電子機器(無線機) 電子事業部

下記の機種は修理、部品販売を含む一切のアフターサービスを終了させて頂きました。
お客様 各位

長い間ご愛用頂いた製品のアフターサービスをお断りせねばならないのは弊社サービスセンターとしても大変心苦しいのですが、旧製品は修理に必要な部品や基板類の在庫がなくなったり、在庫していてもコンデンサーの容量抜けなど不可避の経年劣化で使用できなかったりすることが多々あります。また一旦劣化し始めると連鎖的に不具合が出る事が多く、短いスパンで再修理せねばならないこともあれば、技術基準の規格変更やアナログ無線のデジタル移行による停波など、行政上の理由でアフターサービスをご提供できなくなることもございます。

このような事情から下記の製品は修理の受付を終了させていただきました。なにとぞ事情ご高察のほど、お願い申し上げます。
 

 
■Webサイトに掲載されていない取り扱い説明書やアマチュア無線機の回路図など、出図可能な資料のPDFコピーは無償でE-メール配信いたします。詳しくはこちらをご覧下さい。
一切のアフターサービスを終了させて頂いた製品:スペア部品も在庫が無くなっています。
  • 品番がDT/DM/RCから始まらない電源関連製品全機種(例:EP/EPS/ED/EPDシリーズなど)
  • 品番がDJ/DR/DXから始まらないアマチュア無線機全機種(例:ALX/ALM/ALRシリーズなど)
  • リニアアンプ全機種
  • DC/ACインバーター全機種
  • パーソナル無線機全機種とその関連アクセサリー
  • タワー、ルーフタワー、ローテーター、SWRメーター等小物機器の全機種及びその部品
  • SSTV関連機器全機種
  • ALTAブランドの小型電子機器(ボイスレコーダー、警報機など)全て
  • カメラ付きインターホン全機種
  • オプション・アクセサリーで保証書の付属しないもの
    (但し業務用イヤホンマイクなど修理が可能と但し書きのあるものを除く。又、充電器のアダプターやイヤホンマイクのスポンジ類など、スペア部品をご用意している物がございます。詳しくはサービスセンターにお問い合せください。)
特定小電力無線機 & 中継器 ・旧技適機種全て
・DJ-CH9/CH11 新旧技適とも全ロット
・DJ-P10R 旧技適 (新技適 001-P00813はサポート継続)
・DJ-P30R   旧技適(新技適 001YGB1042はサポート継続)
・DJ-R100Dシリーズ 旧技適(新技適 001-P00653はサポート)
・DJ-PA20/PA27シリーズ 全ロット
・DJ-P23シリーズ 全ロット
DC/DCコンバーター ・DT-606/ DT-612/ DT-615/ DT-706/ DT-630/ DT-630M/ DT-830L
・Bが付かないDT-715
安定化電源 ・DM-104/107
アマチュア無線機・HF関連 ・DX-70、DX-77
・EDX-1、EDX-2
 
下記の機種の修理サービスは終了させて頂きましたが、ノブ・ケース・ダイヤル・端子類など、ご要望の多い機構部品や電気部品の一部に在庫があります。

ご自分でメンテナンスをなさる方はこちらの部品購入自己修理責任に関する項目をお読みの上、弊社サービスセンターにお問い合せください。
弊社海外向け英文サイトに掲載するアマチュア無線機、受信機用英文修理マニュアル(Service Manual)の部品表、分解図、回路図は部品購入や自己修理の際に大変参考になります。下記のリストに( )で表記しているものは同等品の輸出品番です。サービスマニュアルはこの品番でお探しください。但し一部の部品番号や仕様は国内向けと異なりますのでご注意ください。和文のサービスマニュアルはご用意しておりません。特小無線機、簡易業務無線機は法律上の理由でほとんどの部品を販売することができません。

SX/DX/HX/色別など仕様問わず共通
[]内は類似の業務や輸出仕様の機種名

受信機 DJ-X01
DJ-X1
DJ-X2
DJ-X3 / X3S
DJ-X5 / X5S
DJ-X10 / DJ-X20 / DJ-X2000
アマチュア無線機・ハンディ 【モノバンド】
DJ-100 / DJ-120/ DJ-160-460-162-462
DJ-190 / DJ-193 / DJ-493
DJ-F1-F4-S1-S4-K1-K4
DJ-K18-K48(180/480)
DJ-S40-DJS41
DJ-Z10-Z40-G10-G40

【2バンド】
DJ-500 / DJ-560-562/ DJ-F5-F52(580/582)
DJ-593 / DJ-596 / DJ-520 / DJ-530
DJ-C1-C4-C5-C7
DJ-G5 / DJ-V5
アマチュア無線機・モービル DR-150-450 / DR-110-112-410-412-119-419 / DR-135-435
DR-510/ DR-590-592 / DR-599 / DR-570-572 / DR-610
DR-M03-M06-M10-M40-M50(605)

下記の旧技適のロット
・DR-120D (02KN329) / DR-120H (02KN328) / DR-420D (02KN331) / DR-420H (02KN330) 
・DR-620D (02KN323) / DR-620H (02KN322) / DR-635D (002KN372) / DR-635H (002KN371)
新技適の製品(ここに書かれていない技適番号の製品)は引き続き修理致します。
安定化電源 DM-112MV / DM-120MV / DM-130MV
DM-240MV / DM-250MV

※現在もお問い合わせを頂く事がある旧製品電源のメーター部品ですが、
以下の機種のみ僅かな在庫がございます。
他の機種については在庫が無くなっております。
  • ・DM112MV用アンペアメーター EM0023 定価 \1,500(税、諸掛別)
  • ・DM240用 アンペアメーターEM0027 定価 \1,500(税、諸掛別)

新・旧の技適番号が混在するアマチュア無線機について

上記のリストにあるDR-620/635シリーズなど長く販売させていただいた機種は、技適番号が複数存在することがあります。部品メーカーの生産終了が主な理由のため、外観や機能は同じでも内部の回路・基板・使用部品は異なります。このため古いロットでは部品や完成品基板の欠品で、オリジナルの技適番号を維持した修理ができなくなってきています。この理由で修理不能になったときはご連絡の上、返却させて頂きますので予めご理解ください。その際の見積手数料は無償ですが、運賃は着払いとさせて頂きます。さらに旧技適機種は2022年12月以降、有料で総務省の免許手続きとは別の事前申請が必要な「保証認定」「スプリアス認定」を受けないと使えなくなりますので、この機会に新技適の製品へのお買い換えをご検討ください。本件をご存じなければこちらをご参照ください。

旧技適基準適合品の簡易無線機の修理について

UHFのアナログ簡易業務無線や旧技術基準適合品(旧技適)の特定小電力無線機は2022年12月1日以降、法律により無条件でお使いになれなくなります。弊社製では下記の製品が該当します。これらの製品は2022年3月以降、修理の受付を終了いたしました。

  • ■アナログUHF簡易無線免許局 / 小エリア無線局 ※修理をご依頼の前に免許の失効日をご確認ください。
    DJ-BU10C / DJ-BS10
  • ■特定小電力無線トランシーバーやデータユニットの旧技適製品

UHF簡易無線のアナログ停波、旧技適無線機の使用停止に関する件をご存じなければ、必ずこちらをお読みください。

特定小電力トランシーバーの技適番号はこちらでご覧になれます。
特定小電力トランシーバーの新旧技適番号リスト
※このリストに無い弊社製特定小電力トランシーバーは新技適で、継続してお使いになれます。

UHF帯デジタル・アナログ デュアルモード簡易無線免許局のアナログ停波

デュアルモードのUHF免許局DJ-BU50AD / DR-BM50ADは2022年11月末までにアナログ部分を停波、免許を更新させる改修が必要になります。本件をご存じでないときは必ずこちらをお読みください。
参考:平成発行の無線局免許状の有効期間欄には2022年=平 34、と記載されています。