの点検であれば充電器とバッテリーパックも必要です。

*モービル機:標準付属品のマイク。
社外品アクセサリー、説明書やクリップ、ストラップ、ブラケットなど動作に関係のない同梱品は不要ですので、なるべくお送りにならないで下さい。DCケーブルなどはサービスセンターにある純正品治具を使用しますので、「ケーブル断線が疑わしい」ような場合を除いて、お送り頂かなくて構いません。

*オリジナルの化粧箱を発送にお使いになる方が居られますが、汚れや破損があっても箱は新品に交換致しませんし、特に破損がひどい場合は破棄させて頂くこともございます。化粧箱はなるべく発送にはお使いにならないでください。どんな状態であれ化粧箱の返却を希望される場合は、その旨ご連絡ください。

*特に修理上必要で、その旨サービス担当員より依頼のあったものを除いて、弊社製以外のアクセサリーや付属品、キャリーケースなどは、絶対にお送りにならないで下さい。お送りになったものが破損・紛失してもクレームには応じられませんのでご了承願います。ステッカーやデコレーションを施した物でも、修理上の必要がある場合、現状を回復できない状態にそれらを破損、除去することがございますのでご了承ください。

【納期について】
・一般的な修理は、弊社で修理品を受け付けてから10日程度のお時間を頂いております。
旧製品では、特定の技術員でないと修理ができないなどの事情から、それ以上のお時間を頂く場合がございます。
・複数台の修理は原則として、まとめて一度にご返却します。このため複数日にわたって修理を行うことがあるので、単数の修理より時間がかかります。台数が増えるほどこの時間が増えるので、例えば10台のメンテナンスの場合でも5台ずつに分けるなどしていただくほうが待ち時間は短くなります。
・弊社SCでは環境問題に配慮して、梱包材をできるだけリサイクルしております。修理品の返却時に、使い回しの箱やクッション材を利用することが御座いますが、何卒ご理解をお願い申し上げます。

修理品の送り先:
〒541-0043
大阪市中央区高麗橋4丁目4番9号 淀屋橋ダイビル13F
アルインコ 電子サービスセンター
電話 0120-464-007

送り状の備考欄には「修理品在中」と記載してください。
保証期間の有無に関わらず、サービスセンターに直接修理品をお送りになる際の往路運賃は元払い(お客様のご負担)とさせて頂いております。着払いでお送り頂いても受け取りを拒否する場合がございますので予めご了承ください。保証期間内の修理品の復路運賃は弊社が負担させて頂きます。尚、海外への発送は致しかねますので、修理品の返送先は必ず国内の住所をご指定ください。

【有償修理の技術料について】
無線機器、周辺機器と付随サービスの詳細はこちらの修理価格表をご覧ください。(PDF/250KB)
安定化電源器とDCDCコンバーターは一部定額制を導入しております。こちらの修理価格表をご覧ください。(PDF/170KB)

【有償修理代金の目安】
弊社SCで有償修理を行った際の、代表的な製品群の修理費用の目安は以下の様になっています(技術料・部品代・税込み、運賃含まず)。塩害、電池の液漏れによる腐食、基板パターンの損傷など特殊な故障、水没や落下のような重過失故障でなければ、部品代を含めても以下の価格帯に納まることが大半です。但し、下記はあくまでも修理をご依頼になる上での参考情報であって、修理料金をこの範囲で確定するものではありません。再調整だけで直るようなケースでは、目安よりも安く修理できる場合もございます。

[特定小電力トランシーバー]
※防水無し 普及型: 6,000~8,000円程度
※ガイドシステム 超小型:6,000~9,000円程度
※防水機能付き、同時通話タイプなどハードユーザー向け業務用:7,000~10,000円程度
【ご注意】今般は普及タイプの特小無線機の市場価格が下がり、修理されるよりお買い替えになるほうがコストパフォーマンスに優れる場合がございます。有償修理をご依頼になる前に「DJ-P**(機種名) アルインコ」とネット検索、販売店の新品実売価格をお調べになることをお勧めします。

※デジタル簡易無線トランシーバー5Wタイプ: 10,000~15,000円程度
※広帯域受信機:SSB無し 7,000~8,000円程度
※広帯域受信機:SSB有り 8,000~9,000円程度 (デスクトップタイプ 9,000~10,000円程度)
※アマチュア無線機 ハンディ:モノバンド 6,000~8,000円程度 / マルチバンド 7,000~9,000円程度
※アマチュア無線機 モービル:モノバンド 8,000~10,000円程度 / マルチバンド 9,000~11,000円程度
※アマチュアHF無線機: 9,000円~11,000円程度
【ご注意】アマチュア機で出力が出ない場合、ファイナル・パワーモジュールの交換が必要ですと、これよりも高額になります。但し出力が出ない症状全てがパワーモジュールに起因するものではありませんし、最近の機種はモジュールでは無い、安価なパワーデバイスを用いている場合がほとんどです。

※業務用マイク類、急速充電器など修理可能なアクセサリー
3,000~5,000円程度
一般仕様のイヤホンマイク(3,000~4,500円程度のもの)やトリクル充電器・アダプター類は消耗品で、修理ができない構造になっています。その分、コスト的にもお買い換えのほうが安くなります。

※安定化電源:(税別の定額制価格上限、詳しくは前述の修理価格表PDFをご覧ください.)
5Aクラス/6,000円
10~20Aクラス/8,500~9,000円
30Aクラス/9,500~14,000円

※DC-DCコンバーター:(税別の定額制価格上限、詳しくは前述の修理価格表PDFをご覧ください.)
5Aクラス/4,000円
10~15Aクラス/5,500~6,000円
20Aクラス/6,500円
30Aクラス/8,500~11,000円

【お見積りについて】
  • お見積もりをご依頼になり、提示額をご覧になった上で修理をお断りになると既定の「見積技術料」をご請求致します。これは修理品のシステム入力や見積もり連絡に掛かる事務費、通信費、受付返送の梱包作業等に掛かる管理費と故障個所の特定に掛かる技術料を含みます。現在の見積技術価格はこちらの修理価格表をご覧ください。(PDF/250KB)

  • お見積もりは通常の修理よりも時間が掛かります。一旦特定した不具合の場所をその場で直せず、技術料の連絡や修理可否の返事を待つ時間が余分に掛かるためです。これを避けるため、修理価格が気になる場合は、上記の目安金額をご参考に、例えば「10,000円以上になるときだけ見積もりの連絡をください。」とご指定になることを強くお勧めします。また、特にお見積り指定が無くても高額な修理になる場合はご連絡を差し上げるように努めています。この場合でも、ご連絡した金額での修理をお断りになると、通常見積もりと同様に規定の見積技術料を申し受けますのでご了承ください。なお電源とDCDCコンバーターについては定額制の金額が上限になるため、法人の稟議目的で正式な見積書が必要など特殊な事情が無い限り、お見積もり依頼は無意味です。

  • 【重過失と旧技適番号製品の故障について】
    水没・塩害・落下のような衝撃・雷撃・電池の液漏れなどで、修理不能と技術員が判断したものは、その旨ご案内してから、現状のままお返しします。これらが原因の故障は、仮に動作するところまで修理ができても製品寿命が極端に短くなる、基板を交換すると技術料を含めれば製品をお買い換えになるほうが安く上がる、などが理由です。何卒ご理解ください。

    長く販売している機種は、技適番号が複数存在することがあります。技適番号の変更は、部品メーカーの生産終了が原因で別の部品や回路を使って設計し直すのが主な理由のため、古いロットではオリジナルの技適番号を維持した修理ができなくなる可能性があります。このため、ここに記載されていない(修理のご依頼を承っている)機種でも、不具合の内容によっては修理不能としてご連絡の上、返却させて頂く場合がございますので予めご理解ください。

    いずれも技術料は無償ですが、直接サービスセンターにお送りになったものは、運賃着払いにてご返送致しますのでご了承ください。当方での廃棄も無償ですが、事前に弊社がご用意しております「廃棄同意書」に署名して頂きます。

    尚、旧スプリアスの機種は平成34年12月以降、有償の保証認定を受けないと使えなくなります。こちらにリストされている機種のうち、「旧」のものはお買い換えをご検討になることをお勧めします。

    【その他】
    修理の保証期間は30日です。正しくご使用中に同じ箇所が故障した場合はこの期間内であれば無償で再修理させていただきます。
    見積もりや、代金のご請求のご案内をしてから180日以上連絡が取れないまま経過致しますと、廃棄されたものと見なして修理品をこちらで処分させて頂きますので予めご了承ください。事後のクレームは一切お受けできません。

    その他、修理に関するお問い合せはお問い合わせフォームでも承ります。
    FAQトップ
    Q27. 【無線機全般】デジタル移行やスプリアスの規格が変わって、使えなくなる無線があると聞きました。古い無線機は全部使えなくなるのですか?CR3Bの免許局でデジタル・アナログ両方のモードがある無線機のアナログ部分はどうなるの?
    A27. 特定の無線機器のデジタル移行と旧技術基準適合品の使用期限は2022年11月30日で、同年12月1日より特定のアナログ無線機や旧技適製品を使うと違法となる可能性があります。詳しくはお住まいのエリアを統括する総務省総合通信局の担当部署に直接お尋になるか、ホームページをご覧ください。
    ご不明な点は弊社でも電子事業部営業部、カスタマーサービスとHPのお問い合わせフォームでご相談を承りますが、メーカーには法律や技適に関する判断やコメントをする権限はありません。内容によってはお答えできず、総合通信局や認定機関の連絡先をご案内させていただくこともございますので予めご理解ください。
    なお、デジタル専用簡易無線機(3R/3B DCR)は、今回のデジタル化や技適基準変更の影響を一切受けません。DJ-DP10,50,70シリーズ、DR-DP50,70シリーズの登録局やデジタル専用免許局DJ-BU70Dが該当します。デジアナ機のDJ-BU50ADとDR-BM50ADは対象ですから後述をご参照ください。
    誠に申し訳ございませんが、旧スプリアスに関しては対象が全て生産を終了した機種となります。このため新規格に適合するような改造やスプリアス値測定のようなサービスはご提供できません。悪しからずご了承ください。

    *特定小電力無線機:旧技適を受けていた製品は2022年12月以降お使いになれなくなります。特小無線機の廃棄は小型家電製品に準じ、無料の民間廃品回収業者も引き取ってくれます。ただ、再流通しないように電池やカバー類を外してしばらく水(できれば塩水)に漬けて放置、内部をしっかり濡らして数日放置する(錆や腐食の促進で故障を誘発)か、ハンマーやドリルで破壊してから廃棄される事をお勧めします。電池は水没や破壊すると危険です。そのまま地域の電池回収ボックスなどをご利用ください。

    *アナログ専用簡易業務無線機・小エリア無線機:いずれもデジタル移行の影響を受けてお使いになれなくなります。348MHz、465/468MHzのアナログ割り当て自体が消滅するためで、無線局免許の更新届をしても期限を超える免許はおりません。弊社では生産を終了したDJ-BU10CやDJ-BS10が該当します。簡易業務無線機は無頓着に産業廃棄物に出すと違法に使われて面倒が起る可能性がありますので、納入された無線機販売店にご相談ください。

    *デジタル&アナログトランシーバー(3B DCR):2022年以降もデジタルチャンネルはお使いになれますが、期限までにアナログ部分が使えないようにする再プログラミングと免許状の変更(アナログCHの閉局)が必要になります。免許局は必ず納品前に無線機販売店が設定や免許の申請代行をされるものですから、販売店が免許の内容などを把握され、期限までに対応されるケースがほとんどと思われます。ただ、期限が近くなっても本件について何も通知がない場合は、念のためお店にご相談されることをお勧めします。弊社ではDJ-BU50ADとDR-BM50ADが該当します。

    *アマチュア無線機:スプリアス規格変更の影響を受けて、旧技適番号機種の免許は2017年12月1日以降に申請する分は、2022年11月30日までの期限付きになると思われます。但し保証認定を受ければ、弊社製のほとんどのアマチュア無線機は継続してお使いいただけます。一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会(JARD)のスプリアス確認保証に関するページに保証が受けられる機種名を含む、必要な手続きの情報が詳しく公開されています。また、TSS株式会社も旧機種の保証認定についてHPに情報を掲載されています。ご不明な点は直接、認定機関窓口にご相談ください。
    弊社製品で新旧の規格が混在している機種はこちらです。旧と書かれたものは保証が必要になります。技適番号を見てご判断ください。何もしなくてよい新技適だけの機種はこちらでご覧いただけます。DX-SR9は元々保証認定が必要な機種ですが、JもMも生産時に新規格に準拠することを確認して出荷しています。生産を終了したDX-77とDX-SR8は旧規格での確認でしたので、スプリアスに関しては自己測定やJARDの測定サービスを受けていただく必要があります。認定機関に直接ご相談ください。
    FAQトップ
    Q28. 【無線機全般】アマチュア無線、特定小電力、デジタル簡易無線…どの無線機を選べば良いのですか?何が違うの?
    A28. 用途によって選択肢が変わります。

    特定小電力無線【手軽に使える一般連絡用の無線】
    インカムとも呼ばれている小型の携帯型トランシーバーです。飲食店、携帯電話ショップなどの店員さんや交通整理のガードマンさんが持っておられるのをよく目にします。微弱電波で、せいぜい数百メートルの通話距離しかありませんが、免許や法律上の制限など面倒がほとんど無く、買ったその場ですぐ使えるようになる、もっとも手頃な無線機です。仕事でも、レジャーでも、日本国内であればどこでも誰でも使えます(飛行機内など電気製品の使用に制限がある場所を除く)。一番安く、電池の持ちが良い、使いやすい無線で中小規模の店舗、施設内(工場、病院、ホール、倉庫…)の業務連絡や、災害など非常時の連絡用に最適です。

    デジタル簡易無線登録局【資格不要のハイパワー連絡用無線】
    特小無線では届かない、本格的な業務用無線はしきいが高い、アマチュア無線では仕事の話ができない…こんな不満を解消するのが通称「デジ簡」無線です。自分でできる簡単な事前届をすれば、国内の陸・海上であれば仕事でもレジャーでも、だれでも使って良い便利なトランシーバーで、携帯型なら平地で3~4km、車載型ならアンテナ次第で10km単位の通話もできます。似たような名前のデジタル簡易無線「免許局」は、純粋に仕事連絡用に割り当てられるもので、無線局免許が必要になるほか、使用に特定の制限がありますので、十分ご注意ください。

    アマチュア無線【趣味のための無線で、一般連絡は禁止】
    純粋に通信すること、そのための手段、設備、技術に工夫を凝らすことを趣味とする人たちのための無線です。使うにはアマチュア無線技士資格と無線局免許状を事前に取得する必要があり、いくら免許を持っていても、この無線を仕事の連絡に使うと罰せられます。例えば仲間内でアウトドアやサイクリング、ドライブなどのレジャーを楽しむための連絡用にアマチュア無線の免許を取っておしゃべりを楽しむようなことはできますが、通話する全員に免許が必要になるうえ、電波法が定める特定のルールに則った運用が義務付けられています。一般の業務や防災用途には使えません。

    FAQトップ
    Q29. 【無線機全般】アルインコの無線機に乾電池型の充電池は使えますか?
    A29. * 国内大手電気メーカーブランドの充電型単三電池(1.2Vタイプ)は、電気的には弊社製特小無線機とハンディ型受信機全てでお使いになれます。但し、以下のような注意点があり、お守り頂かないと発熱や破裂など重大な事故に発展する可能性があるため、このような電池をお使いになっての故障は保証対象外とさせていただいております。また、バルク品のような安価なものは、品質が安定しないためお使いにならないでください。

    1:容量の違いなどにより、弊社製充電器だと正しく充電できないことがあるため、必ず社外品電池はその電池メーカーが推奨する専用充電器で充電してください。弊社純正の充電器で社外品電池を充電しないでください。

    2:1号機にはこのペア、2号機はこのペア、と電池にマジックでマーキングするなどして、必ず新品状態から、同ブランドの電池を所定の無線機と組み合わせて、常に同じ状態で充電してお使い下さい。複数の電池を混ぜて使うと劣化状態や電池残量のバランスが崩れてしまい、発熱・液漏れ・破裂の原因となります。全ての電池を使う電気製品で「ブランド違いや新旧の電池を混ぜて使うな」的な注意書きがされているのはこのためです。いくら国内の有名ブランド電池でも、これは同じ事です。

    3:電池を出し入れしていると、電池の外皮にキズが出来やすくなります。普通の乾電池と異なり、充電式電池はキズが充電端子に接触してショートの原因となりやすいものです。たかが単三電池となめてかかると大変で、電池2本でも手で持てないほど熱くなり、無線機のケースを溶かす程です(リチウム系のように発火することはありませんが、電池が破裂する危険があります)。従い、電池交換時にはキズがないか確認して、痛んだものは使わないなどの配慮が必要です。

    国内大手メーカーブランドの電池は性能や信頼性が高い物ですが、やはりニッケル水素電池ですから上記の他に「減電池表示が出るまで使い、表示が出たら満充電して使う」、つまり継ぎ足し充電はできるだけしないように心がけると充電池を長く正常にお使いになれます。

    又、DJ-P22/221/222系やDJ-PX/TX/RX3,31系はコンパクトに作るために電池端子の当て方を工夫した作りになっており、一般の市販充電型単三電池は充電できません。専用の純正品EBP-179をお使いください。これらは国内の大手メーカーから供給を受けている高級セルを使用しており、信頼性や性能は国内大手メーカーのものと同等です。

    アマチュア機でも充電式電池は同様の注意を払えばお使いになれることがありますが、出力が減る、減電池表示が不正確になる、運用時間が短くなるなど使い勝手が悪くなり、あまり実用的ではありません。ハイパワー機種、電池を沢山使う機種ほど、この傾向は顕著になります。

    デジタルトランシーバーでは電流消費がアナログより大きいため、もとから乾電池ケースは本当の意味での非常用予備です。そこに乾電池よりさらに電圧が低い充電セルを入れて使うことは、実用向けではありません。

    【ご注意】
    この項目は本当に頻繁にお客様からお尋ねを頂くために掲載しておりますが、社外品充電セルのご使用をお客様にお勧めするためのものではありません。社外品をご使用になって起こった一切の不具合は保証・補償の対象外とさせていただいておりますので、予めご了承ください。
    FAQトップ
    Q30. 【無線機全般】使い方が分かりません!
    A30. まず取扱説明書を初めから読みながら製品に慣れて下さい。 専門用語などが使われているので初めは分かりずらいのですが、説明書に合わせてボタンを押したり表示を眺めたりするだけでも、少しずつ意味が分かるようになる場合が多いものです。

    操作が分からなくなった場合は「リセット」操作をして工場出荷時の状態に戻して下さい。但しセットモードで好みに合わせて設定した機能も初期設定に戻りますから、最終的な機能の設定などは一通りの操作が理解できてから行うことをお勧めします。リセットは、機種によっては機能だけを初期状態に戻すシステムリセット(又はパートリセットと呼ぶ機種もあります)と、せっかく書き込まれている周波数なども全て消してしまうオールリセットの2つが有ります。通常はシステムリセット(又はパートリセット)だけを行うように十分注意して下さい。リセットで消えたメモリーデータを復旧する機能は、無線機側にはありません。

    「こんなマークが出て、いつもと違う動作を始めた」という場合は、説明書の冒頭部分にある「ディスプレイの表示」の項目が参考になります。出ているマークの説明を見ると、それがどの機能を働かせたときに出るものかが分かるので、説明に従って機能をオフにしてください。

    その上で、どうしてもお困りの点がございましたら弊社サービスセンター、フリーダイヤル 0120-464-007までお電話でお問い合わせ下さい。営業時間はAM10:00~PM17:00です(お昼休み12:00~12:45、土・日・祝日を除く)。

    尚、お電話でお問い合わせの際は、取扱説明書と電源が入る状態の製品を予めご用意ください。これがないと、使い方のご説明は十分にできません。
    FAQトップ
    Q31. 【無線機全般】どのくらいの距離で通話できるんですか?地下と10階で通話できますか?
    A31. お問い合わせの中で一番多く、無線機メーカーとしては一番答えにくいご質問が通話距離に関するものです。

    *電波は光と良く似た性質を持っています。光は手元で照らしても遮られたところは暗く影になりますし、逆に高い開けたところからなら遠くまで、広い範囲に光は届きます。鏡に当てれば光は反射しますね?そう考えて頂くとイメージが浮かびやすいと思いますが、遮蔽物の多い場所や特殊な環境では壁やフロア1つで通話ができなくなることがある反面、ビルの上など遠くまで見通せる開けた場所からなら、びっくりするほど遠くと通話できます。またUHFの電波はビルの壁などで反射する性質を持っていますから、思わぬ方向にアンテナを向けると電波が強くなって交信しやすくなることも有れば、トンネルのような閉鎖的な空間では電波が干渉しあい、全く通話出来なくなることもあります。

    *特小無線機(出力0.01W/421-440MHz)
    ロングアンテナタイプの機種ですと、建物の中で十数メートルから数十メートル、市街地で数百メートル、河原のような見通しの良い場所で1km弱が目安です。ショートアンテナですと、同じ条件でも、ロングアンテナの50%程度まで通話距離が落ちる場合があります。これは物理的に電波の入り口が狭くなるだけでなく、アンテナが使用者の人体や廻りの環境の影響をより大きく受けやすくなるためです。又、特小無線機のFAQに記載しておりますが、デジタルタイプや同時通話モードも有効通話エリアがアナログの交互通話モードに比べて狭くなります。中継器(レピーター)が使える無線ですから、対応する子機を選んでおけば、この助けを借りて通話距離を伸ばすことができます。

    *アナログ簡易無線機(出力5W/465-468MHz-1W/348MHz)
    5Wタイプは平地で4~5km程度、比較的手軽に使える連絡用無線機としては体感的な通話エリアが一番広く感じられるでしょう。ビルの中などでも鉄の防火壁などでガチガチにガードされたような作りでなければ上下の階層に結構飛ぶため、ビル管理関連の業種でも多く採用されています。1Wの小エリア無線は平地で2km程度、建物内部でも低層ビルなら死角なく通話できることが多いものです。これらアナログ業務無線は、2022年にデジタルモードへの移行が義務づけられており、やがて使えなくなります。

    *デジタル簡易無線 登録局(出力5W/351MHz)
    ハンディ機の5Wタイプで平地4km、1Wタイプで同じく2km弱程度です。
    建物の中も含めてアナログ5Wの8割程度、のような感覚でしょうか。これは、一旦データに置き換えられたデジタル信号が欠落する通信エラーが起きたとき、デジタルでは声が全く出てこなくなりますが、アナログはその点通信エラーが無く「りょう*い、*かい」と部分的にでも聞こえたら「了解と言ってるな」と人間の頭脳でエラー補正が出来るためです。

    車載・固定タイプでは屋根の上に良いアンテナが建てられることで、通話エリアは劇的に広くなることがあります。自家用車にホイップタイプのアンテナを付けた車同士で平地5km以上、郊外の工場建屋の屋上に上げた固定局用アンテナと近場を移動する自動車では10km程度、が目安になります。特に外部アンテナを使う場合はアンテナの種類や設置場所、ケーブルの太さや長さ、使用環境(山がち、都会のビル群のど真ん中などでは条件が大変悪くなります)で通話エリアは大きく変わります。

    *アマチュア無線機(長波~マイクロ波、最大1000W)
    特小無線のような微弱電波の無線機を高い山に持って行き、大がかりなアンテナにつないで200km先の局の「了解」の一言が聞き取れて嬉しかった!という実用性度外視の「趣味の通信」がアマチュア無線ですから、通話距離の目安にはあまり意味がありません。逆にアンテナや使える周波数、出力なども免許のクラスに応じて幅がありますが、上級免許と最適な設備さえ持てれば、ご近所から地球の裏側、ISS宇宙ステーションまで、通話できない場所は無いのも事実です。
    FAQトップ
    Q32. 【無線機全般】バッテリーパックは何回充電できるの?どのように保存するのが良いのですか?使える時間が減ってきたらどうするの?ふくらんだように思いますが大丈夫?充電できないのは故障ですか?
    A32. 電池と充電に関するお問い合わせは、通話距離のお尋ねと同じくらい多いものです。以下に良くあるトピックをまとめてみました。

    【何回充電できますか?】
    電池メーカーは色々な条件を細かく規定した上で約300回、とか約500回、のように表示していますが、これはあくまで目安です。普段からの充電方法、充電電流量、使用場所の気温や湿度、使う無線機の電流消費等々の条件によって電池の寿命はずいぶんばらつきますので、「回数や期間」よりも「体感的に新品の頃に比べて明らかに持ちが悪くなった」を目安に考えるほうが現実的です。

    【正しい使い方と保存方法は?】
    ・ニッケル水素やニッカド電池は規定電流で満充電したものを、継ぎ足し充電することなく放電してから満充電するサイクルを保つことが一番良い使い方です。もし「買ってからそれほど日が経たないけど、使える時間が減ってきたなぁ」とお感じでしたら、室温で電池を満充電になるまで途中使用せず連続充電、充電できたらすぐ完全放電するまで連続して使用(スイッチを入れたまま放置)、を2サイクル行ってください。このとき、電池が無線機や充電器と接触する端子をすべて、清潔で乾いた綿棒などで軽く拭き、目に見えない油脂汚れを清掃してください。このリフレッシュを行っても改善しないときは電池の劣化が疑われます。リフレッシュ機能が付いた充電器なら、月に一度位、リフレッシュすることをお勧めします。リフレッシュのしすぎもよくありません。

    ニッカドやニッケル水素電池を長時間使わないときは、長くても6ヶ月、出来れば3ヶ月を目安に1サイクル充放電して、満充電になったら無線機から電池を外して保存してください。

    ・リチウムイオン系の電池は50%程度の充電状態=定格電圧ちょうど辺りを保って保存するのが推奨されています。定格より低い電圧の放電状態(空の状態)で保管すると再充電できなくなる可能性があり、逆に、電圧が高いフル充電状態で長期保管すると早く劣化して使える容量が減り、耐用年数が短くなる原因になります。無線機や電池類は室温の乾燥した環境で保管するよう心がけてください。冷蔵庫や夏の車の中のような、極端な温度環境では保管しないでください。特にリチウムイオン電池は「必要なときだけ充電する、充電が終わったら充電器から外して使う、常に充電器につないだ状態にしておかない」「災害備蓄などスペア電池を保存する場合でも、新品として保存せず、全体の電池をまんべんなく使用する」に留意して下さい。リチウムイオン電池は使用状態の良否にかかわらず、物理的に2~3年で体感できる程度に劣化します。「使っていなかったのに」とか「説明書通りに使っているのに」と不審に思われることがあるかも知れませんが、そのような性質の電池とご理解ください。

    【正しい充電方法は?】
    ・「満充電になったら充電器から外す」=満充電になっても、充電状態のままだとトリクル充電(補充電)を行うものがあり、使用条件によっては過充電のもとになり、電池の劣化を促進することがあります。

    ・「使わないときはこまめに無線機から電池を外す」=最近の機種の多くは機械的に電源を切るのではなく、ソフトウエアで電源オンオフをします。このため、僅かですが待機電流を消費します。もちろん電池自体も自然放電しますが、電池を付けたままですとそれより多く消費します。乾電池では液漏れの原因となるので、使わないときは電池は無線機から外してください。

    ・「充電器に乗せたまま、運用しない」=機種にもよりますが、充電電流が無線機側で消費され、電池に流れないものがあります。また、「受信しながら充電可能」とうたっているものでも、上で述べたように過充電気味になり、電池に負担をかけることがあります。

    【リチウムイオン電池がふくれたように見えますが異常ですか?】
    繰り返し使っていると、特に板状のLi-Ion電池はふくれが目立つことが有ります。保護回路が入っているので安全上の心配は少ないのですが、勘合が悪くなって取り外せなくなるなど不具合の原因となりますので、寿命と割り切って早めのご交換をお願いします。

    【充電できないのは故障ですか?】
    ・特小無線機のように複数の個体をお使いであれば、正常に動いている個体に動作不良の個体の電池を入れて充電する、疑わしい充電器に良い個体を乗せて充電する、電池パックを無線機から外して単体で充電する、など違う条件で試すことで不良の原因を特定できることがあります。

    ・機種によっては乾電池に充電させないよう、セットモードに充電を許可する、禁止する、のような項目を持っているものがあるので説明書を参照してください。

    ・零度に近くなると充電ができなくなります。特に冬季はご注意ください。

    ・外部電源端子があるアマチュア無線機や受信機では、付属の充電用ACアダプターを外部電源端子に接続すれば本体の電源が入ります。これでACアダプターが故障していないかチェックできます。但しアダプターは送信したり、長時間受信用アダプターとして使うと故障するものがありますので、説明書をよく読んでください。

    ・同じく外部電源端子がある機種は、充電スタンドを使わないで外部端子から充電できることがあります。スタンドから充電できないときは外部端子から充電してみることで、スタンドの不良かどうか判断できることがあります。
    FAQトップ
    Q33. 【無線機全般】付属品の充電スタンドや充電アダプターで送受信はできますか?
    A33. 基本的に出来ません。

    *特定小電力無線機は、送信出力が低いため電流消費も少ないので、充電アダプター兼用で運用も可能なEDC-122のようなアクセサリーもありますが、アマチュア無線機、業務用無線機などハイパワー機では、送信出力が大きくなるため電流消費も多く、アダプターでは必要な電流量が取り出せないので使えません。安定化電源をお使いください。

    *「受信機や、ハイパワー機の受信だけなら電流が少ないから、充電アダプターを利用しても良いですか?」とお尋ねを頂くことが非常に多いのですが、特に説明書に明記してある機種を除き、このような使い方はお控え頂くようお勧めしております。

    ・受信機の付属充電アダプターには、DJ-X3シリーズのように受信機の最大消費電流以下の電流しか取り出せないアダプターが付属している機種もあり、注意が必要です。

    ・特に最近の充電アダプターはスイッチング方式が多く、ノイズ対策されていない充電用アダプターでは受信周波数によってはノイズが入り、受信に悪影響がでます。デジタル簡易無線機は聴感上ノイズが聞こえていなくても悪影響は受けています。

    ・リチウムイオン充電池は過充電(満充電状態を保持し続けるのも同様です)を続けていると、使える容量が減る劣化が進み、またふくらみを誘発しやすくなります。

    ・ニッケル水素電池も継ぎ足し充電状態になりますから、電池の劣化を促進します。

    運用のために外部電源端子を使うときは、電池パック部分の保護と端子の絶縁のため、電池を抜いた乾電池パックを装着して、運用OKと明記された専用アダプター又は安定化電源から電流を供給してご使用頂くのが理想的です。

    「充電スタンドを無線機スタンド代わりに使って、無線機を立てて使いたい」場合は、アダプターを抜いて、通電しない状態でお使いください。

    特に説明書に明記されていない限り、充電スタンドや充電専用アダプターを運用に使って起きた不具合は、保証の対象外となりますのでご注意ください。
    FAQトップ
    Q34. 【無線機全般】無線機やレシーバーを運転中に使うときの注意点はありますか?
    A34. 運転中に携帯型無線機を直接手に持って通話すると、携帯電話同様に罰せられます。

    *無線機を操作したり表示を見たりするときは、カーラジオや携帯電話同様、必ず安全な場所に自動車を停車させてからにしてください。。
    *外の音が聞こえないような大音量でスピーカーを鳴らしたり、運転中にイヤホンやヘッドホンなどを使ったりすることも安全運転上の理由から制限・規制されている地域があります。
    *車載無線機のハンドマイクやハンディ無線機用のスピーカーマイクを使用することは制限されていませんが、操作パネルを注視していると脇見運転として違反対象になります。

    いずれの場合も運転中は常に安全運転を最優先して頂くようお願い致します。
    FAQトップ
    Q35. 【無線機全般】防災、減災用途に使う無線機はどれが良いのですか?
    A35. 今般、かつて無く防災意識が高まっていることから、多方面より非常時連絡用の無線機選定についてご相談を承ることが増えております。そのときにしばしばお話しする内容を以下に抜粋致します。

    【機種】
    基本は数百メートル程度の距離で通話できる特定小電力無線機です。遠くまで飛びすぎないことから混信を与え合うことが少ないので、非常時でも比較的チャンネルが確保し易く使いやすいこと、電波利用料のようなランニングコストが掛からないので備蓄時の無駄な出費が無いこと、少ない乾電池で長時間の運用ができること、などが理由です。また、医療機器に影響するような強い電波では無いので、病院でも使用が認められています。このため災害救護医療機器がある現場近くで送信しても問題が無いのもメリットです。

    デジタル簡易無線は数キロ以上の距離をカバーしますが、それが仇になって遠くのユーザーの信号と混信しやすく、人口が多い地域ではいざというときに通話できないケースが出てきます。(デジ簡無線機や特小機は全て、通話中のチャンネルでは上からかぶせて送信が出来ない仕様になっています)又、使っていても居なくても、1台当たり年間500円程度の電波利用料が発生します。従い、これは「普段から連絡用途で使っていて、非常の時の連絡もこれで行う」ような用途に向きます。医療機器の近くで使うときも注意が必要です。

    アマチュア無線では、日本アマチュア無線連盟がガイドラインを定めて非常通信のプログラムを立てており、各地域の無線クラブなどでもネットワークを構築されています。免許を持つハムであれば、そのような通信ネットワークにボランティア参加できます。非常時はハム免許が無くてもアマチュア無線機を使って誰でも通話して良いと勘違いされている方が有りますが、電波法上の非常通信はとても狭義なもので、非常通信を行ったら事後の届け出が義務付けられているほどです。天災や戦争など、目の前にさしせまった生命の直接的な危機があり、他に電話のような助けを求める手段が無い限り、免許を受けた無線局(アマチュア無線、簡易業務無線免許局、タクシー無線…)を、免許人以外が、無線局の通信目的以外のために使ってはならないと認識してください。

    【通話方式】
    携帯電話の普及で「無線通話はモシモシハイハイで話せる同時通話が便利」と思い定めておられる方が多いのですが、非常通信では「どうぞ、了解」式の交互通話が基本です。「多数が一度に連絡しあえる、情報をシェアできる」が何より便利なためで、現場活動中の消防救急無線が交互通話であることが何よりの証拠です。「普段は同時通話、あるときは交互通話に切り替えて…」のように難しいことをご相談頂くことがありますが、非常時、悪天候や厳しい環境の中で、使い慣れない無線機を、しかも設定を切り替えながら運用することなどは普通の人にはまず100%無理な話です。

    【運用について】
    運用の練習とメンテナンス、実は何よりこれが一番簡単にできて大切なことです。ハードウエアのことを難しく考えるより、日頃からソフト面を充実させておくことこそが何より非常時の通信では重要です。

    ・近隣の町内会・自治体・消防や消防団と平時から打ち合わせ、緊急時に「このエリアでは、行方不明捜索には特小のXからXチャンネル、避難所内連絡にはXからXチャンネル、配給関係情報はXチャンネルを使う…」のように地元で示し合わせておくなどして、統制をとっておくと混信を防ぎ秩序だって横の連携取りやすい通話が出来るようになります。合同防災訓練等の機会に、この取り決めを元に通話練習をしたり、特に消防救急無線の話し方は非常無線通信の最も優れたお手本ですから消防士さんに話し方のコツをコーチしてもらうなどしておくことが重要です。なお、非常通信の連絡をするときは電波法で「訓練」を通話の頭につけるよう定められています。無線を偶然聞いた人が誤解して警察や消防に連絡することが無いようにするためです。「火災発生」「救急車を呼んでください」のような具体的な内容で無線の訓練をするときは必ず「訓練、火災が発生」「訓練、救急車を~」のように通信してください。

    ・町内のイベントやボランティア活動など、平時から積極的に無線機を使い、無線機と無線機を使った話し方に日頃から慣れておくことが重要です。またこれは無線機の定期的なチェックにもつながり、故障しにくくなります。電気製品は丁寧に使い続けることが一番良いメンテナンスで、使わずにしまっておくのがいざというときに一番不具合が出やすいものです。ゴムのアンテナやイヤホンマイクのスポンジ類も定期的に風に当てておかないと湿気を吸って加水分解し、表面が劣化したりボロボロになったりします。

    ・備蓄されている充電池や乾電池は特に痛んでいることが多いものです。電池は液漏れや過放電を避けるため必ず無線機から外してください。バッテリーパックは定期的に充電残量を確認してください。電池は無線機から外していても自然放電します。但し充電しっぱなしもバッテリーパックの過充電から劣化しやすくなります。時々電源を入れて減電池表示が出るまで放電させてから、再充電するのがベストです。日頃のメンテを心掛けておかないと、いざというときせっかくの無線機が役に立たなくなります。
    FAQトップ
    Q36. 【無線機全般】アルインコ製品で使えるアンテナを推奨してください。どんなアンテナを買えばいいの?●X社製のアンテナは使えますか?
    A36. アンテナに関しても、多くのお問い合わせを頂きます。

    弊社では、他社製のアンテナに関する検証は一部の斡旋品を除き、一切致しておりません。このため「この会社の、このアンテナが良いですよ」というお勧めもしておりません。アンテナが交換できる民生品の無線機、受信機についてはアンテナメーカーから多彩な製品が発売されています。「どれを選べばよいかわからない」ということであれば、迷わず無線機専門の販売店にご相談ください。特に車載や基地局用、固定局用のアンテナは固定金具(基台)、アンテナマスト、ステー、同軸ケーブル、アンテナコネクターなど小物類も必要になります。

    アンテナメーカー製のものは、特に明記が無い限り、周波数、耐入力、アンテナコネクター形状に適合するものであればメーカーを問わず無線機に接続できます。ただ、無線機メーカー製のハンディトランシーバーが純正品として採用するものを他社製トランシーバーにつなぐと、たとえば1W機用のものを5W機で使うことになって発熱して使えなかったというような事が起こり得ますのでご注意ください。

    まれにアンテナメーカー製のアンテナ、コネクター付同軸ケーブル、コネクター変換アダプターが弊社製品と機械的に勘合しないのでは?といったご相談を受けることがあります。ホイップ型ならアンテナのすそがボディまで届かず少しコネクターが見えている、同軸ケーブルのコネクターなら、たとえばM型は海外のPL型と共用できるタイプなら専用のコネクター同士より機械的な勘合が悪く感じられる、SMA型ではコネクターのリングを最後までしっかり締めたにも関わらずケーブルが動く、回るというようなことですが、相性問題の範囲であることがほとんどです。他社製無線機では動作するのに、アルインコの無線機につなぐとまったく送受信できない、というような明らかな異常の場合は点検しますので、弊社サービスセンターにご相談ください。
    FAQトップ
    Q37. 【無線機全般】急にノイズが出て、通信、受信ができなくなりました。なぜ?
    A37. ある日を境に、今まで通話や受信ができていた環境と設定のままで、急に無線機や受信機にノイズが発生するようになった場合、外来の妨害電波が関係することがあります。このようなときはまず、場所や時間を大きく変えて正常に通信、受信ができるかお試しください。

    例えば昼間は大丈夫だが暗くなってきたら強い妨害が出るという場合は照明器具、暑くなったら出るというときは空調機、のようにノイズが出るときに使っている機器をチェックしてノイズ源を特定することができる場合もあります。特にLED電球やソーラーパネルは、AC/DCやDC/AC変換回路が搭載されており、強いノイズを出すことがあります。ほかにもパソコン、蛍光灯、湯沸かし器、モーターやコンプレッサを使う機器などもハンディ無線機のノイズ源となります。ノイズが出るようになった時期に、何か電気を使うような機器を導入していれば要チェック、です。

    固定の無線機にはACラインからのノイズも関係します。洗濯機を回しているとノイズが入るようなケースです。車載では、最近のハイブリッドや電気自動車などもノイズが発生しやすい環境です。

    ハンディのノイズの場合、グループコード(トーンスケルチ)を設定するとノイズを低減できることがあります。車載や固定の場合は電源やアンテナ線も含めて対策が必要になることがあります。無線機店にご相談ください。ノイズの性質によっては、無線機側では対応できないものもありますので、ご了承ください。
    FAQトップ
    Q38. 【無線機全般】使い終わった乾電池や充電池パックはどこに捨てたら良いのですか?
    A38. 充電池は立派な資源です。使い終わった充電池やボタン電池類は安易に廃棄せず、電気製品販売店やスーパーマーケット、量販店などの店頭に設置されている充電池リサイクルボックスに戻すよう、ご協力をお願い致します。このとき、電池が充電器に当たる充電端子部分(むき出しの金属部分)には、ショート事故防止のためセロテープを貼ってください。

    *小型充電池のリサイクルについては(社)JBRCのページで詳しく説明されています。リサイクル協力店検索ページはこちらです。

    乾電池の回収については各自治体の回収方法に従ってください。
    (社)電池工業会のページにも、電池の使用やリサイクルについて役立つ情報が掲載されています。
    FAQトップ
    Q39. 【ハム】アマチュア無線って何?どうしたら使えるの?仕事に使っていいの?
    A39. 日本アマチュア無線連盟に、ハムに関する情報が全て掲載されていますのでご参照ください。

    音声のみならず文字やデータ、映像やモールス信号を使い、長波からマイクロウエーブまで色々な周波数で通信ができるアマチュア無線はパソコンとの融合も進んでますます興味深い趣味になっています。第4級アマチュア無線技士資格なら試験は決して難しいことはなく、全く無線の知識がなくても講習会制度を利用して取得できます。

    ただ、アマチュア無線はあくまで無線技術に興味を持つ方の科学的な趣味であり、通信できる内容は電波法によって制限されています。免許をお持ちでも、例えば業務連絡、政治に関することや公序良俗を乱す内容、デマを流すなどの通信をすると罰せられます。
    FAQトップ
    Q40. 【ハム】アマチュア無線局免許の申請方法を教えてください。技適番号を教えてください。
    A40. アマチュア無線局申請書の書き方が不明な場合、一番良いのはその無線機を購入した販売店に相談することです。お店によっては書類記入の代行サービスをされています。

    技適番号については、製品に技適マークのついた銀色のステッカーを貼付しておりますので、そこに記載のものを記入してください。旧形式による表示では個体ごとに番号が変わるものや、同じ機種名でも製品ロットによって技適番号が異なることがありますので、必ず実機の技適番号を見てください。

    DX-SR8やSR9は輸出用に設計された無線機ですが、国内でも使いたいとおっしゃるお客様が居られることから日本のアマチュア無線用周波数をプログラムして作られたものです。このため技術基準適合の申請は行っておりませんが、保証認定を受けることで国内でも運用できます。免許の申請や更新に必要な資料は同梱の説明書に記載されています。

    弊社製品の技適番号を含む工場設計書記入事項一覧、DX-SR8/9やデジタル音声通信対応機種の申請手順など、免許申請についての情報はこちらからご覧頂けます。

    申請書の書き方や電子申請の使い方でご不明な点は、技適機種のみで申請する場合は管轄の総合通信局のアマチュア無線局窓口に直接お尋ねください。メーカーには申請のアドバイスはできても、「それでいいですよ」と太鼓判を押す権限はありません。

    JARL登録機種(昔の保証認定規格)は技術基準適合品ではありませんので、認定機関の保証が必要になります。また、旧技適の無線機は一定の条件を満たさないと、平成34年11月以降使えなくなります。旧機種のスプリアス保証についてはこちらをご覧ください。
    FAQトップ
    Q41. 【ハム】デジタル音声通信対応の無線機でアマチュア無線局免許を申請するにはどうしたら良いのですか?
    A41. 2004年1月以降、電波形式F1Eに属する弊社10F1E/20F1Eモードのデジタル音声通信は煩雑な特別申請無しで許可になっています。EJ-40U/43U/47Uを対応無線機に追加してアマチュア無線局免許を申請する場合は以下のような流れとなります。 ダウンロード に、いずれの場合も添付が必要な送信機系統図を掲載しておりますのでご参照下さい。

    ・開局申請に対応無線機をお使いになる場合:無線局開局申請用紙の"保証認定"の流れに従って下さい。対応機種はアナログ状態では技術基準適合機種ですが、ユニットを装着してF1Eを申請する場合、部分改造されたと見なされるため"技適機種の一部改造"扱いとなり保証認定が必要です。

    ・今受けている無線局免許に対応無線機を新規追加される場合:変更申請用紙の説明書にある"変更保証認定"の"増設"に従って下さい。

    ・既に免許を受けている対応無線機にデジタル音声モデムを装着される場合:20W以下の対応機種で既にF1Eモード以外の免許を受けて居られる方は地方電気通信監理局への届出のみで処理されます。変更申請用紙の説明にある"直接 地方電気通信監理局へ提出する変更手続き"の「20W以下の無線機に付加装置を取り付ける、一部変更する」をご参照下さい。20Wを超える無線局は"変更保証認定"の"一部分改造"に従って下さい。電波形式はいずれもアナログFMとデジタル音声FMだけですとグループコードは4VFとなりますが、外付装置を接続するなど別のモードも使用できるようにする場合は各申請用紙の"付属装置"の記入例を参考に記載を行った上で、それらの電波形式が対応するグループコードを記入して下さい。

    これらユニットは無線機内部の回路に直接接続するので"部分改造"扱いとなります。外付けTNCをつなぐなどの"外部付属装置"の追加では有りませんのでご注意下さい。

    各種申請用紙は無線機販売店または日本アマチュア無線連盟よりお求め下さい。

    アマチュア無線局の保証認定申請に関する情報はJARD保証事業センターTSS株式会社のホームページをご覧下さい。
    FAQトップ
    Q42. 【ハム】EJ-41UやEJ-50UのTNCユニットでパケットモードを申請したいのですが?
    A42. 技術適合品の認定基準の変更から、これらユニットボードを装着する機種によって申請方法が変わります。

    (1) DR135-435/DR120-420/DR620の全バージョン(D/H)は、オプションのEJ-41/50Uを装着して使える電波型式F1D/F2Dでも技適認定が下りているので、該当機種の取扱説明書にあるように新規に開局するときや無線機を新規に追加申請するときはボードを内蔵して4VF(4アマ)か、3VF(3アマ以上)で、使用する電波型式はF3E/F1D/F2Dと記載してください。

    既に免許を受けた対応機に後からボードを装着するときは、20W機であれば電波型式の追加として(技適トランシーバーの一部改造として)手数料無料で直接総合通信局に変更手続きができます。50W機の場合は、TSSで技適機種の一部改造として保証認定が必要です。

    (2)DR635DV/HVからは技適の基準が変わり、EJ-50Uを装着すると「技適品の改造」扱いとなり、TSSの保証認定が必要となりました。現在は版を改めておりますが、旧製品の説明書で「保証認定が不要」と記載がある物は間違いです。お詫びして訂正致します。

    新規開局、増設、変更いずれも該当する無線局申請書に付属の記入方法説明書で「TSSの保証認定を受ける」>「技適機種を改造」の流れに従って記入してください。一括記載コードは4VF(4アマ)か、3VF(3アマ以上)で、使用する電波型式はF3E/F1D/F2Dとなります。尚、Dバージョンの20W機であれば最初に技適でF3Eだけを申請し、免許が下りてからボードを装着、電波型式の追加としてF1DとF2Dを申請すれば、許可されたトランシーバーの一部改造として手数料無料で直接総合通信局に変更手続きができます。

    EJ-41U/50Uの規格はこちらのPDFにある送信機系統図に記載されていますので、ご参照の上、送信機系統図上に書き写してご利用ください。(127kb)

    もし申請書の記入方法にご不明な点がありましたら、認証機関に直接、事前にご相談される事をお勧めします。
    FAQトップ
    Q43. 【ハム】10F1Eや20F1Eモードのデジタル音声通信、バンドプラン上の割り当てはどこですか?
    A43. F1EはF3E=FM電話、と同じバンドで運用できます。

    ※F1E デジタル音声通信は占有帯域幅(弊社の10F1E又は20F1Eモードの場合は10/20KHz)がそのバンドに割り当てられている範囲内であれば、FM電話及び全電波形式(実験・研究用含む)が許可されている部分で使用出来ます。

    ※一般的に目にするアマチュア局向けバンドプランに記載の有る「広帯域デジタル」に当たる部分にはF1D/F2D/G1B/G1D(パケットやデータ通信)が割り当てられています。

    F=周波数変調、1=単一CHデジタル、E=電話、つまり「F1EもF3EとおなじFM系電話」、とお考え下さい。詳しくは総務省やJARLのHPにあるバンドプラン表をご参照ください。現在はバンドプラン遵守が義務付けられていますので、十分ご注意ください。
    FAQトップ
    Q44. 【ハム】アルインコのアマチュア無線機で使われているF1E/GMSKモードについて教えてください。
    A44. デジタル方式の通信機を従来のアナログの通信機と比較しますと、アナログとの互換性が無くなったり高価になったりするのが通常ですが、弊社のGMSK方式デジタル無線システムは現状のアナログモードとの併用を視野に入れ回路を極力共用出来る様に、また従来の20kHzセパレーション運用においても支障が出ない様に配慮してアマチュア無線局が手軽にデジタル通信技術の研究が行えるよう低コストな無線機を提供することを主眼に設計されて参りました。このため、現状では実用上、アナログ通信と比較してデメリットと感じられる部分が有るのも残念ながら事実で、多くのお客様よりお問い合わせを頂きます。本項では、不具合とお感じになる現象が起こる理由・対応方法などを総合的にご紹介致します。

    音質に関して
    通常、デジタルと云うとオーディオ関連の連想からクリアーな音質を想像される場合が多いと思います。放送やハイファイの世界ではそうなのですが、通信の場合は放送の様な広い周波数占有帯域を独占出来ない事、送信設備が放送局に比べ小さい事、帯域を広げるとそれに伴い雑音の影響も受け易くなることから音質を優先すれば通信距離を犠牲にせねばならない事など色々な法的・技術的制約を受けているため「音質の良さ」は通信の世界では第一のメリットでは無く、かえってアナログのナローFM通信と比較してさえデータ圧縮のための音声処理などを行う必要性から若干音質が劣って聞こえる場合が有ります。通信界でのデジタル化のメリットは携帯電話に代表されるように通話の秘話性、音声・映像・文字など多彩なデータを一緒に送れる事等とお考え下さい。

    音質の向上に関してはご使用になるマイクとの相性が大切で、アナログで良い音のマイクでもデジタルではダメとか、逆にアナログでは音が気に入らなかったマイクをデジタルで使うと良い感じになった、というような事も起こりますので実験してみると面白いでしょう。又、AD/DA変換、圧縮処理などの音声処理を行う必要が有ることからアナログと比べ受信音声で0.1秒程度の遅延(タイムラグ)が発生します。このため通信実験は、一人で行うと受信側の無線機からエコーが掛かったような音が聞こえます。


    通達距離に関して
    デジタルモードで、特にモービル同士が高速走行中、通信距離がアナログ程伸びない、50W機でも2-3kmしか飛ばないことすら有る等のご指摘を受けますが、これは主にフェージングやマルチパスによるものです。パケット通信を長く運用されている方はご経験がおありでしょうが、1200bpsの時代には問題が無かった通信が、9600bpsが主流になるとマルチパスによるデータ転送のエラーが多く発生するようになりました。弊社の20F1Eの場合これより更に高速の14400bps、圧縮を加えた分低速度で済む10F1Eでも4800bpsですから、この障害を大きく受けることは否めません。又、TVで画面が二重、三重に重なったり、ずれて見えたりするゴースト現象を経験された方も多いと思います。これは放送局のアンテナから直接届く電波と、ビル、山などに反射して届く電波のズレが原因で、車載テレビに至っては、移動体であることから起こる他の要因のフェージングとも相まって、非常に顕著なゴーストが常時と言って良いほど出ています。この現象が音声通信の場合、アナログですと音が歪み、デジタルの場合はデータの受信エラーとなり正常に元の音を再生出来ない原因となります。このビット・エラーを解消する為には、コンピューターの誤り補正等の処理能力を上げるとか、GMSKではない別の変調方式を使うなどが考えられますが、コスト的に非常に高価になる、アナログとの切り替えを無視したデジタル専用設計になるなどのデメリットが生まれます。車載TVをきれいに見るためには、アンテナが送信所に向く方向に車を止めるのが一番簡単な方法であるように、デジタル通信でもなるべくフェージングやマルチパスが出ないように運用することがコツになります。ただ、固定局同士の運用でもデータを確実にやりとりするためには安定した電界強度(有る程度のレベルでSメーターが振れる信号)が必要になることから、アナログより通信距離が狭く感じられる場合が有り、この場合はアンテナを指向性の強い物にしてゲインを稼ぐなどの工夫も必要です。

    雑音に関して
    アナログFM通信と比較して、デジタルの場合、特に発電機やエンジンのオルタネーターノイズ等外来雑音の影響を大きく受けます。モービルやマリタイム・モービルでエンジンを切った場合に通信状態が良くなる場合はこれが原因と考えられます。アンテナを外してもノイズが入っている様でしたら電源ラインからの混入と推測出来ますので、市販のノイズ・フィルターを挿入します(電流容量に注意して下さい)。

    もし無線機用に独立した12Vバッテリーが用意出来れば、その方が影響はより受け難いでしょう。又、バッテリーが経年劣化などで電圧変動が激しい、電圧が低下している等悪い状態にあると通信品質に悪影響を与えますので、バッテリー系統のメンテナンスも心掛けて下さい。アンテナの取り付け位置によっても雑音の入り方が変わりますので、アンテナは極力雑音源から離して設置する様にして下さい。給電点を高くすると見通し距離が広がり通信距離が伸びるため一石二鳥です。高利得なモービルアンテナの中にはエレメント部分が長く、しなり易い物が有りますが移動中のアンテナ・エレメントのゆれによってフェージングが発生し信号を不安定にすることも考えられますので、短くてもがっしりしたタイプと比較実験するのも良いでしょう。尚、マリタイムモービルでは塩害を避けるため専用に設計されたアンテナをお使い下さい。


    設置場所に関して
    ハイパワー送信では無線機本体はかなり発熱します。このとき内部温度が周波数安定度に大きく関わる部品に影響し、僅かな周波数変動が起こりますがアナログでは気が付かない変動でもデジタルではビット・エラーの原因になります。

    特に20F1E機はこの現象が発生しやすいため、狭い場所に押し込んで設置するのは絶対に避け通気の良いところに設置して下さい。モービルへの設置の際は、直接振動が伝わる場所や温風の直接かかる場所も避け、GPS等の精密機器からできるだけ離してしっかり設置して下さい。デジタルとは関係有りませんが、車載アングルを取り付ける際、本体側面の取り付けネジは必ず無線機に付属のものをご利用下さい。不正規品の場合、長すぎるとネジが内部の部品に接触して壊れますし、短すぎると安定した取付けが出来ず振動や落下といった不都合につながります。


    スケルチに関して
    デジタルモードでは内部ユニットでスケルチの値が決定されますので、アナログスケルチのレベルを変えてもデジタルモードではその値は反映されません。無信号時にスピーカーからバリバリ音が頻繁に出る場合は、アナログスケルチの設定とは関係なく、内部の別の設定がずれている可能性も在りますので、弊社サービスセンターへ御相談下さい。
    FAQトップ
    Q45. 【ハム】アルインコのHF100W機を50Wに改造して3級免許や移動局で運用したいのですが、どうすれば良いですか?二級になったのでSR9Mを100Wで運用したいのですが?V/UHFモービル機で最大出力の改造は出来ますか?
    A45. DX-SR8Jでは発売当初50W仕様が無かったため、3級局や移動局向けに出力を下げる改造と、改造証明書を発行するサービスを行っております。ご依頼方法は一般修理と同じです。尚、DX-SR9には50W仕様のDX-SR9Mがございますので、予めそちらをお求めください。
    (SR9Jの改造サービスもSR8Jと同じ手順で受け付けています。)

    「50W 申請の為の改造及び証明書発行」とご依頼頂きましたら、弊社サービスセンターにて改造を行い、証明書を添えてお返しします。費用は全て共通です。
    * 改造及び証明書発行手数料:(税別)¥5,000
    * 販売店を経由せず直接弊社SCにご依頼になった場合の代引き手数料・運賃込み発送手数料(全国共通):(税別)¥1,200  

    ご依頼方法は一般修理と同じです。尚、上級局になり50W機M仕様を100WJ仕様に改造するとか、50W改造機を100Wに戻す際も同様に作業を承りますのでSCまでご相談ください。

    誠に申し訳ございませんが、DX-70/DX-77シリーズについては生産を終了してから日が経っており、この証明書発行サービスは終了させて頂きました。弊社の改造証明書無しに申請される場合は下記をご参照の上、ご自分で改造を行って申請してください。又、JAIA加盟販売店で改造証明を発行できる場合もあるようですから、お近くの販売店にご相談なさるのも良いでしょう。
    (申請の要領)
    DX-70の説明書P.72「調整とリセット」以下にメイン基板上の出力切り替えスイッチについて記述がございます。DX-77でも内部に同様のスイッチがあり、出力が落とせます。この切り替えスイッチを50W側に切り替えます。改造前の写真と、スイッチが容易に100W側にできないように固定(例えばエポキシ系接着剤でスイッチを固める)した改造後の写真、さらにその改造方法の詳細説明を保証認定願と合わせて提出・申告します。尚、ご不明な点は必ず事前に認定機関までお問い合わせください。書類の書式や書き方の可否は無線機メーカーでは判断できず、総務省から認可を受けた保証認定業者のアドバイスを受けて頂く必要がある為ですのでお間違い無きようお願いします。

    逆にDX-SR9Mを購入、2アマ以上に昇級したので100W運用したい、という場合は弊社が開示する改造を行ったうえで、50W機のMを撤去して100W機のJに変更した形で送信機の変更として保証認定を受けなおしてください。弊社に改造をご依頼になる場合は100W>50W改造と同額の技術料を申し受けます。

    尚、VHF/UHFモービル機のパワーアップ/ダウンは技術上・技適上の理由から、このようなサービスはご提供しておりません。
    FAQトップ
    Q46. 【ハム】DJ-G7、1200MHzで運用すると送信音にハムが乗ります。故障ですか?
    A46. 蛍光灯や交流を使用する機器の近くで、ホイップアンテナを使ってハイパワーで運用すると、このようなRFの回り込み現象が起こることがあります。ノイズ源から離れる、外部アンテナを使用する、ローパワー運用をするなどで消えたり軽減したりすれば異常ではありません。また、同様に1200MHz帯の運用時、ジャックの防水キャップや電池パックのヒンジ金属部分、アンテナの付け根などを指で触るとノイズが乗ることがあります。
    FAQトップ
    Q47. 【特小】同じチャンネルに合わせているのに交信できません。どうして?
    A47. いくつかの理由が考えられます。

    ※9CH機と11CH機、或いはデジタル方式の無線機を混合してお使いでは有りませんか?例えば9CHタイプのCH.1は422.200MHz、11CHタイプのCH.1は422.050MHzと、総務省より割り当てられている周波数が異なるため交信できません。これは以前レジャー用(9CHシステム)とビジネス用(11CHシステム)が用途別に割り当てられていた名残で、現在は用途に関係なくこれら20CHを自由に使えるようになったため、20CH全てを実装するタイプの無線機も発売されています。  
    DJ-PA20やP20など20ch機とDJ-P80やP90のようなチャンネル数の少ない無線機で通話したい場合は、機種により9ch=レジャーチャンネル、11ch=ビジネスチャンネルの切り替えが必要になるものがありますので、説明書をお読みください。

    ※DJ-P30DやP35Dのデジタルモードは電波の型式自体が従来のアナログ機と異なるため、正しくチャンネルを合わせても通話することができません。

    ※グループモードがONになって居ませんか?不要な通信の声をカットし、仲間の声だけスピーカーから聞こえるようにするこの機能をONにしていると、チャンネル番号の他にグループモードの番号も合わせておかないと、せっかく受信した電波もスピーカーから音声として出力されません。 デジタルのDJ-P30D/P35Dの場合は50万通りのデジタルコードを合わせないと通話できません。

    ※モガモガした声が聞こえる場合は、スクランブル(秘話)機能が働いています。説明書をお読みの上、設定を解除してください。
    FAQトップ
    Q48. 【特小】レジャーチャンネルとビジネスチャンネルってどう違うんですか?どちらのほうが遠くまで通話できますか?ビジネスチャンネルで仕事以外の連絡をしてはいけないの?
    A48. 何も違いはなく、通話距離は変わりません。通信内容にも制限はありません。特小無線が初めて許可になったときは9chだけで、後に11chが追加されたのですが、その時にこのような使い分けが推奨されレジャー9ch専用、ビジネス11ch専用の無線機が存在していたため、弊社では今でもこのように呼んでいます。現在では中継も含めて47ch、空いたチャンネルを自由に選んで使うことができます。
    FAQトップ
    Q49. 【特小】他社の特小無線機と通話できますか?
    A49. 交互通話ができる20ch仕様または47ch仕様の特小無線機は、いずれのメーカーの9ch・11ch・20ch仕様の特小無線機とも、共通するグループコードも使って交互通話ができます。

    但し機種固有の機能、例えば通話圏内表示のようなものは、同等の機能を両方が搭載していても、確認用に使う信号やタイミングの取り方がメーカーによって違うといった理由で、お使いになれないことがほとんどです。

    又、同時通話や中継器の場合、使い勝手や動作ロジックの部分でメーカー固有のノウハウが多用されるため、たとえチャンネルやグループコードが同じでも通話できないとお考えください。同時通話や中継システムをお使いの時は、同じメーカーの対応機種同士でお使いください。
    FAQトップ
    Q50. 【特小】DJ-R100Dなどに搭載の同時通話モードでは、複数のユーザーが一緒に話せるの? 複数同時通話ができる無線機はありますか?
    A50. 携帯電話と同じで、一度に通話できるのは必ず2名です。ただ、電話と大きく異なる無線のメリットは電波の受信できる場所に居る全てのユーザーはこの通話を聞ける、ということです。  

    しかし携帯電話と同じように、1対1でしか話せない、急に割り込むような用事ができたときも今話しているユーザーの通信が終わるまで待たなければいけない、電話ほど自由に特定の個人を指定しての呼び出しができない等の特徴があるため、ユーザーの数が多くなるほど交互通話のほうがテキパキした通話ができます。これだけ携帯電話で同時通話が一般に普及した今日でも、業務無線では交互通話が主流を占めている理由はここにあります。弊社の特定小電力無線機は自分が送信を終わると最後に「ピー」音が鳴り、受信に移ることを自動的に知らせるエンドピー機能を搭載しているため、いちいち「どうぞ」と言わなくても大丈夫ですし、1-2日使えば通話の感覚に慣れ、エンドピー音すら使わなくても上手く話せるようになります。  

    また、強制同時通話モードを使えば、送信ボタンをお互いが押している間は同時通話が行え、手軽に交互通話トランシーバーを操作する感覚で同時通話ができます。 (DJ-R20Dの強制通話モードはこちらをご覧ください/pdf 28kb)  

    クレーン作業など特殊な環境で、近距離で複数名がリアルタイムにつながって割り込みができる同時通話システムをお探しの場合はMシステムをご覧ください。但しMシステムは、免許は要りませんが特小無線とは異なるカテゴリーで(作業用連絡通信システム無線)、通話ができるエリアは特小に比べかなり狭くなるうえ、価格的にも特小無線より高価ですから、どのような環境でもお使い頂けるものではありません。
    FAQトップ
    Q51. 【特小】特定小電力無線機を病院内で使いたいのですが?介護センターや医療機器を付けている入居者が居る老人ホーム等にも導入できますか?
    A51. はい、総合病院、クリニック他、多くの医療・介護施設で中継器を含むシステムを多数お使い頂いておりますのでご安心ください。法律上も全く問題はありません。

    但し、精密な医療電子機器の極めて近くでご使用になるとか、ペースメーカーなどの医療機器を使用されているご本人がご使用になる等の可能性が有る場合は、念のため事前にテストをされる事をお勧め致します。

    又、患者さんや医療スタッフなど周りに誤解される可能性が高いので、医療関連施設やその近所で特小無線機を使う必要がある場合には、携帯電話と同じように使用場所のマナーに充分ご注意頂くようお願い致します。電波を利用する機器の医療施設内での使用については、こちらに参考文献がございます。

    尚、アマチュア無線機や申請して使うタイプの業務無線機は病院他、無線機の使用に制限が有る場所では絶対に使用しないでください。特小無線機より遙かに出力が高いので、それらの場所で使用されている電子機器に重大な妨害を与える恐れがあります。
    FAQトップ
    Q52. 【特小】通話中両手を使って作業します。ハンズフリーにはどの機種が対応しているの?
    A52. VOX機能が内蔵されていない交互通話機種ではEME-12/13/15Aの各ヘッドセットを使うと「話すと送信、黙ると受信」の声によるハンズフリー通話が可能になります。どの位の声量で送信を開始するかを決めるマイクゲインはヘッドセット側で調整できますが、環境音が大きな工事現場やカラオケボックスなどではゲインの調整が追いつかず誤動作してお使いになれない場合があります。VOX機能が無線機に内蔵されている機種では対応する任意のイヤホンマイクやヘッドセットでVOX運用ができますが、一部の機種はVOXゲインコントロール設定ができないので環境音で送信を始めてしまう様なうるさい場所ではVOX機能を使えなくなりますし、調整ができる機種でも騒音環境下では同じ理由で使えません。VOXが無くても、ほとんどのイヤホンマイクでは送信ボタンを機械的にロックする機構がついているので、話している間でも送信ボタンを押し続ける必要はありません。PTTロック機構が無いEME-45AやEME-40Aでは無線機側のセットモードで「PTTホールド機能」を有効にして、一度送信ボタンを押すと送信、もういちど押すと受信に戻るようにしておくと便利に使えます。

    同時通話は携帯電話と同じですから通話が始まればハンズフリーになり、同時通話無線機に対応する全ての現行アクセサリーのイヤホンマイク、ヘッドセットがハンズフリー通話に使えます。スピーカーマイクは原理上、同時通話ではお使いになれません。弊社ではこの判別がしやすいように、同時通話対応のマイク関連アクセサリーにはEME-21A(AB=ブラック仕様)、EME-41A,のように品番に「A」をつけています。
    FAQトップ
    Q53. 【特小】DJ-P20/PA20/CH20など20ch機で使える中継器を教えてください。DJ-P9/P11/CH9/CH11など9ch機や11ch機は中継で使えますか?
    A53. 残念ながらこれらの機種は中継通信に対応していません。

    *中継通信には、中継に対応するタイプのトランシーバーが必要です。中継チャンネルは、見た目は普通の通話と同じCH29のように表示されますが、実際は送信と受信の周波数を切り替えて通信するペアチャンネルになっています。これら中継チャンネルが搭載されていない9ch/11ch/20ch専用機は、原理的に中継通話ができません。

    *弊社のカタログやウエブでも、中継対応の有無は明記してあります。価格的にも大きな違いは有りませんから、将来の通話エリアの拡張などが考えられる場合は中継対応の物を予め導入しておかれることをお勧めします。

    *これら中継対応機種はすべてがDJ-R100DやR20Dのように「中継器にもなれる」機能を持っているわけではありません。DJ-R100DとR20D以外は「中継器の子機として使えるトランシーバー」という意味ですので、お間違いのないようにお願いします。
    FAQトップ
    Q54. 【特小】免許の要らない特定小電力無線機、海外でも免許無しで使えるの? 海外のライセンスフリー無線機は日本で使えるの?
    A54. 使えません。

    海外でもUHF周波数に免許不要の無線サービスを許可している国や地域は有りますが、それぞれで周波数や送信出力等の規格が異なるため、無許可ではご使用にならないでください。特定小電力無線で使用している周波数帯は、地域によっては重要な無線に割り当てられている可能性も有ります。

    欧州やその影響力が強い地域ではPMRやSRD(LPD)、米国ではFRSやGMRSと呼ばれる無線が無免許又は簡単な届出だけで運用でき、無線機を扱うお店だけでなく電化製品量販店、百貨店やアウトドアグッズ店などで販売されています。クオリティはともかく安価なものもありますので、海外ではこれらを利用するほうが安心です。

    逆のケースで日本に輸入されたこれら海外規格のライセンスフリー無線機をネット販売などで見かけることがありますが、日本国内での使用は違法ですので十分にご注意下さい。懲役一年以下または100万円以下の罰金と厳しい罰則がつきます。日本で正しく使える無線機には技適マークがついています。
    FAQトップ
    Q55. 【特小】短いアンテナでは通話エリアが狭くて思うように通話できませんでした。 修理で長いものに変えてもらえませんか?
    A55. 残念ながらできません。

    これは法律の問題上お断りしています。特定小電力無線機は全て、無線機の裏にステッカーの表示があるように総務省の規定する認証(技術基準適合)を受けています。その仕様を許可なく変更することはメーカーであっても許されていません。このような技適から外れる無線機を使用することも明確に電波法に違反して不法無線局の開局として罰せられます。

    従い、アンテナに限らず技適を外れることになる無線機の「改造」は製造者といえどもお受けすることができず、壊れたものを元のスペックに戻す「修理」のみ承っておりますのでご了承下さい。

    多くの場合、通話距離を重視するので基本的にアンテナは長いものをお勧めしますが、サービス業や現場作業などでアンテナが邪魔になるのは困るがそこそこ距離も必要と言う場合、ショートアンテナの子機に中継器を組み合わせるシステムをお勧めします。これですと、ロングアンテナと同等以上のカバーエリアを持つシステムが簡単に構築できます。

    また、無線は「通話距離が全て」とお思いの方が多いのですが、例えば小規模店舗、クリニック、ヘアサロンなど通話距離が限定的な場合は迷わずショートアンテナをお勧めします。遠くに飛ばないから他人に通話を聞かれることが少ない、混信が起こりにくい(遠くの電波を受信しにくい)、携帯性に優れ装着感が良い、無線機が目立たない、など色々とメリットも多いからです。
    FAQトップ
    Q56. 【特小】特定小電力トランシーバーに表示の価格はペアの価格ですか?どうしてペア売りしないの?
    A56. 確かにお子様向けのおもちゃのトランシーバーは大抵ペアで販売されていますが、本格的な無線機は通常1台ごとに売られています。

    アマチュア無線の場合は、おのおのが無線機を持った不特定多数の局と交信することから自分も1台持っていれば良いのですし、業務通信の場合はユーザーグループのメンバーが奇数とか、買い足しが行われることが多いため、ペア売りだと逆に無駄が出てしまいます。レジャーで使うときでも奇数台で使いたい、という事が多いはずです。

    アマチュア無線機や業務用無線機は、当社製のものに限らず単体売りが基本であることをご理解ください。
    FAQトップ
    Q57. 【特小】中継器(リピーター)って何ですか?
    A57. 受信した電波を文字通り「中継」し、より遠くまで通信距離を伸ばしたり、通話できないエリアを解消したりするための機器です。  

    中継通信では、見た目では分かりませんが送信用と受信用に2つの専用チャンネルを別に使って通信しているため、無線機はこれができる「中継器対応」機能のついたモデルをお選び頂く必要があります。

    さらに連結中継や同時通話中継などは、それらの機能に対応した無線機でシステムを構築する必要が有ります。中継器を介した通話は、電波が届く範囲に居るユーザーであれば、通常の通話モードと同じように何人でも通話することができます。
    FAQトップ
    Q58. 【特小】同時通話モードでの中継はできるんですか?
    A58. できます。

    DJ-R100Dを2台、接続ケーブル(ADUA78)で接続して1台の同時通話中継器を作ることで対応が可能です。R100DやR20Dの説明書にある「モード6:複信中継器モード」をご参照ください。ケーブルは任意の長さに自作することもできます。資料はこちらに掲載しています。(pdf:60kb)
    FAQトップ
    Q59. 【特小】中継器を複数組み合わせて、もっと遠くと話したいのですが?
    A59. DJ-R100Dの連結中継モードを使えば多段中継が可能になります。

    ただ、この場合は中継用の送受信周波数の組み合わせに制限が出てくるため、両端に居る2者の間の通話距離を伸ばすことが一義的な目的となり、間に居る別のユーザーからのアクセスには上手く対応できない場合が有ります。これを解消するのがUシステムです。
    FAQトップ
    Q60. 【特小】中継器を付けたら通信ができるようになるかどうか、調べる方法は有りますか?
    A60. 無線機が3台あれば、目安になる範囲を調べる方法が有ります。

    Cさんが中継器役となり、広げたいエリアの中心やエリア全体が広く見渡せる場所でなるべく高い障害物の少ない場所や、通話ができないスポットが見通せる場所に立ちます。壁に設置する屋内タイプをお考えなら、無線機を設置予定場所に当てて見るのも良いでしょう。AさんとBさんは、広げたい通話エリアの両端から場所を変えながら、Cさんと通話ができるか試してみてください。「AさんとCさん、BさんとCさんの間は通話できるが、AさんとBさんは直接通話できないエリア」が、中継器を導入したときに増える通話エリアの目安です。結果が思わしくなければCさんにも動いてもらってもっと良いスポットを探すこと、CさんはA/Bさんの信号を受信するときはなるべく無線機を頭の上に掲げ持つこと(人体の影響を少なくする)など工夫してみてください。
    FAQトップ
    Q61. 【特小】従来のアナログ方式の特定小電力無線機とDJ-P30Dは通話する事ができますか?P30DはP35Dと通話できるの?
    A61. DJ-P30Dは従来機とは通話できません。特定小電力無線に割り当てられた全ての音声チャンネル(20ch)と中継用チャンネル(27ch)でお使い頂けるP30Dですが、デジタル音声通信専用機です。既存のアナログシステムと混用される場合はDJ-P35Dをお勧めします。もちろんDJ-P35DのデジタルモードはDJ-P30Dと互換性があり、セキュリティコードを合わせれば問題なく通話できます。
    FAQトップ
    Q62. 【特小】デジタルモードや同時通話モードの通話可能エリアはアナログ交互通話に比べて狭く感じます。なぜ?
    A62. デジタルについて:
    弊社のデジタルシステムの場合、デジタルもアナログも、「音の元」になる信号を運ぶ搬送波は同じものです。従って電波自体の到達距離はアナログもデジタルも変わりません。ただ、電波が弱い状態では、デジタル通信の場合、データに置き換えられた音声情報が途切れ途切れになり、受信機側で正しく音声に組み立て直すことができにくくなります。アナログでも似たような信号切れは起こりますが、「りょうXい、XXうかい」を「あ、了解か」という風に、人間の頭脳という素晴らしいコンピューターでエラー補正ができるアナログ通信と異なり、デジタルではこのような場合音が崩れるか、復調できなくなるため体感的には通信距離が短く感じられることが有ります。

    同時通話について:
    同時通話は送信・受信それぞれに別の専用電波を使い、グループコードで使うCTCSSトーンと呼ばれる耳に聞こえるか聞こえないか、というような低周波を送信電波に乗せて、受信側がそれを判読できている間は両者で通話が成立します。しかし電波伝搬に障害(電波が弱い、強い雑音で妨害を受けるなど)があってトーンを判別できないとすぐ通話が切れてしまいます。電波が飛ぶ距離は同じでも、このように電波を判別して同時送受信を制御する都合上、同時通話のほうが条件の悪いときに「通話が切れる」ため電波が飛びにくいと感じるわけです。

    これが頻繁に起こる場合、通話が切れても呼び出し手順を繰り返す必要の無い「強制同時通話モード」にすると使いやすくなります。(DJ-R20Dの強制通話モードはこちらをご覧ください/pdf 28kb)

    いずれの場合もアナログ交互通話機で同等サイズのアンテナを持つ機種との比較で、同時通話やデジタルモードは条件によって20~50%程度カバーエリアが狭くなります。通話エリアを広げるには中継器をお使いください。
    FAQトップ
    Q63. 【特小】DJ-P30D/P-35Dで、時々送信できなくなり"ピピピ"と音が鳴ります。誰も使っていないチャンネルなのにどうして?
    A63. 特定小電力無線では、限られたチャンネルをできるだけ多くのユーザーが分け合って使えるように、3分以上長話をすると強制的に無線機が通話を終了させるとか、使用中のチャンネルの上から割り込んで送信することができなくなる機能を設けるよう技術基準で義務づけられています。デジタルモードにしているとアナログの信号を聞くことができませんから誰も使っていない空きチャンネルだと思っても、実は別の人がアナログモードでそのチャンネルを使っていた、というような場合ピピピ音がして送信できなくなります。アナログの機種でもグループモードを設定していると似たようなケースが起こります。しばしばこれが起こるようならご近所でそのチャンネルをすでにお使いになっているのかも知れません。チャンネルを変えて通話できるか試してみてください。
    FAQトップ
    Q64. 【特小】DJ-P30D/P-35Dもリピーター対応と有りますが、既存のアナログリピーターで使えるんですか?
    A64. 残念ながらアナログ中継器はお使い頂けません。

    デジタルデータを含んだ信号を中継するために専用の中継器DJ-P30Rが必要になります。逆にDJ-P30Rではアナログの中継をする事はできません。
    FAQトップ
    Q65. 【特小】デジタル特定小電力トランシーバーの電波形式は何ですか?
    A65. 音声圧縮型GMSK変調を採用しており、弊社のアマチュア無線機用に開発したデジタル音声モードに近似のものです。電波型式はF1Eとなります。
    FAQトップ
    Q66. 【特小】デジタル音声対応アマチュア無線機でDJ-P30D/P-35Dの信号は受信できますか?
    A66. できません。

    弊社の一部のアマチュア無線機では受信専用周波数でアナログの特定小電力無線を受信できますが、例えその無線機にアマチュア無線用のデジタルモデムを搭載していても、システムが異なるので特小モデルのデジタル信号を音声として復調させることはできません。又、例え同じシステムであったとしてもDJP-30D/P35Dの信号は50万通りの組み合わせのあるコードが合致しないと音声として復調できませんから、人に聞かれる心配は事実上有りません。
    FAQトップ
    Q67. 【特小】DJ-P21のパーソナルモード(個別呼び出しモード)の設定方法が分かりません。
    A67. DJ-P21 には、自分を含む 4 人までのグループ内で、一斉に自分を除く3人に呼びかけるほか、特定の相手だけをワンタッチで呼び出せる「パーソナルモード」機能が搭載されています。この機能を利用すれば、例えばご家庭ではお部屋を結ぶ無線インターフォン、お出かけの時は便利な無線機と使い分けることが出来たり、ビジネスシーンでも特定のオペレーターを呼び出せる大変便利なツールとしてお使い頂けたり、お役に立つ機能と存じます。本書はこの機能をお使いになる前に、呼び出しボタンに通話相手の DJ-P21 をお互いに登録しあう手順と、通話をする際の手順について、附属の取り扱い説明書に基づきながら、ここに改めてご説明申し上げます。お手元に、附属の説明書をご用意下さい。

    ステップ1 : 通信相手の DJ-P21 を自分の DJ-P21 に登録する。
    説明書では、お分かりに成り易いように子供とお父さんの絵を使っています。説明書にも子供と父の顔の絵が随所に見られますが、これは2台の DJ-P21 、子供のもの( A 機)と父のもの( B 機)を表しています。手順中、この絵が変わるときは DJ-P21 も絵に該当するもの( A,B )に換えて下さい。

    では、実際に登録を始めましょう。まず子供(以下 A 機)と父(以下 B 機)を、説明書 P. 53 初期化の登録消去を参考にリセットします。電源 OFF 状態で、 F ボタンとダイヤルを押しながら電源を ON にすると、表示に小さなバーが現れます。 F ボタンとダイヤルから手を離すと「ピッポピ」音がして「 t 」「1」が表示され、初期状態になります。一旦電源を切って( OFF )下さい。

    次に P.33 「使用前の準備」をご覧下さい。(1)の「パーソナルモードに切り替える」の手順通りに操作されればすぐ「ピッポピ」音に続き「 P 」「1」表示が現れ、パーソナルモードの設定メニューに入れます。ここでは A,B 両機に同じ操作をして頂けば、 CH1 にお互いを登録しあうことが出来ます。試しにやってみようということでしたらここで敢えて CH を合わせる必要は有りません。電源は ON のままです。

    次は P. 34に沿って CH1 にパーソナルモードでの通話が出来るよう A,B 機を設定します。まず A 機の PTT キー(左横のグレーのゴムボタン)を一度押し、すぐ離して下さい 。 B 機が「ピピピピピ」と鳴り、続いて A 機も「ピピピ」と鳴ります。

    このとき A 機は点(ドット)が出たあと1が表示されます。 B 機は異なった数字が順に表示されています。この B 機の1ボタン(縦3つに並ぶボタンの一番上)を押して下さい 。「ピー」音が鳴り、「1」が表示され、数秒後に消えます。このとき A 機側でも1が表示され、すぐに消えます。 5 秒ほど放置します 。 今度は B 機側から同じように PTT を押し、 A 機側で数字が変わって行く間に1ボタンを押します 。これで設定は終了です。キー操作が遅いと設定出来ません。その時は下線部分だけ読みながらやり直して下さい。

    ステップ2 : パーソナルモードで通信する
    P.35 をご覧下さい。パーソナルモードでは「通話を始める前に呼び出し音で特定の相手を呼び出す」と「直接特定の相手に話し掛ける」の 2 つの方法で通話を始めることが出来ます。 A 機が B 機を呼び出す例をご説明します。

    ・通話を始める前に、電話のような「ピロピロピロ、ピロピロピロ」音で相手を呼び、それに相手が応答し通話を始める、「呼び出し」>「応答」モードの使い方

    1: A 機の1ボタンを押し、すぐに離す。「ピピピ」音が鳴り「1」が表示され、消える。これで「1」の相手を呼び出している事が分かります。

    2: A 機のピピピが鳴り止むと同時に B 機の「ピロピロピロ、ピロピロピロ」が鳴り始め、同時に「1」表示が点滅を始めます。これで「1」に呼ばれたことが分かります。

    B 機が A 機に応答し、その後 A=B 間で通話を始めるにはお互いに「1」ボタンを PTT ボタンのようにして話して下さい(1ボタンを押して送信、離して受信)。会話が切れ、5秒以上経つと又、呼び出し音が鳴らせる初期状態に戻ります。逆に通話が続いている間はいちいち呼び出し音は鳴りません。

    ・いきなり音声で相手に呼びかけ、そのまま通話を始める

    A 機の1ボタンを押し続けます。 2 秒程度経つと「ピピ」音がし、「1」表示が現れます。「1」が現れたら話して下さい。それ以前に話し掛けても B 機側で受信の準備が整って居ない為、話の頭が途切れて受信されますのでご注意下さい。 B 機側では「1」が点滅し、自動的に受信が開始されスピーカーから音が出るので呼び出されたことが分かります。 B 機が A 機に応答し、その後 A=B 間で通話を始めるにはお互いに「1」ボタンを PTT ボタンのようにして話して下さい(1ボタンを押して送信、離して受信)。この状態では送受信は遅延無く切り替わりますが、会話が切れ5秒以上経つと又、初期状態に戻りますので 、新たに「ピピ」音が鳴るまで話し掛けないで下さい。

    基本は以上です。従来の特定小電力無線機のスタイルになれていると、つい PTT キーを押してしまい勝ちですが、 PTT を押すと誰彼かまわず呼び出す通信モードになります。 P.37 の全員呼び出しの説明をお読み下さい。ここでも PTT を一度押して離すとピロピロピロで呼び出す「呼び出しモード」と、いきなり通話を始める PTT 押しつづけのモードの二つが選べます。

    ステップ3 : 複数の相手を登録し、通話する
    ここでは C 機、 D 機にも A 機、 B 機を登録しあい、3- 4 台でパーソナルモードをご使用頂く方法をご説明します。P.36 をご覧下さい。設定はステップ1の繰り返しです。登録するボタンを「1」「2」「3」と置き換えるだけです。「あれ、ボタンが3つなのにどうして4人で使えるの?」とお考えでしょうが、実は4人目は自分、自分を呼び出す必要は無いのです。従って、自分のボタンに登録するのは残りの3人の DJ-P21 だけです。

    このため、3-4人のグループの DJ-P21 を設定するときは、 P.32 のフェイスシートの活用をご覧の上、それぞれの DJ - P21 に例えば:

    太郎の P21 ( A 機) :  1=パパ (B)  2=ママ (C)  3=花子 (D)
    パパの P21 ( B 機) :  1=太郎 (A)  2=ママ (C)  3=花子 (D)
    ママの P21 ( C 機) : 1=太郎 (A)  2=パパ (B)  3=花子 (D)
    花子の P21 ( D 機) :  1=太郎 (A)  2=ママ (C)  3=パパ (B)

    というように名前や部署名などを記入してから登録して行けば混乱は少なくなるでしょう。

    * A 機の PTT キー(左横のグレーのゴムボタン)を一旦押し、すぐ離して下さい。
    * B 機、 C 機、 D 機それぞれの1ボタン(縦3つに並ぶボタンの一番上)を押して下さい。
    * 5 秒ほど放置します。
    *今度は B 機、 C 機、 D 機側から1台づつ、 PTT を押し、 A 機側で数字が変わって行く間に1ボタンを押す動作を繰り返します。これを B,C,D 機についても上記のリストのようなボタン割り当てになるよう繰り返し行って下さい。

    通話も基本は A と B 間に同じです。呼び出したい相手のボタンを押すか押しつづけ、好みのモードで通話を開始します。

    もしお分かりに成り難い点が有りましたら、販売店又は弊社までお問い合わせ下さい。
    アルインコ株式会社 電子事業部
    FAQトップ
    Q68. 【特小】DJP-9、P-11、P21やX01のフェイスシートをオリジナルに変えたいんですが、パソコンの画像を直接取り込んで加工するのに便利なツールは有りませんか?
    A68. ダウンロードにワード、イラストレーター、PDF、JPEGの各形式でフェイスシートの枠のテンプレートを掲載しています。これを加工・印刷後、枠に沿って切り取ってお使い下さい。
    (注:WordはMicrosoft社、IllustratorはAdobe社の登録商標です)
    FAQトップ
    Q69. 【特小】通話中に、電池が無くなった時のように表示が急に消えたり電源が落ちる事があります。減電池表示は出ていなかったのに、なぜ?
    A69. 最近の特小無線機のトレンドは電池の本数を少なくするエコ型が主流です。単三1~2本と少ない電池電力で従来と同等以上の音声出力を取り出し、なおかつ電池を目一杯使い切るために回路設計上、いろいろな工夫をしていますが、電圧や内部の抵抗値が異なる充電池や乾電池を使えるようにすることや、この電池の数を減らす工夫から来る理由で、電池や無線機の状態によっては、減電池表示が正確に表示されない場合があります。

    ・説明書をよく読んで「使用する電池の種類を指定する」設定項目が有れば、正しい設定をしてください。設定が違うと減電池表示は不正確になります。

    ・音量ボリュームを急に上げたときに電源が落ちるようなら、減電池表示が出ていなくても電池はかなり消耗しています。場合によって音量を下げる、電源をしばらく切っておくなどすれば、電池の特性から若干電力が回復しますが長く使える状態ではありません。なるべく早いタイミングで充電をするか、新しい電池に交換する準備をしてください。

    逆に言えば、急にMAXまで音量を大きくしても電源が落ちなければ電池の残量はそこそこ残っている、と言えます。一種の「電池残量チェック方法」として覚えておくと便利です。
    FAQトップ
    Q70. 【DCR】デジ簡トランシーバーの登録について、言葉の意味や具体的な方法などがどうも良く分かりません…
    A70. 良くあるご質問と回答をまとめました。ご参考になれば幸いです。

    Q1:登録申請代行はしてもらえるの?
    A1:無線機メーカーではそのようなサービスは提供して居りません。販売店に直接お尋ねください。とはいえ、アマチュア局や簡易業務無線の免許局の申請に比べたら遙かに簡単です。自分の住所や無線機の製造番号など簡単な事と、決まり文句の定型文を書いて、印紙を貼って郵送するだけですから面倒がらずにやってみてください。説明書を含むので用紙が沢山入っていて面倒に見えますが、見た目よりずっと簡単ですからきっとご自分で出来てしまうと思います。

    Q2:包括申請って何?個別申請との違いは?
    A2:「同一申請者の名義で複数の無線機を使う」=会社で使う、町内会で使う…それが○*市役所でも、○X大学でも、△□山岳会でも同じですが、これは【包括】で登録申請します。社長様や町内会長様、クラブ会長様のような名義で登録申請をすれば、その法人や団体に所属する人たちは無線機が使えます。

    逆に「猟友会でハンティングの現場で使う、他のメンバーも自分の無線機をそれぞれ持っているから自分の”1台だけを”買って登録する」ような時だけ【個別登録】します。但し、このような個人用でも「今回はハンディだけ買ったが来年あたり車に積むのも要るかなぁ…=複数の無線機で使うかも…」ということなら、予め包括で登録しておいたほうが2台目の時の手間と手数料にメリットが出ます。「予定は未定」でも包括で申請できますから心配はありません。

    Q3:複数のデジタルトランシーバーを既に買いました。まず何をするの?【ご注意:包括申請の手順についてのご説明です。】
    A3:
    ①無線局包括登録申請書(申請書と添付書類の2枚)と封筒2枚、印紙2900円を用意します。封筒は書類を総合通信局に送るのと、自分の住所を書いて切手を貼った登録状返信用です。申請書をこちらの見本のように書いて、返信封筒と一緒にお住まいのエリアの総合通信局宛てに送ります。「無線通信部御中 DCR新設(ケースによっては変更、廃局…)」と宛名書きしておくと良いようです。

    ②ミスが無ければ2週間ほどで登録状が送られてきます。そこに書いてある番号や無線機の製造番号などを記載する「開設届」を、このリンクを参考に書いて登録状と同じ総通宛て投函してください。投函した時点で無線機がお使いになれます。

    Q4:登録状が来るのを待って居られません、使っていいでしょ?
    A4:絶対におやめください。厳しい罰則が付く違反になります。デジ簡無線の信号には背番号のようなCSM=コールサインメモリー符号が乗っており、その局が正しく登録されているかどうか、判別できるようになっていますから言い逃れはできません。

    Q5:費用は?
    A5:
    ・イニシャルコスト
    *登録申請時の印紙代が個別で2300円、包括で2900円
    *切手代
    ・ランニングコスト
    *年間の電波利用は個別と包括でわずかに変わりますが、500~600円程度です。電波利用料は数年おきに見直されますので、最新の額は総務省HPでご確認ください。登録状の住所に、請求書に当たる「納入告知書」が送られてきます。支払い方法は複数有り、法人でも個人でも払いやすいように考慮されています。
    *登録状は5年で失効します。更新時は改めて個別1450円、包括1850円の印紙代が掛かります。
    総務省の電子申請システムを使うと申請や再申請費用は全て数百円の単位でお安く上がりますが、その使い方や申請の手順などでご不明な点は総務省に直接お尋ねください。無線機メーカーには電波行政書類の書き方指導をする権限はありません。なお、この印紙代も改定されることがあります。最新の情報は総務省のHPや問い合わせ窓口でお確かめください。

    Q6:結婚して名前や住所が変わった、無線機を売って使わなくなった、人に貸したい…こんな届け出はどうすれば良いの?
    A6:登録局申請に関して、総務省総合通信局のサイトに各種申請書のサンプルや書き方見本もあり、これらを使うと便利です。各地の総合通信局に同様のページがありますが、例として関東総通のものをこここにリンクします。
    FAQトップ
    Q71. 【DCR】DJ-DP10は1Wの無線機なのに、登録申請の「周波数および空中線電力」の項目に5Wと書くのはなぜですか?
    A71. DP-10はDCR 3Rカテゴリーのデジタル簡易無線機です、というのを申告するためです。この欄は「351.2MHz~351.38125MHzまでの6.25kHz間隔の30波 5Wが許可されているDCR デジ簡3R機ですよ」と総務省に申告して頂くための項目ですから出力が「大は小を兼ねて」も良いのです。これは他の無線局免許、例えばアマチュア無線免許の申請などでも良くあることですから心配はありません。
    FAQトップ
    Q72. 【DCR】デジ簡トランシーバーのアンテナ、何が使えるの?自分が使いたいタイプが無いので自作しても良いですか?
    A72. アンテナメーカーが製造するデジタル簡易無線用のアンテナ、または無線機メーカー純正の正式採用品をお使い下さい。アマチュア無線のように自由にアンテナを作ることは出来ません。

    どのタイプ(八木、グランドプレーン…)のアンテナが良いかは、運用形態や設置場所などの条件毎に変わります。また推奨される同軸ケーブルの長さや太さ、必要な取り付け金具や使う工具のことなどもありますから、外部アンテナの設置や購入については無線機販売店かアンテナメーカーに「デジタル簡易無線のアンテナについて…」とご相談になるのが一番の早道です。また、デジタル簡易無線には登録ではなく免許が必要な「400MHz帯免許局 種別3B」があります。登録局か免許局かによってもアンテナは変わりますのでご注意ください。

    さらに、ハンディ機に付属する無線機メーカー純正品のアンテナは電気・機構的に相性があります。例えば1W用の短いアンテナを5W機で使うと発熱して使えないとか、アンテナ・コネクター・筐体全体の機構的設計上の理由から他社製品とは上手く勘合しないアンテナがあるようです。従い、無線機メーカー製標準採用のゴムアンテナは適合機種専用と考えておく方が無難です。又、同様の理由で外部アンテナを接続するのに変換コネクターをお使いの時も、勘合上の問題が無いか良くお確かめください。

    弊社製のデジタル登録局にお使い頂ける市販アンテナの型式と利得:
    DJ-DP10/DP50H/DPS50/DR-DP50M/M50
    DJ-DPS70
    DR-DPM60
    FAQトップ
    Q73. 【DCR】デジ簡易登録局を中古で手に入れて登録申請したら「その無線機は既に登録されているから申請を受理できません」と却下されました。どうしたら良いのですか?使わなくなったデジ簡易無線機、中古で売りに出しても良いの?
    A73. 前のオーナーが「登録局の廃局届け」を出していないとこのようなことが起こります。当然ですが、第三者が勝手にその番号の廃局届けを出しても受理されませんし、メーカーも販売店も公的手続きに介入できることは一切ありません。中古の登録局をお求めの際は、確実に前オーナーが該当無線機の廃局届けを出しているか、必ず確認してください。

    逆に、使わなくなったデジ簡登録局無線機を中古として販売される方は必ず「登録局の廃局届け」手続きをしてください。これをしないと、無線機を使っていなくても電波使用料の納入告知書が届き、「使っていないから」と納付しないと強制執行など面倒が起きることもあります。廃局手続きは無料で、届出書の記入も手間が掛かる物ではありません。お住まいの地区を管轄する総合通信局に直接電話でお問い合わせになるか、総合通信局のホームページをご覧ください。届け出書類はすべて総合通信局HPから無償でダウンロードできます。
    FAQトップ
    Q74. 【DCR】デジ簡はレンタル可能と聞きました。貸す側、借りる側で注意することは?
    A74. ■レンタルに関するルールは「デジタル簡易 レンタル 注意事項」で検索すると総合通信局が掲載する分かりやすいQ&Aがヒットしますのでそちらをご参照ください。

    ■法律・規則上のご注意

    以下を遵守されませんと、直接・間接に電波法など法律に違反して罰せられる可能性がございます。レンタルするほうもされるほうも、十分にご注意ください。

    *無断で第三者に又貸しをすることはできません。
    レンタル届出書に記載された使用者以外のユーザーはお使いになれません。

    *以下のような行為は直接・間接に電波法に抵触します。
    ・たまたま聞こえてきたものであっても、他人の通信の内容を他に漏らしたり、それを盗用すること
    ・チャンネルを独占したり、他人の通信を意図的に妨害したりすること
    ・分解・改造をしたり、本体背面に貼り付けてある銘板ラベルや証明ラベル類を剥がして使用すること

    *上空、海外では使えません。
    このトランシーバーは日本国内の陸上(河川や湖上、桟橋などの港湾設備上を含む)と日本近海でのみ、使用が認められています。デジタル簡易無線は日本の規格で、海外で使うと現地の法で処分されます。国内では、外国人の方でもお使いになれます。

    *電子機器、携帯電話の使用に制限がある場所では、このトランシーバーも使えません。
    航空機内、空港敷地内、公共の乗り物内、病院内などでは、管理者の指示に従ってください。

    その他、無線に関する法的なご質問は、直接お住まいの場所を管轄する総務省総合通信局におたずねください。

    *運転中の使用は携帯電話に準じます。
    携帯型トランシーバーを運転中に手で持って通話すると、道路交通法違反になります。運転中に使用するときはイヤホンマイクをお使いください。
    車載型トランシーバーのマイクを持って通話するのは違反にはなりませんが、操作部分を注視していると脇見運転に相当します。

    その他、運転中の電子機器の使用に関するご質問は、直接お住まいの場所を管轄する警察署の一般相談窓口におたずねください。

    ■使用に関する重要なご注意

    *15chは待ち合わせのための「呼び出し周波数」と規則で定められており、一般の通話用ではありません。通話を続けていると別のユーザーとトラブルになる可能性がありますのでご注意ください。

    *半径10m程度の近距離で、複数のトランシーバーで同時に送信すると、異なるチャンネル設定でも妨害を与えたり受けたりして通話しにくくなることがありますが、異常ではありません。少し距離を取ってお使いください。

    *5Wで送信するとオーディオ、AV,PCやOA機器、警報機、シュレッダーのような事務機など、思わぬものに電波障害を与えることがあります。これらは無線機のせいばかりでなく、機器側に十分な電磁波対策がされていない場合にも起こります。本格的にお使いになる前に、特に重要な装置や誤動作すると危険な機器が有る場合は、予め近くで通話実験をして妨害が出ないことを確かめてください。

    *トランシーバー、充電器とも高温、多湿、直射日光の当たるところ、ほこりの多い場所は避けてお使いください。特に夏場の車内に放置するのは避けてください。

    *通信のできる距離は周囲の状況によって大きく異なります。間にビルや橋脚など鉄筋の構造物、山や丘陵等の障害物があると通信できる距離が短くなります。自動車など、移動中の通信でも通話しにくくなることがあります。

    *機能の一部は、レンタル前に業者さんがチャンネルや一部の機能をプログラミングして、使用制限していることがあります。レンタル機の機能については、弊社より先に業者さんにお尋ねください。
    FAQトップ
    Q75. 【DCR】簡易無線を海上で使って良いと聞いたのですが、詳しく教えてください。
    A75. 2014年10月末より、デジタル簡易無線の350MHz帯登録局と467MHz帯免許局の移動範囲が「全国の陸上及び日本周辺海域」に拡張されました。
    ・デジタルUHF登録局とデジタル467MHz免許局のみの適用で、同じ簡易無線でもVHFデジタル免許局や465/467MHzアナログ免許局は対象外です。
    ・地上~船舶、船舶間、船舶内、いずれの通話もOKです。
    ・既に登録や免許を受けている場合、移動範囲の変更届が必要です。こちらをご参照ください。
    全国陸上無線協会のトピックス欄、2014年11月7日付「デジタル簡易無線局の移動範囲の拡大のお知らせ」に、「日本近海」の地図が掲載されています。
    ・上空制限については、従来通り1Wの3Sデジタル簡易無線以外、運用はできません。
    FAQトップ
    Q76. 【受信機】どんな受信機なんですか?ラジオと何が違うの?
    A76. 一般に広帯域受信機(ワイドバンドレシーバー、スキャナー)と呼ばれるものはトランジスタラジオの親分、とお考えください。普通のラジオのチャンネル以外に業務無線、消防無線や救急関連の通信、タクシーやバス、行政・防災無線、アマチュア無線、コードレス電話、盗聴器のような違法無線、コードレスマイク、航空や鉄道無線など、デジタル化が始まり受信できないジャンルやエリアが増えつつあるとはいえ実に多岐に渡る電波がまだまだ受信できるため、今般は防災ラジオや簡易盗聴器からプライバシーを守るツールとしてニーズが高まっています。但し、広帯域トランシーバーは多くの電波を拾える分、特定の帯域だけをカバーする専用ラジオ等に感度や選択度と行った基本性能の部分で負けることがあります。例えば短波放送が興味の中心であれば家電メーカー製の短波ラジオがベスト、です。「何をメインに聞きたいか」によって機種を選択するのが賢いラジオ選びのコツ、といえましょう。
    FAQトップ
    Q77. 【受信機】ワイドバンドレシーバーを使うのに免許は必要なのですか?注意する点は?
    A77. 無線通信を日本国内で受信するのに、特別な免許は必要有りません。

    ただ、電波法第59条に「特定の相手方に対して行われる無線通信を傍受して、その存在もしくは内容を漏らし、又これを窃用してはならない」と定められていますので、受信した内容や個人情報を悪用したり、みだりに他人に通信の内容を話したりすると罰せられる可能性が有りますのでご注意下さい。

    海外の場合、例えばアメリカでは同じような内容が「プライバシー保護法」によって規定されており、誰でも通信を聞くことは出来ますが個人的な通信、例えば電話を受信するなどして知り得た情報を悪用したり、アナログといえども秘話を掛けた通信を解読して聞いたりすると電波管理とは別の法に触れる可能性が有りますし、広帯域受信機を含む無線機の持ち込みが、銃器並に非常に厳しく管理されている国や地域も有りますので、充分にご注意下さい。

    日本国内でも場所により無線機や受信機の持ち込みを制限している場所(イベント会場、テーマパーク、官公庁・公共施設等)があり、これらの場所で注意を受けたら速やかに受信を中止して指示に従ってください。さらに、場所柄をわきまえず受信をしていると何かと誤解されやすく、通行人から警察に通報されたり、職務質問を受けたり、トラブルの元になりかねません。特に盛り場、遊技場の近く、ホテル街、女性専用マンションや女子寮周辺などは特に盗聴の誤解を受けやすい場所ですので注意が必要です。

    最も大切なマナーは、屋外での受信には必ずイヤホンを使うこと、です。例えば空港で、航空無線をイヤホン無しで聴く方が目に付きますが、飛行機に興味のない大部分の方には迷惑でしかありません。電車の中でポータブルステレオをイヤホン無しで聴くことと同じですから、絶対にお止めください。
    FAQトップ
    Q78. 【受信機】放送以外に何も聞こえませんが故障でしょうか?
    A78. FMやAM放送の音声がはっきり聞こえていれば、故障の可能性はとても低いものです。

    いくら高価な道具を揃えていても、季節や仕掛けを選んだり釣場の情報(とそれを理解するための、最低限の専門用語の知識)を入手しておかないと目的の獲物が釣れない魚釣りと同じで、通信の受信はちょっとしたコツを理解したり知識を持っていないと何も聞こえず不安になることがあります。

    通信は放送と違い、通話が必要なときにしか電波を出しませんし、なるべく広い地域で聞いてもらえるように工夫する放送の設備とは反対に、「必要な通話ができる最小限度」の設備が優先されます。また、電波伝搬上の理由で、例えば航空無線であればどこでも聞こえるのは飛行中の飛行機が使うチャンネルだけで、管制の信号を聞くためには空港の近くに行く必要があり、なおかつフライトのある時間帯に限られます。短波や中波では時間や季節で通信距離が変わります(AM放送で夜になると遠くの局が聞こえることはご経験があると思います)。盗聴電波にしても、どこでも無線機のスイッチを入れたら受信ができると勘違いされる方が居られますが、実際はなかなか聞けるものではありません。携帯電話や警察無線のすべて、消防救急無線もごく一部の例外を除いてデジタル化され、市販の無線機では、どんな高級なものでも一切聞くことが出来ません。

    「ラジオ放送は聴けるが通信は何も聞こえない。本当に故障していないのかな?」と気になる方は、以下をお試しください。
    *リセットをかける。このとき、必ず説明書を読んでメモリー保護機能が有効になっていることを確認するか、パートリセットを選ぶ(保護が外れていたり、オールリセットをかけたりするとメモリーチャンネルが全て消去され、自分では復元できなくなります)
    *131.250または131.450MHzに周波数を合わせる。AMモードになることを確認する。
    *ボリュームレベルを適切に調整する。
    *AM10時頃からPM8時頃までの飛行機が多く飛ぶ時間帯に屋外に出て、MONIキーを押してザーというノイズ音を出しっぱなしにする。このとき、「ピギャ、ピ~ギャギャ」と断続的に短いバースト音が聞こえたら無線機とアンテナは正常です。このピギャピギャ音は飛行中の民間航空機が落とす位置情報などを含んだ航空無線のデータ信号で、飛行機が飛んでいる時間なら数百キロ離れた信号でも受信できるため全国どこでも受信し易く、頻繁に信号が出ていることから無線機に異常がないかどうかをチェックする格好の目安になります。

    通信の受信には情報の収集が大切です。インターネットで「盗聴や航空などジャンル名、周波数」のようなキーワードを含めた検索を行えば、たくさんの情報を得られます。弊社のレシーバーにはチャンネルが変わる幅(チャンネルステップ)や電波形式は標準的なものを書き込んでは有りますが、場合によっては目的の周波数に合わせて手動で切り替える必要があります。周波数・ステップ・モードが合わないと正しい待ち受け(電波が出てくるのを待つ)受信は出来ません。

    ハード面の改善では、「アンテナ」の一言に尽きます。標準アクセサリーのゴムアンテナや内蔵アンテナは、なるべくいろいろなバンドを聞こえ易くするために工夫がしてありますが、通信量の少ない地方や都会のビルの谷間にお住まいなど、電波が捉えにくい場合は、屋外に立てた外部アンテナを接続するだけで大きな効果があります。高性能なホイップアンテナに代えても効果がない、とおっしゃる方がおられますが、いくら良いアンテナでも室内で使っては思うほど改善はしません。クリップ式のアンテナマウント(アンテナメーカーから各種発売されています)にそのアンテナを取り付けて、窓枠に挟んで外に出すだけでも効果が感じられると思います。さらに受信範囲を広げるには、ディスコーンやGPと呼ばれる屋外設置型の広帯域受信用アンテナを使うことです。アンテナ専業メーカーからバラエティ豊かに発売されておりますので、販売店にご相談下さい。
    FAQトップ
    Q79. 【受信機】今般の無線や放送のデジタル移行、アルインコのレシーバーにも影響はあるの?聞こえるアナログ無線はありますか?
    A79. 2011年7月からのデジタルTVへの移行が終了したため、レシーバーに搭載されていたアナログTVチャンネルのプリセットモードは機能しなくなりました。ラジオ放送に関してはアナログ波がまだ主流で、VHF帯のAMラジオ補完FM放送もワイドバンドレシーバー全機種で受信できます。またDJ-X81ではワンセグの地デジTV音声放送が受信できます。
    業務無線に関しては、すでに消防救急がUHF署活系を除きすべてデジタル化したほか、防災、鉄道、タクシー等乗り物等、通信のデジタル化は今後どんどん加速します。高度な秘話通話ができるデジタル通信では、例え同じ周波数や変調方式を受信できるレシーバーを作っても、ユーザーが設定する秘話や通話コードが合わないと声を聞くことはできませんし、乗り物無線などカーナビのような情報もデータ通信するような、従来の単純な音声通信とは方式が異なるものもあります。
    確かにユーティリティ受信ができる分野は減少していますが、人気の航空無線や国際VHFマリン(船舶)、特定小電力やアナログワイヤレスマイクなど、まだまだ活用されているアナログ無線は身近に残っています。
    FAQトップ
    Q80. 【受信機】盗聴器発見機能って何ですか?
    A80. 人のプライバシーを侵害し、情報を盗む手段には立ち話を盗み聞きするような原始的なものから、電波を使うもの、PCの無線LANのハッキング、画像盗撮などさまざまな方法が有り、社会問題化しています。弊社のワイドバンドレシーバーはこれらの中でもポピュラーな、アナログ音声の電波を使う盗聴器の発見に使用することができます。

    意図的に盗聴器として作られたものの他、介護用のケアモニター、ベビーモニター等の周波数も音を電波で飛ばす関係上、時に盗聴者が悪意を持って受信する対象となりえますが、弊社製品にはすでにこれらの機器で使われている代表的な周波数をメモリーさせてあり、弊社特許の各種機能を使って初歩的な盗聴器発見や、自分が意識していない電波を通じたプライバシーの漏洩がないかどうかのチェックを容易に行う事ができます。またDJ-X2000やX11にはさらに高度な、電界強度計や瞬間同調といった機能も搭載され、プロの盗聴器発見業者にも多数お使いいただいています。 

    但し、これらの機能は無線機・周辺機器の高度な使い方や、電波一般に関する知識等のノウハウと合わせて初めて一層高精度な探知が可能になるのであって、電波の知識が全くない方が高価なハイエンド機を買ったからといってプロのような精度での盗聴器発見はできません。

    インターネット上にこれらセキュリティに関する情報はたくさん有りますから、ご不明な点などは「盗聴」「電波」などをキーワードに検索してください。尚、市販されている盗聴器となりうる無線機器の多くは非合法な規格のものですから、それらを仕掛けることは違法です。

    弊社は盗聴器メーカーではありません。盗聴という行為自体に対するお問い合せへのサポートも一切行っておりません。盗聴器を発見できなかったことに対する補償もありません。情報漏えいの疑いを強くお持ちの方は探偵社など専門家にご相談されることをお勧めします。
    FAQトップ
    Q81. 【受信機】 DJ-X3/X8/X11/X81で、充電台に入れても充電が始まらなくなりました、電源ボタンが効かず起動しません、液晶画面やバックライトが点滅します、充電タイマーが正しく動かなくなりました…故障ですか?
    A81. ご購入後初めての充電時や、電池が減って自然に液晶画面が消えていた後に上記の異常が生じた時は、内蔵マイクロコンピュータの誤動作の可能性がございますので、以下の操作で再起動を行ってください。

    【操作】
    1:充電池を受信機から取り外します。充電用ACアダプターも外し、全ての電源供給を止めます。
    2:内部の部品に溜まった電気を放電させるため、そのまま30秒以上お待ちください。
    3:充電池は外したまま、ACアダプターのプラグを受信機側面のDC端子に接続して通電します。
    4:電源がそのまま入らないときは電源ボタンを押して起動させてから、一旦電源を切ります。
    ACアダプターを接続したまま充電池を装着し、正しく充電動作が始まることをご確認ください。(充電が始まらない場合は、充電や充電時間に関する設定項目がないか、説明書でご確認ください。)

    この再起動をしても異常が改善しない場合は、サービスセンターにご相談ください。

    【参考】
    ・ 減電状態の時にソフト上の処理で強制終了をさせず、少しでも長く受信できるように設計したため、電池電圧が必要値よりも下がった時にマイコンがフリーズした状態で停止するリスクが増えたことに起因する現象です。従い、減電池表示が出たらタイムリーに充電したり電池交換したりすれば起こることはありません。
    ・ アダプターでなく、満充電したバッテリーパックや新品の電池でも再起動させることができます。屋外で受信されるときは、スペアの新品乾電池を持っておくと安心です。
    ・ マイコンの誤動作自体は故障の原因になりませんが、周波数メモリーデータが消える原因になることがございますので、電源ボタンが効かない時や電池が切れた時は、速やかに上記の操作をしてください。
    ・ ご使用にならない時は、常に電池を取り出して保管することをお勧めします。入れたまま保存すると待機電流や自然放電で電池の持ちが短くなるほか、電池性能の劣化や液漏れの原因となります。
    FAQトップ
    Q82. 【受信機】ワイドバンドレシーバーのメモリー周波数を編集するのが大変です。何とかなりませんか?
    A82. DJ-X3Sを除く現行機種の全ての受信機は専用ソフトを使ってパソコン上でメモリーデータや機能の設定が行え、それらを保存・書き換えすることができます。これらのユティリティソフトは無償で弊社ウエブサイトのダウンロード・ページより配布しておりますので詳細はそちらをご覧ください。パソコンとの接続にはオプションの専用接続ケーブルERW-4C(シリアルポート用・生産は終了しています)、ERW-7又はERW-8((税別)4,500円・USBポート)が必要になります。お持ちの機種や用途に合わせてお選びください。
    FAQトップ
    Q83. 【受信機】メモリー周波数を誤って消してしまいました。どうしたら復元できますか?メモリーに書いてあるデータや周波数帳のデータは貰えるの?標準仕様のデータをエアバンドや鉄道仕様に書き換えてもらえますか?
    A83. 弊社の全てのレシーバーはメモリーデータを含む全ての設定をリセットできる機能を搭載しています。これは上級者が意図的に行う操作で、一般では行う必要はありません。通常は「パートリセット」や「システムリセット」と説明している方法で動作関連の初期化のみを行うようにしてください。又、上書き禁止機能(ライトプロテクト)が外れていてもメモリーが消去される場合がありますので、リセットを行う際は説明書を良く読んでから行ってください。

    もし誤ってメモリーを消したり、異なる仕様に書き換えを希望される場合、データ書き込み作業自体は無料で行っています。ただ、往復の送料実費はご負担頂いておりますのでご了承ください。

    お送り頂くものは無線機本体(電池やアンテナを含む一切のアクセサリーは不要)、返送先のご住所・お名前・電話番号、「メモリーの再書き込み希望」を明記したメモです。「エアバンドスペシャル」「鉄道スペシャル」など、特殊なデータが書かれていた物や、他のデータに書き換えをご希望の際はその旨必ずご明記ください。ご指定が無いものは、標準出荷仕様のデータを上書きします。また、運賃を宅配ドライバーにお支払い頂く着払いでご返送しますので、ご都合の良い時間などご希望が有ればそれも合わせてご記入ください。

    本サービスはあくまでメモリーの書き込み作業と受信動作確認だけで、測定器を通した点検や調整などは一切行いません。点検も合わせてご希望の場合はこのFAQの修理の項目をご参照のうえ、一般の修理サービスをご利用頂き、その際に「メモリーデータも書き直して下さい」とご依頼ください。書き込みはもちろん基本修理技術料に含まれていますので、追加料金はかかりません。

    【送り先】
    〒541-0043 大阪府大阪市中央区高麗橋4-4-9 淀屋橋ダイビル 13F
    アルインコ(株)電子大阪営業所 メモリー書き込み係 宛
    TEL:06-7636-2361 

    ※こちらに必要事項をまとめたご依頼書がございます。プリントしてご利用ください。
    メモリー上書きご依頼書

    尚、弊社が無償配布するメモリー編集ソフト(Clone Utility)と有償のオプションケーブル(機種によりERW-7またはERW-8)をお使いになれば、メモリーデータを自分でパソコンから転送して書き込むこともできます。オリジナルデータはユティリティソフトを解凍して出来るフォルダの中にある、ax8のような拡張子の付いたファイルです。もし見つからない場合はお問い合わせフォームから機種を明記の上ご請求ください。無償で、返信メールに添付してお送りします。尚、エアバンドスペシャルや鉄道スペシャルなど、一般仕様ではないデータや周波数帳のPDFコピーがご入り用の際は、お使いの受信機の製造番号(S/N M******のような番号)をご請求の際にお書き添えください。
    FAQトップ
    Q84. 【受信機】エアバンドスペシャルや鉄道スペシャルと一般仕様はどうちがうの?DJ-X11のAGC改造について教えてください。
    A84. 弊社の広帯域受信機には標準仕様のほかに、メモリーデータをカスタマイズしたスペシャル版がございます。DJ-X11を除き、銘板も含めてハード的な仕様や付属品は全く同じで、メモリーチャンネルの書き込み内容が航空や鉄道関連専用になっていて、周波数帳も専用のものが付属します。特にエアバンドスペシャルは自分でカスタマイズできるチャンネルがほとんど無いほどプログラム済みなので、部分的にカスタマイズしたいときは不要なチャンネルを消す作業が必要になります。メモリーの内容ですが、エアバンド仕様は日本国内の民間、軍用空港の管制周波数、ACC,カンパニー、地上業務他、をバンクで区切っています。鉄道仕様では北海道から九州を地域分けしてバンクに区切り、JR,私鉄、ロープウエー、ケーブルカー、モノレール、リフトなどの乗り物周波数を書き込んでいます。メモリーネームができるものは周波数の代わりにネームも書いてわかりやすくしています。いずれの仕様も価格は同じですが、航空や鉄道スペシャルをお求めの際は販売店に「**仕様をお願いします」と明確にわかるようご注文ください。

    DJ-X11は他とは異なります。エアバンドバージョン、DJ-X11Aは本体背面の銀色銘板の機種名にDJ-X11Aと印字があります。AM音声受信時、音量を信号の強弱にかかわらず同程度に平均化するAGC(オートゲインコントロール)を実装している点が標準仕様と異なります。ACARSの2バンド受信時のデコード率が3割程度落ちるので、ACARSファンは標準仕様をお求めください。なお、DJ-X11Aに一般仕様や鉄道スペシャルのメモリーを書き込んで出荷することも可能です。ご購入前に、販売店にご相談ください。

    【ご注意】DJ-X11には、メモリーのみエアバンド仕様になっている旧バージョンのエアバンドスペシャルがございます。ハード的にDJ-X11Aなのかどうかは、先述のように背面の銘板の機種名がDJ-X11Aと、「A付き」であることをご確認ください。

    なお、保証期間の有無にかかわらず有償になりますが、DJ-X11にAGC機能を追加する改造サービスもご提供しております。販売店に「AGC機能追加」とご依頼いただくか、弊社大阪サービスセンターを直接ご利用ください。本サービスは修理点検を目的とするものではありません。部品の追加後、既定の受信と動作の確認だけをしてお返ししています。

    [弊社SCのご利用方法]
    *価格:部品代込技術料3,000円、代引き手数料と運賃込み返送手数料1,200円+税=4,536円
    *お支払:代引きのみとなります。他の決済方法をご希望でしたら無線機販売店にご相談ください。
    *ご依頼方法:返却先ご住所、お名前、昼間に連絡が取れる電話番号、「DJ-X11のAGC改造」を記載したメモ書きを添えて、以下の宛先に運賃元払いでお送りください。なお、復路の配達時間や曜日についてご希望があれば、合わせてお書き添えください。

    *梱包について:
    1:電池、アンテナなど付属品は一切送らないでください。
    2:メモ書きを入れず、送り状の備考欄だけに「AGC改造」と書かれると、読めなかったり修理品と間違って受付されるなどトラブルのもとになりますので、必ず別途メモ書きを入れてください。
    3:新聞紙でもよいので必ず梱包材を使って本体を保護してください。輸送中の振動や落下が原因の故障は保証に関係なく有償修理になります。到着時に異常が見つかったらご連絡を差し上げたうえで一般修理に切り替えます。
    4:梱包材にメモが紛れないよう、できればメモをゴムバンドで本体に巻く、ナイロン袋に一緒に入れて梱包するなど、わかりやすくなるようご配慮ください。


    【送り先】
    〒541-0043 大阪府大阪市中央区高麗橋4-4-9 淀屋橋ダイビル 13F
    アルインコ(株)電子サービスセンター
    TEL:06-7636-2361 
    送り状備考欄に「DJ-X11 AGC追加」と記載してください。

    ※こちらに必要事項をまとめたご依頼書がございます。プリントしてご利用ください。
    X11のAGC機能追加依頼書
    FAQトップ
    Q85. 【受信機】アルインコの受信機はACARSやAISなどデータ通信の受信にも使えるの?
    A85. * KG-VDLは現在配布を終了されていますが、参考のため掲載を続けます。
    【A-1:KG-ACARSとKG-VDLについて】
    民間航空機の運行に実際に使われているデータ通信ACARS(Automatic Communications Addressing and Reporting System)やVDL(VHF Digital Link)の信号を受信し、パソコン上に飛行状況などをプロットさせることが航空ファンに大人気です。弊社ではDJ-X2,3/3S,7,8,10,11,20/2000、及びアマチュア無線ハンディ機でワイドバンド受信ができるDJ-V5/C7/G7でACARS、DJ-X11では両方の動作を確認しています。

    弊社がACARS受信に使用したソフトは日本語のフリーウエアで初心者にも大変使いやすく、接続が非常に手軽なKG-ACARSです。このソフトを弊社無線機と組み合わせてご使用になる上で、ご注意頂きたい点は:

    *デジタルデータを受信するのでスケルチを開放(レベルゼロ)にしますから、音声(ノイズ音も含めて)が出っぱなしになります。このため電池を非常に早く消費するので外部電源のご利用を強くお勧めします。インストール環境や必要なハードウエア、無線機とパソコンの間の接続方法などはソフトの推奨に従ってください。

    *受信モードは音声の航空無線と同じAMです。検証時のセッティングではDJ-X2000やX8、X11など音質切り替えのある機種はHI側に設定すると好結果が得られました。デフォルト設定では上記の機種の131MHz帯は自動的にAM受信になりますが、別のモードに固定する設定に変更されているとピギャピギャ音は聞こえても動作しません。うまく動かないときはAMモードになっているか確認してください。バッテリーセーブは原理上スケルチオープンで無効になりますが、設定でもオフにしておくことをお勧めします。

    *DJ-C7の音声出力用2.5mmステレオジャックはマイクジャックも兼ねており、単純に3.5mmモノラルジャックのついたコードに変換プラグを付けて接続するとC7は送信してしまい、使えません。ご自分で転換コードをお作りになる場合はプラグの真ん中のリングは使わないようにして、3.5mm側の先端と2.5mm側の先端(トップ)、根本(スリーブ)はお互いにアースとなるように接続してください。弊社アクセサリーEDS-7変換プラグ(定価1260円)をお求め頂くと市販の3.5mmモノラルケーブルをそのままC7に挿すことができます。旧品番アクセサリーですが、弊社に若干在庫がございますので販売店にご注文ください。尚DJ-X7は、ERW-7に付属の変換プラグを使って直接無線機に接続できます。

    *残念ながらモービル無線機で航空無線受信が可能なDR135・120系やDR620・635系ではうまく動作しません。F1Eデジタル通信モード対応など設計上の理由から音声フィルター特性がハンディ機とは異なることが理由で、ソフトのせいではありません。ACARS受信は音声の航空無線受信と合わせて行うと一層興味深い物になります。モービル機は音声出力が大きく出来るので音声受信用、ハンディ機はコンパクトなのでパソコンの横に置いてデータ受信用、と使い分けてください。
    尚、DJ-X11の2波受信機能を使い、例えば131.25と131.45のようなトラフィックの多いチャンネルをモニターすると、同時に信号を受信することがあります。このとき受信した信号は「音が混じった」状態でパソコンにモノラル入力されますのでデコードしないことがあります。一般の地域では2波モニターの方が確実にプロット数は増えますが、東京と成田のトラフィックが両方受信できるようなACARS信号過密地域ではバッティングが増えすぎてデコード率が下がる時間帯があるかも知れません。2台の無線機で別々にRchとLchからステレオ入力された信号はサウンドカードで別処理されるので同時受信した時でもデコードします。ご注意ください。

    * KG-VDLは現在、配布を終了されていますが、参考のため掲載を続けます。
    KG-VDLは次世代の高速デジタルACARSとも言うべきVHF Digital Linkの略でVHF帯を使った航空機のデジタルデータ通信の総称です。KG-VDLではVDL Mode2のデコードを行うことが可能で、そのうちACARSフォーマットのデータを従来のプロットソフトに受け渡すことでメッセージの解析と航空機位置のプロットを可能にしています。このソフトは従来の受信機では簡単なケーブル接続だけでは使えませんが、DJ-X11の場合IQ信号モードがサポートされているため3.5mmステレオ(必ずステレオプラグをお使いください)ミニプラグ付きオーディオケーブルでPCに接続するだけでKG-ACARS/KG-HFDLの地図上に簡単にVDL信号をプロットできます。KG-VDLの説明書(readme.txt)にはDJ-X11の使い方が丁寧に書かれておりますので詳細はそちらをご参照ください。IQ信号出力時にはバッテリーセーブ、スケルチとボリュームは関係なくなるため、これらの設定を変える必要はありません。

    * KG-AISは現在、配布を終了されていますが、参考のため掲載を続けます。
    【A-2:KG-AISについて】
    Automatic Identification Systemと呼ばれる船舶のリアルタイム・プロットも、沿岸部にお住まいのユティリティリスナーの間で人気が急上昇中です。この受信に使われるソフトKG-AISでは「検波信号」という音声とは異なった信号をパソコンに入力する必要があります。DJ-X11ではこの信号をセットモードで選択することで音声信号同様にイヤホンジャックから簡単に取り出せるため、市販の3.5mmプラグが付いたオーディオケーブルでそのままパソコンに接続できます。後は航空無線のACARSと同じような感覚でレベル設定などをすれば、航行する船舶の位置や船のデータをパソコン画面で見ることができるようになります。

    *アナログMCAは遅くとも平成30年4月までに廃止されます。また、すでに900MHzデジタルMCAへの移行が促進されており、受信しにくくなっています。デジタル化したMCA無線の受信には使えません。
    【A-3:KG-MCAについて】
    DJ-X2000とX11は、850MHz帯MCA無線で特定の局にロックすると、MCAのシステムが通話チャンネルを変えても自動的に追従して受信できるソフトウエア、KG-MCAに対応しています。DJ-X2000ではERW-7, DJ-X11ではERW-8と、市販の3.5mmプラグが付いたオーディオケーブルでパソコンに接続します。ERW-7/8は周波数制御用、オーディオケーブルは音声の入力用です。詳細はソフトの説明書をご覧ください。検波信号が取り出せるDJ-X11ではMcAccessの他、JSMRのMCA無線にも対応します。

    * KG-HFDLは現在、配布を終了されていますが、参考のため掲載を続けます。
    【A-4: 短波帯で使うKG-受信ソフトについて】
    KG-FAX,KG-HFDL,KG-NAVTEXはDX-R8レシーバーで(アマチュア無線局を開局しておられればDX-SR8やSR9トランシーバーでも)楽しむことができます。両機ともERW-7を使えばKG-HFDLの周波数自動制御機能に対応します。接続は無線機のPHONE端子とPCのLINE-INジャックを3.5mmオーディオケーブルでつなぐだけです。(ERW-7も併用する場合はUSBポートと無線機のSP端子をつなぎます)

    残念ながら信号特性やチューニングの問題からDJX11やX2000のようなハンディ受信機のSSBモードでは、これらのデータ信号はまともに復調できません。

    【A-5: KG-RSについて】
    大気の状態を観測する気象観測気球にとりつけた調査機器のデジタル信号を受信、高々度の気温や気圧、湿度データを受信、パソコンにプロットするKG-RSもDJ-X11の検波信号・IQ信号両方の出力に対応して、どちらを使っても3.5mmオーディオケーブル接続だけで使えます。使われている機器が80mWと微弱な電波で放球場所や時間も制限があるため、航空機のACARS信号ほど簡単には受信できませんが、それだけに興味深いデータ通信です。

    【A-6: ソフトウエア受信に関するFAQ】
    位置データのプロッティング受信で最も大切なのは「外部アンテナを立てること」です。乗り物の移動に合わせて落ちてくる電波を連続して受信することでプロットが出来るデータ受信では、山の上や高層マンションの上層階、港が目の前といった場所にでもお住まいで無い限り、付属のホイップアンテナではまともなプロットは取れません。屋外用のアンテナを、なるべく障害物が少なくて高い場所に設置することが絶対に必要になります。

    多くお問い合せを頂くのが「KG-ソフトを使うのにERW-7/8が必要ですか?」ということです。これらのソフトを基本動作だけで使うならKG-MCAを除いてERW-7/8は不要で、電気店やホームセンターなどで安価に手に入る市販の3.5mmプラグ付きオーディオケーブルだけで事足ります。LINE-IN端子が有るパソコンでは抵抗無し、MIC端子を代用するときは抵抗有りのケーブルが基本ですが、相性もあるようですから一概には言えません。

    弊社のテスト環境では、KG-シリーズのソフトウエアはreadmeファイルをよく読んで接続と設定を正しく行えば複数のPCですんなりと動作しましたが、弊社製受信機に限らずサウンドカードとの相性などで上手く動作しない例も多数確認されているようです。申し訳ありませんが、このような相性の問題を全て検証することは不可能ですので、KG-シリーズに限らず第三者が制作されるソフトウエアの弊社製品との動作保証やサービスセンターでのステップバイステップの使い方サポートは一切致しておりませんので、予めご了承ください。(KG-ソフトウエアのページへのリンクは作者K.G氏の許可を得て掲載しています。)
    FAQトップ
    Q86. 【受信機】空線キャンセルが上手く動きません。DCSが正しく動かない事があるようです。地下鉄の長波が受信できません。盗聴発見機能でスキャンが止まりますが盗聴器は仕掛けられていないようです…なぜ?
    A86. ワイドバンド受信機は、大変広い範囲の周波数を色々なモードで快適に受信できるよう、多彩な機能を搭載しています。しかし、これらの機能は無線機の性能以外に受信する信号の強度や特徴など様々な要因から、動作しないことがあります。

    *空線キャンセラーは信号のトーン、電界強度などによって動作をしなかったり、キャンセル動作が外れやすくなったりします。アナログのJR鉄道無線は比較的キャンセル動作がさせやすく安定するので、それで動くようなら無線機自体の故障の可能性は低いと考えられます。DCSも送信に使われているトランシーバーの波形などによって動作しなかったり安定しないことがあります。

    *地下鉄で使われている長波は信号が弱く、電車の車体も電波を遮蔽するので窓際に寄らないと電波を拾いにくいことがあります。又、長波の帯域はハンディ広帯域受信機の回路から出るノイズの影響を受けやすく、割り当てチャンネル上に強いノイズが出て受信妨害する場合もあります。特定のCHは場合によってサービスセンターでノイズを消すことが出来ても、どこか別の近隣周波数にノイズが出て、そのCHを妨害してしまうことになります。

    *盗聴発見機能もノイズなどに影響を受けてスキャンが止まることがしばしばあります。レシーバーが見つけることの出来るタイプの音声盗聴器であればスキャンが止まった周波数で必ず盗聴器が実際に拾っている音声を聞くことが出来ます。

    このような現象は、修理や点検では修正することが出来ない場合がありますが、製品の仕様とお考えください。
    FAQトップ
    Q87. 【受信機】警察や消防のデジタル無線が聞ける受信機はありますか?
    A87. 今のアナログのような感覚で受信できるレシーバーはありません。

    警察や消防のような無線は、秘話や運用形態が高いセキュリティシステムで守られており、仮に受信機だけを手に入れたとしても、通信を聞くことはできません。また、デジタル秘話化された無線通信をデコードすることは電波法に違反し罰則がありますから、そのような装置をまともなメーカーが一般向けとして販売することもあり得ません。

    FAQトップ
    Q88. 【電源機器】色々な種類の電源がありますが、何が違うんですか?
    A88. 弊社では現在2種類の電源を製造販売致しております。家庭用AC100Vを一般自動車用のDC13.8V程度に落とすのが『安定化電源器』で、品番はDM330MVのようにDMから始まります。 次にトラックや大型RVに使われているDC24Vを一般自動車用のDC13.8Vに変換するのが『DC/DCコンバーター』で品番はDT830MのようにDTから始まります。  

    尚、一般自動車用のDC13.8VをAC100Vに変換するのが『DC/ACインバーター』で弊社品番はRC015のようにRCから始まるものでしたが、2009年3月をもってインバーターは全機種の生産を終了致しました。

    それぞれ接続される機器の最大費電流の合計がその電源の定格値以内で有れば基本的にお使い頂けますが、ご注意頂きたい点がございますので、引き続き下記のFAQをお読み下さい。
    FAQトップ
    Q89. 【電源機器】スイッチング式とトランス式の電源、どう違うの?
    A89. 従来のトランス式(リニア方式)電源は、回路構成上その名の通りトランスを使用します。この為、重い、大きい、変換効率が悪い(変換出来なかった電力は熱となる)といったデメリットが有りました。そこで作られたのがスイッチング方式の電源で、トランス式のデメリット解消以外に、入力電圧範囲が広く、海外でも国内でも電圧の違いを気にせず使用出来るなどのメリットが有ることから、最近では携帯電話のチャージャー・アダプターからコンピューターの電源まで、広く使われています。

    スイッチング方式の大容量電源は回路構成が複雑になる=コストが高くなる、ノイズが発生しやすい、などのデメリットもありますが、弊社では通信用として特にノイズが出にくいように気を遣った設計をしています。それでもHFのローバンドでのDX通信など、僅かなノイズも嫌うユーザーには今でもトランス式が好まれるため、弊社では両方のタイプを生産しています。
    FAQトップ
    Q90. 【電源機器】DC/DCコンバーターの、バックアップ用MEMORY端子の使い方は?
    A90. 弊社製のDC/DCコンバーターに搭載されているMEMORY端子の使い方についてご説明します。

    ※ DT705B/712B/715B/830L/840M
    DC24Vが供給されている限り、この端子より常にDC12Vが出力されます。但 し、取り出せる電流量は705B~715Bでは0.15A、DT840Mでは0.3A、DT830Lでは1Aと、バッテリー上がりを起こさせないように、ごく僅かな電流に限定されます。これはアマチュア無線機、ステレオ機器などで、メモリー登録や時計のメモリーが飛ばないようにするために専用の独立した「バックアップ・メモリー専用電源ケーブル」が出ていたタイプを接続するために設けている端子です。現在でもこのようなバックアップができる無線機やオーディオ機器をお使いのお客様が居られますので、この端子は残してあります。

    しかし、最近のカーステレオやカーナビなどの機器はこのバックアップケーブルが省略されACCのオンオフのみを検知しているものが殆どで、バックアップ電源ケーブルはメインのケーブルと共用されるようになりました。このため、バックアップ端子にラジオやナビなどの機器を直接つながれて機器の電源を入れると容量以上の負荷が掛かり、故障の原因となりますので絶対にお止めください。また、DT830Lではコンバーターの電源がONのときは10AまでMEMORY端子から電流が取り出せますが、ACC連動機能はありません。

    最近のステレオやカーナビへの接続にはDT830M、DT831Dをお勧めします。

    ※ DT830M/DT831D
    これらのコンバーターは「コンバーター本体の電源スイッチがオフだと1A,オンだと830Mで10A、831Dで15A」をMEMORY端子より取り出すことができます。このことを利用すれば専用の独立した「バックアップ・メモリー専用ケーブル」が出ていないタイプの標準的なカーステレオやナビなどでも、最大消費電流がそれぞれ10A、15Aの機器であれば、下記の結線をすることでバックアップを保持しながらお使いになれます。

    ※ 全ての接続が終わるまでは関係する全ての機器の、全ての電源スイッチをオフにして作業してください。

    1:24Vラインへの接続 
    * DT830M:コンバーターのスイッチと車のキーをオフにして、メイン入力の赤と黒の太い線を、24Vで30Aを取り出せるラインに接続します(バッテリー直結をお勧めします)。次に同じ入力ラインにある青色の細い線を、ACCに連動する24Vラインに接続します。シガーライターなど、キーを回してACCポジションにしたときに24Vが来るところならどこでも構いません。これは電気を取り出すのが目的ではなく「ACCポジションになった」というのをコンバーターに認識させるためだけの配線ですから、容量を気にする必要はありません。

    ※ DT831D:コンバーターのスイッチと車のキーをオフにして、メイン入力の赤と黒の 太い線を、24Vで30Aを取り出せるラインに接続します(バッテリー直結をお勧めします)。次に付属する青色で両端に端子の付いた短い線を、MEMORYとREMOTEの両方の端子につないでループ(ショート)させます。さらに付属の長いほうの青色の線をIGNITION端子につないでから、ACCに連動する24Vラインに接続します。シガーライターなど、キーを回してACCポジションにしたときに24Vが来るところならどこでも構いません。これは電気を取り出すのが目的ではなく「ACCポジションになった」というのをコンバーターに認識させるためだけの配線ですから、容量を気にする必要はありません。ちなみに説明書に「黄色の線を使う」とありますが、ステレオなどの機器のバックアップ線が黄色だったこともあり、「ACCオンオフをさせずに、直接バックアップ線をMEMORY端子に接続するときは、必要に応じて黄色の線をお使いになると分かりやすいですよ」という意味です。同梱のコードの材質や長さは全て同じです。

    ※ 共通:ボディアースはノイズの問題などがあり、絶対にお止めください。配線には 市販の圧着端子などを使ってしっかりネジ締めをしてください。コンセント式のターミナルへの接続では、30Aは取り出すことができません。一般的なソケットでは接触抵抗が大きくなり、コンセントや配線が熱を持って変形、発煙、最悪の場合発火などの大きな事故につながる可能性がありますので、絶対にお止めください。この種の接続によって発生した事故に対しては一切の保証は無効とさせて頂きます。

    2:12V側機器の接続
    DT-830Mなら10A以下、831Dなら15A以下の機器の12V入力ライン(+)を、電源オフの状態でコンバーターのMEMORY端子に市販の圧着端子を使ってしっかりと接続します。その他は、機器の説明書に従って12V車への接続と同様に行ってください。複数の機器なら、それら個々の機器の消費電流合計が10A,15Aを超えないようにしてください。

    3:使用方法
    コンバーターの電源を入れてから、車のキーを回してACCポジションにします。そ の後で接続機器の電源を入れます。以降は、コンバーターの電源スイッチは気に せず、キー操作でコンバーターのオンオフが自動的に操作できます。

    【注意】
    コンバーターの電流容量は、全ての端子の合計です。例えばバックアップ・メモリ ーに10A,メインの陸軍端子に30Aということではなく、シガープラグやスナップ端 子なども含めて、全部の接続機器の消費電流がコンバーターの定格以下であり、な おかつ個々の端子に記載されている数値以下の機器しかその端子にはつなげませ ん。間違った接続はソケットや配線が接触抵抗による熱を持って変形、発煙、最悪 の場合発火などの大きな事故につながる可能性がありますので、絶対にお止めく ださい。この種の接続によって発生した事故に対しては一切の保証は無効とさせて 頂きます。
    FAQトップ
    Q91. 【電源機器】これらの電源は規定の最大容量以内なら何を接続しても良いのですか?無線機以外の物に使えますか?使えない機器にはどんなものがあるの?
    A91. 弊社のDM331Dを除く安定化電源は、無線機用の専用電源として設計開発されて居り、一般電気製品に必要なPSEから除外されておりますので、汎用電源としてのご利用はお控えください。

    DM331DはPSE規格に適合しており、電源の定格値以内であれば一般・民生用途の電子機器にもお使いになれます。但し、工業・商業・医療・学術用途などで、一般向けよりも高度な性能や耐久性が求められる用途にはお使いになれないことがありますので、ご購入前にスペックを良くご確認ください。特に化学実験(電気分解など)でご使用になり故障させるケースが多発していますが、これはバッテリーの充電と同様に電気分解の装置側から安定化電源器のほうに向かって逆電流が流れることがあるためで、当方では目的外使用ということで、保証の対象外とさせていただいております。電気分解や類する実験にはお使いにならないでください。また、本製品が故障したことで発生した逸失利益については一切補償することができません。

    すべての電源機器にはカタログなどで連続**アンペア、と表示しておりますが、これは100%デューティサイクルを保証するものではありません。また、連続した負荷を長時間かける場合は追加で放熱(ファンやブロアを使用)するなど、通気にご留意ください。

    弊社の電源を別の機器の電源部として組み込むような場合は目的外の使用方法となりますので、一切の保証は無効とさせて頂きます。

    トランス式の安定化電源で出力電圧を低く設定してお使いになる場合、電圧が低いほど最大出力電流量も低くなります。例えば30A定格の電源でも1.5V出力の場合、最大電流容量は僅か2A足らず、10Vでも25A程度となります。

    インバーター、DCDCコンバーター、安定化電源は、ハロゲンランプや一部の蛍光灯、モーターやコンプレッサーを使用する冷蔵庫やファン、ヒーターなど起動時に一時的に流れる突入電流が機器に表示されている定格電流値の5~10倍になる物では、スイッチを入れた時に保護回路が働いたりヒューズが切れたりしてお使い頂けません。電源をご購入される前に、接続側機器のメーカーに「この製品の起動時の最大突入電流は何アンペア(インバーターの場合は何ワット)ですか?」とご確認頂いてから電源の機種を選択されることを強くお勧めすると同時に、電源に付属の説明書・注意書きを良くお読みの上、正しくご使用下さい。

    インバーターではポット、電気毛布など温度制御をする機器は家庭用ACの正弦波を必要とするものがあり、弊社のインバーターで採用している矩形波では機器が誤動作をするため、絶対にご使用にならないで下さい。

    電源機器は取り扱いを誤ると大変危険です。取り扱い説明書をご参照の上、正しくお使い下さい。
    FAQトップ
    Q92. 【電源機器】安定化電源器でバッテリーの充電は出来るの?電気分解や化学実験はできますか?
    A92. 安定化電源器やDC/DCコンバーターはバッテリー充電器では有りません。
    バイクや車用の鉛蓄電池などは容量がとても大きく、電池から電源に電気が逆流して電源を壊し、最悪の場合は発火の原因にもなりますので、絶対に充電には使用しないでください。小型のアダプターを使って充電する様な携帯用無線機や小型ラジコンのニッカド・バッテリーパック程度は、電圧を合わせば充電できる場合が有りますが、専用の充電器でないと電池の寿命を短くしたり、正しく充電できなかったりする場合が有り、最悪の場合故障の原因になります。

    特にラジコン用急速チャージャーの電源としてお使いになる場合は、チャージャーの説明書を良くお読みになり、ご質問が有ればそちらにお問い合わせください。弊社は充電器メーカーとコラボした充電用電源器は製造しておりませんし、充電器に関するご質問にはお答えできません。

    電気分解のような用途も同様で、接続された装置側に電位が発生して、それが安定化電源をオフにしたとき出力端子から逆流して電源の出力トランジスタを破壊することがあります。5~6Vの低い電圧でも壊れることがあり、このような用途では絶対にお使いにならないでください。

    いずれにせよ、充電器や化学実験の電源としてご使用になって起こった不具合は、電源・電池・装置側とも保証の対象外とさせて頂いておりますのでご注意ください。
    FAQトップ
    Q93. 【電源機器】安定化電源を2台、直列につないで24Vにすることはできますか?並列で容量を倍にすることはできますか?
    A93. DMシリーズ電源は直列化、並列化に対応するものではありません。無線雑誌やネット上に改造方法などが出ているのを目にしたことがありますが、大きな電流が流れることから誤った工作をすると感電や火災などの事故につながるため、自己責任といえども弊社では一切ご案内は致して居りません。

    FAQトップ
    Q94. 【電源機器】各出力端子の合計容量表示の意味が分かりません。どの端子を使用しても最大値までの電流を取り出せるの?
    A94. 電源によっては、それぞれの端子の近くに表示してある容量を合計すると、その電源の定格値以上の数字になりますが、お使いになれるのは定格以下の負荷のみです。

    定格の最大出力容量は、全ての端子で実際にお使いになっている負荷の合計です。例えば30Aの電源のシガープラグに10Aの負荷をつないでいれば、最大30Aと表示の有るネジ式端子からでも、取り出せる容量は「電源の最高出力30A」-「使用中の10A」=20Aとなります。

    各端子のMAX表示は、その端子から取り出せる容量の最大値です。MAX6Aとあればその部分につなげる負荷は他の端子に余裕が有っても6Aまでということです。数字が小さいほど構造的に小さな端子になっていることがお分かり頂けると思いますが、シガープラグやクイックリリース端子などは便利に使える反面、大きな電流を扱うことが出来ません。無理に小さな端子から大きな電流を取り出せるようにしても、端子と線が十分に接触しないことから電熱コンロのような状態になり最悪発熱・発火する危険が有るため、わざと少ない電気しか扱えないように設計されている訳です。

    最大電流に近い負荷はネジ式の陸軍式端子から取り出します。最大電流に耐えられる太さの線をなるべく市販の圧着端子などを使用して接続の上お使い下さい。

    安定化電源ではポピュラーなクラスですが、30Aというのはかなり大きな電気で、甘く見ては大変危険です。しっかりした配線をしているつもりでも時々ネジにゆるみがないか、近くにショートを誘発するような金属製のものが無いかなど、メンテナンスを兼ねて時々チェックするよう心掛けてください。
    FAQトップ
    Q95. 【電源機器】DC/DCコンバーター、どのようなカー用品にも対応するの?
    A95. 最近の自動車電装アクセサリーは非常に多様化しています。オーディオ製品に限らず一部の機器ではメモリーバックアップと連動して動作する物とか、ACCポジションと連動する物など、自動車側の電源供給動作に依存するものが増えています。

    弊社製DC/DCコンバーターはメモリーバックアップ(本体スイッチのON/OFFに関わらず小さな電流を流し、ナビやステレオのデジタル時計や他の設定を消去しないようにする機能)出力を備える物が有りますが、この端子からはバッテリー上がりを防止する意味から極めて僅かな電流しか取り出せないようになっています。大きな電流を流す動作はあくまで本体上のメインスイッチで行いますので、このような動作に対応するかどうかは接続側の機器のメーカーやカー電装品の販売店などにお尋ねください。

    DT-712BやDT-715B、DT-840Mはメイン電源スイッチの状態にかかわらず、メモリーバックアップ出力端子で取れる容量は僅かです。最近の自動車用電子機器は以前のようなメモリー保持の専用ラインが出ていないものが殆どですから、これらはメモリーバックアップを必要としない機器専用とお考えください。
    FAQトップ
    Q96. 【電源機器】DC/DCコンバーターの取り付けで注意する点は?
    A96. 修理に戻ってくるコンバーターを見ていると、メーカーの立場からすると怖くなるような使われ方をされているものがあります。電気・安全運転の両面から大変危険ですので、以下を参考に正しくご使用下さい。

    ※ コンセントを使用した配線はお止め下さい。
    コンバーターの端子を改造し、AC100Vで使用するようなコンセントをお使いになられる方がいらっしゃいますが、絶対にお止めください。あまり大きな電気を取れない構造であるうえ、極性の差し間違えにより、発火、ショートなどの原因になりかねず、大変危険です。

    ※ 荷物スペースに設置するときは水分が掛からないように十分工夫して下さい。
    トランクなどは開閉時に雨水が入ったり、釣り竿やアウトドアグッズを積んだりと、水や泥が掛かりやすい環境です。水分は電気を通しショートの原因になります。運転中に飲み物がこぼれても大丈夫な様に、ドリンクホルダーとコンバーターの位置関係に気を配ることも重要です。船舶の24Vシステムでもお使い頂くことが有りますが、塩水は特に要注意です。錆や腐食に直結しますので、必ず船内の常に良く乾いていて潮風の当たらない場所に設置して下さい(但し放熱に注意し、カバーをかけるようなことはしないでください)。

    ※ もし付属の説明書で取り付け方法がご理解頂けないときは、自動車電装品取り付け業者やカー用品専門店など、プロに設置をご依頼ください。コードを引き回す時は開閉部分などに線が挟まれないように注意して、太い自動車用電気ケーブルで配線して下さい。設置には換気が良い、直射日光の当たらない場所を選んで下さい。

    ※ 乗り物に使われることがほとんどの電源です。振動により端子や取り付けネジのゆるみが起こりがちですから、常にメンテナンスを心掛けて下さい。
    FAQトップ
    Q97. 【電源機器】DM331DやDT831Dの液晶ディスプレイ、見る角度によって見えにくかったりムラが見えたりするのはなぜですか?
    A97. この種の液晶には視野角度と呼ばれる定格があり、全ての角度からまんべんなく見えることはありません。弊社の電源用メーターに液晶ディスプレイを採用するにあたって、実際の使用時にどの角度から見られることが一番多いかを検討して設定したのが「上方からメーターを見下ろすように見たときが一番ハッキリ見えること」でした。特に真正面からメーターをご覧になると、この視野角度や角度を決定するフィルタ幕の偏光の都合により見えづらかったり表示ムラが見えたりすることがありますが、製品の異常ではありません。少し角度を付けてご覧になれば、くっきりと見えます。
    FAQトップ
    Q98. 【デジタル消防救急受令機】消防団員・病院関係者ですが、デジタル受令機を買うことはできますか?値段を教えてください。
    A98. いいえ、たとえ消防団員、病院関係者といえども管轄する自治体の担当部署を経由しないと受令機はお買い求めいただくことができません。

    デジタル消防救急無線は現行のアナログ方式とは全く異なる運用がなされており、各自治体がピンポイントに指定するチャンネルだけが受信できる仕様であるため、ダイヤルを回して周波数を任意に合わせることもできません。

    デジタル消防救急無線受令機の技術的・営業的なお問い合わせには、自治体のご担当者と特定の資格が有る業務無線機器取扱業者様以外、お答えしておりません。消防団で受令機の導入を考えている、というお電話を頂いても「管轄の自治体担当窓口にご相談ください。」とお答えしております。何卒、悪しからず事情ご高察ください。
    FAQトップ