住宅機器事業部

事業体制

事業紹介

住宅機器事業部では、『安全・快適・便利』をモットーにユーザーの視点に立った新しい発想での“ものづくり“を目指しています。はしご・脚立などの昇降機器を主力とし、玄米保冷庫などの農業機材、メンテナンス機器として使われる作業台、建築資材として必要なアルミ型材など一般の方々から農業・工業・建設業に携わる専門分野の方々まで安心して使用頂ける製品を提供しております。

常務取締役住宅機器事業部長兼フィットネス事業部担当 前川信幸

ビジネス分野

ホームセンタールート [第一営業部]

DIYとして欠かせないはしご・脚立 ご家庭に1台はある踏台など身近に見かけるアルミ製品をはじめ、農家の方に好評な玄米保冷庫の販売など売場のプランを含めた提案も積極的に行っています。

建築工具・設備機器ルート [第二営業部]

建築現場に使用する業務用はしご 階段など段差に対応する伸縮脚立などプロの職人が納得するアルミ製品の販売の他に、工場で使用する作業台のサイズ変更など特注品にも柔軟に対応しています。

建築資材ルート [第三営業部]

アルミ製のアングル・パイプ・フラットバー・チャンネル材から複合版に至るまで、住まいに必要な資材を豊富に取り揃え、使いたい分だけ即納できる体制を用意しています。

顧客志向と品質体制

当事業部では『使いやすくて安全』『他のメーカーにない機能とデザイン』『納得の価格』というようなユーザーからの厳しい要求に応えるため、技術開発・生産・営業が一体となり『満足度の高い信頼できる製品』を発売できるよう取り組みを行っています。アルミ製品の生産拠点となる蘇州アルインコ金属製品有限公司(中国)ではJIS表示許可工場として認可を受けており、惜しみない品質維持の徹底により安定した製品の提供ができる体制を確立しています。