電子機器(無線機) 電子事業部

下記の機種は修理、部品販売を含む、一切のアフターサービスを終了させて頂きました。

(取り扱い説明書のみ、一部に在庫がございます。電子メールでのPDFコピー発送は無償です。ご注文・お問い合せはこちらをご覧下さい。)

お客様 各位

長い間ご愛用頂いた製品のアフターサービスをお断りせねばならないのは弊社サービスセンターとしても大変心苦しいのですが、例えばお預かりした製品を作業中のミスで壊してしまったら、部品も代替え品も無い旧製品では責任が取れなくなります。また旧製品は一旦劣化し始めると連鎖的に不具合が出る事が多く、「半年ほど前に修理に出したばかりなのに、また不具合が出た。こんなことなら初めから修理せずに買い換えていれば良かったよ…」というようなお話しを伺うこともございます。加えて技術基準のスプリアス規格変更やUHFアナログ簡易無線のデジタル移行による停波など、行政上の理由でアフターサービスをご提供できなくなることもございます。

部品供給や技術上の理由の他に、このような事情からここに掲載の機種は修理の受付自体をお断りさせて頂いております。何とぞ事情ご高察の程、宜しくお願い申し上げます。

アルインコ 電子サービスセンター

一切のアフターサービスを終了させて頂いた製品:スペア部品も在庫が無くなっています。
  • 品番がDT/DM/RCから始まらない電源関連製品全機種(例:EP/EPS/ED/EPDシリーズなど)
  • 品番がDJ/DR/DXから始まらないアマチュア無線機全機種(例:ALX/ALM/ALRシリーズなど)
  • リニアアンプ全機種
  • DC/ACインバーター全機種
  • パーソナル無線機全機種とその関連アクセサリー
  • タワー、ルーフタワー、ローテーター、SWRメーター等小物機器の全機種及びその部品
  • SSTV関連機器全機種
  • ALTAブランドの小型電子機器(ボイスレコーダー、警報機など)全て
  • カメラ付きインターホン全機種
  • オプション・アクセサリーで保証書の付属しないもの
    (但し業務用イヤホンマイクなど修理が可能と但し書きのあるものを除く。又、充電器のアダプターやイヤホンマイクのスポンジ類など、スペア部品をご用意している物がございます。詳しくはサービスセンターにお問い合せください。)
特定小電力無線機 & 中継器 DJ-P0/P1/P2/P3シリーズ
DJ-P7/P8/XJ17/XJ18シリーズ
DJ-P85/P87/P88/P95/P97/P98シリーズ
DJ-P81-P91/P82-P92/P83-P93/P85/P87/P88/P95/P97/P98シリーズ
DJ-P30D
DJ-P8R
DJ-P9R
DC/DCコンバーター DT-606/ DT-612/ DT-615/ DT-706/ DT-630/ DT-630M/ DT-830L
Bが付かないDT-715
安定化電源 DM-104/107
下記の機種の修理サービスは終了させて頂きましたが、ノブ・内蔵電池・メーターなど、ご要望の多い機構部品・電気部品の一部に在庫があります。

ご自分でメンテナンスをなさる方はこちらの部品購入に関する項目をご参照の上、弊社サービスセンターにお問い合せください。尚、全ての部品の在庫を保証する物ではありませんので、在庫切れの節はご容赦下さい。

受信機 DJ-X01
DJ-X1
DJ-X2
DJ-X5 / X5S
DJ-X10 / DJ-X20 / DJ-X2000
アマチュア無線機・ハンディ
([]内は類似の業務や輸出仕様の機種名)
DJ-100 / DJ-120/ DJ160-460-162-462
DJ-190
DJ-500 / DJ-560-562/ DJ-F5-F52(580/582)
DJ-Z10-Z40-G10-G40
DJ-K18-K48(180/480)
DJ-F1-F4-S1-S4-K1-K4
DJ-C1-C4-C5
DJ-593 / DJ-596
DJ-S40-DJS41
DJ-G5
アマチュア無線機・モービル
(SX/DX/HXなど全仕様共通)
DR-150-450 / DR-110-112-410-412-119-419 / DR-135-435
DR-510/ DR-590-592 / DR-599 / DR-570-572 / DR-610
DR-M03-M06-M10-M40-M50(605)
アマチュア無線・HF DX-70(701/801)
DX-77
安定化電源 DM-112MV / DM-120MV / DM-130MV
DM-240MV / DM-250MV

※現在もお問い合わせを頂く事がある旧製品電源のメーター部品ですが、
以下の機種のみ僅かな在庫がございます。
他の機種については在庫が無くなっております。
  • ・EPS320M用EM0004V/A定価\1,500(税、諸掛別)
  • ・EP3010/3020用EM0007V定価\1,500(税、諸掛別)
    EM0008A定価\1,500(税、諸掛別)
  • ・DM112MV用 EM0023A定価\1,500(税、諸掛別)
  • ・DM240用 EM0027A定価\1,500(税、諸掛別)

新・旧の技適番号が混在するアマチュア無線機について

長く販売している機種は、技適番号が複数存在することがあります。
部品メーカーの生産終了が原因で別の部品を使って設計し直すのが主な理由のため、外観や機能は同じでも内部の回路・基板・使用部品は異なります。このため古いロットでは部品や完成品基板の欠品で、オリジナルの技適番号を維持した修理ができなくなってきています。この理由で修理不能になったときはご連絡の上、返却させて頂きますので予めご理解ください。その際の見積手数料は無償ですが、運賃は着払いとさせて頂きます。

下記の機種は修理をご依頼になる前に技適番号を良くご確認ください。カッコ内が旧技適番号です。これらの旧技適機種は故障内容によっては修理ができない可能性があります。さらに2022年12月以降は有料で総務省の免許申請とは別の書類が必要な「保証認定」を受けないと使えなくなりますので、この機会に新技適の製品へのお買い換えをご検討ください。

  • ハンディ機
    DJ-193 (KN292) / DJ-493(KN493) / DJ-520 (02KN325) / DJ-530 (02KN324) / DJ-C7 (002KN360) / DJ-V5 (KV281***)
  • モービル機
    DR-120D (02KN329) / DR-120H (02KN328) / DR-420D (02KN331) / DR-420H (02KN330) / DR-620D (02KN323) / DR-620 (02KN322) / DR-635D (02KN372) / DR-635 (02KN321)

参考:
こちらのページの一番下、「工事設計書記入事項一覧と技術基準適合証明の新スプリアス基準について」の欄に弊社製アマチュア無線機の製品一覧を掲載しています。

 

旧技適基準適合品の業務用無線機の修理について

UHFのアナログ簡易業務無線や旧技術基準適合品(旧技適)の特定小電力無線機は2022年12月1日以降、法律により無条件でお使いになれなくなります。弊社製では下記の製品が該当します。

  • アナログUHF簡易業務無線免許局
    DJ-BU10C
  • 特定小電力無線トランシーバー
    こちらのリストをご覧ください。リストに載っていないものは新機種で、2022年12月以降も問題なくお使いになれます。

故障品が上記に該当していたら、旧技適の特小機は新技適の機種にお買い換えになることをお勧めします。特に普及価格の機種は技適の新旧にかかわらず、新品をお求めになるほうがコストパフォーマンスに優れます。

お買い換えをお勧めしている機種:

  • DJ-P71 / P81 / P82 / P83 / P92 / P93 / P80 / P90 / P20 / PA20シリーズ
  • DJ-CH9 / DJ-CH11シリーズ
  • DJ-P9/P11/P21シリーズ


生産を終了したDJ-BU10Cの後継はデジタルアナログ機のDJ-BU50ADがありますが、2022年11月末までにアナログ部分を停波させる改修が必要になります。アナログの免許も2022年11月末までの期間限定になりますので、この機会にデジタル移行をお勧めします。

【参考】該当無線機修理費用の目安 (税・発送手数料込み)
(この価格帯内で修理を確約するものではありません。実機を見ないと修理価格は確定できません。)

  • 普及価格特小 7~9,000円
  • 中継対応特小 8~10,000円
  • 防水、多機能特小 8,000~1万円程度
  • DJ-BU10C 12,000~14,000円