電子機器(無線機) 電子事業部DOWNLOAD

ダウンロード(簡易無線・デジタルトランシーバー)

無線局 個別登録申請

無線機を1台だけで登録する手順【個別申請】

電波利用料について

  • ・個別登録でDCR無線機を使う人は電波利用料を納付する義務が有ります。
  • ・登録状とは別に、納付の案内書(納入告知書)が送られてきますので、良く読んで期限内に納付してください。
  • ・登録状の住所以外の場所にこの案内を送ってほしいときは、登録申請書を送るとき、一緒に「納入告知先申出書」を提出します。
  • ・電波利用料の納入書が発行された後で納入告知先申出書を提出したときは、次回の案内分からしか変更されませんので注意が要ります。
  • ・総務省の電波利用ホームページの「無線局開局の手続き・検査」>「無線局の登録手続き」に、登録についての情報が掲載されています。
  • ・無線局の廃止・住所や機種の変更などの手続きも管轄の総合通信局に直接お尋ねください。

【お断り】電波利用料は定期的な見直しの対象になっており、変更されることが有ります。ご不明な点は直接、管轄の総合通信局の簡易無線担当窓口までお問い合わせください。カタログやHPなど販促物の記載、製品や申請に関する説明文などに最新の金額と食い違う記述があってもご容赦ください。この金額や納付方法は年に一度、総務省から送られてくる納入告知書に明記されているものが最新です。
(平成29年10月改定:1局当たり年間 包括登録 450円/台、個別登録600円/台)

【海上での使用について】
2014年10月末から、3Rの登録局は日本の近海での使用が認められました。但し新規申請では文言の追記が、開局済のものについては変更届の提出が必要です。こちらに海上使用の手続きについてご説明しておりますのでご参照ください。