電子機器(無線機) 電子事業部DOWNLOAD

初回ロットより新基準の技適証明を受けている機種のリストです。経過措置申告も、保証認定を受ける必要もありません。但し、別売アクセサリーを使いパケットやデジタル音声通信モードを運用する場合は、いずれの場合も「技適機種の改造」として基本保証認定を受ける必要があります。2019年1月からの申請様式に対応した内容です。従来の変調方式による記載(平衡変調、低電力変調、リアクタンス変調など)から、「変調方式コード」による記載(「SSB(SSB)」、「AM(振幅変調)」、「FM(周波数変調)」など)に変わりました。
総務省告示第三百五十六号 (PDF 660KB 総務省サイトにリンク。変調方式コードはP.40~P.42を参照)

同機種で複数の番号があるものは、電子部品の生産終了で別部品への置き換えをした等の理由から、技適を再取得したものです。 製品に貼付された技適シールで番号をご確認ください。

ハンディ機 (94KB PDF)
モービル機   (108KB PDF)