短波帯オールバンド・オールモード+SDR トランシーバー DX-SR9

アナログとSDR、ハイブリッドが新しい。

画像をクリックすると拡大されます。

    DX-SR9J/100Wタイプ 
    DX-SR9M/50Wタイプ
    価格は共にオープンです。販売店にお問い合わせください。
    (本製品は保証認定が必要です。申請の方法は製品に同梱の説明書を御覧ください。申請についてご不明な点は認定機関に直接お尋ねください。)

製品特徴

  • SDR運用が可能データと音声、両方のVOX回路を搭載してパソコンによるSSTVやPSK31などのサードパーティ製データ通信ソフトに即応。最大の特徴、簡単な接続ケーブルでパソコンと接続、フリーウエアのソフトを使って運用するSDRモードは本体に搭載されていないスペアナ機能、任意の幅に設定できるDSP処理のナローフィルタ、帯域録音などを可能にします。SDR運用に最低限必要なパソコンスペック■OS Windows Vistaまたは7 ■CPU Intel Core i5 2.4GHz または相当品以上 ■メモリ 2GByte 以上 ■表示 解像度1024x768pixel、色32bit以上 ■サウンド48kHz16bitサンプルでステレオ録音及びステレオ再生が必要(Creative社製 Sound Blasterシリーズにて動作確認済) ■マウス センターホイール付き、高速スクロール機能が搭載されているものを推奨 ■ マイクとスピーカーもSDR運用時はパソコンのものを使います。特にマイクは良質なものをお使いにならないと変調音が悪くなります。
  • フロントパネル・セパレーションセパレートタイプですから、モービル運用にも便利。スピーカーとマイクコネクターはフロント側に搭載しているので、EDS-17(5m)を装着するだけの手軽さです。
  • 操作性に優れたボタン・レイアウト直感的に操作できるボリューム/スケルチ/RIT/IFシフトの独立ノブ、大きな液晶、周波数入力など、よく使う機能に直接アクセスできるキーパッドやフロントパネルに付属するスピーカーなど、使いやすい操作性を実現しました。
  • 電子キーにも対応。本格的CW運用機能フルブレークイン機能に加え、キーイングスピードに応じ自動的にディレータイムが追従するするオートモードと、7段階のディレータイムが選べるセミブレークイン機能を搭載。また、好みのサイドトーン周波数に連動して受信ピッチを自動設定できる受信ピッチ可変機能を内蔵しました。SDR運用時、CWはマウスなどPC接続機器で行います。PC接続用キーヤーは弊社のオプションにはありません。また、高速のキーイングではPCと無線機間で送受信の切り替え信号のやりとりが追い付かなくなるため、フルブレークイン機能はありません。
  • 混信・ノイズに威力、万全の混信除去機能受信周波数を動かすことなく、近接した混信を受信帯域外へ排除するΔIF(デルタIF)機能。CW、SSBの各モードに目的信号だけを確実に捉える専用のセラミック・ナローフィルターを標準装備しました。
  • さらに便利な機能の数々長波から短波帯をカバーするゼネラルカバレッジ受信 / 運用設定まで記憶、アルファニューメリック表示も可能な600chのメモリー / 多彩なスキャン、タイムモードではスケルチ開放でも動作 / トークパワーをアップするスピーチコンプレッサー/ RIT/TXITとRFゲイン調整 / ダイヤル&キーロック / 液晶ディマー / A/BデュアルVFO / スプリット運用 / メモリー→VFO転送機能 / チルトアップスタンド付き / リニアアンプ用端子(ALC&リレー) / 3段階の送信出力切替 / CTCSSエンコード付きで29MHz FMレピーター対応

ダウンロード

DX-SR9 SDRソフトウエア KG-TRX

* KG-TRXはこちらから無償でダウンロードができます。詳しい説明書も同梱されています。

DX-SR9 Clone Utility

本プログラムはフリーソフトであり、いかなる保証もしておりません。プログラムをご利用になることで発生したハードウエア・他のソフトウエアやデータへのダメージなどは一切補償致しかねますので、ご了承下さい。本プログラムの著作権はアルインコ(株)が所有しますが、商業利用を目的としない限りご自由にお使いいただけます。
「DX-SR9 Clone Utility」はオプションのERW-7を使ってDX-SR9とパソコンを接続することでお使いになれます。 (旧製品のERW-4Cは動作保証対象外です。)

主な機能:

・設定デフォルト値のカスタマイズ
・セットモードパラメータのカスタマイズ
・メモリ周波数データの編集
・初期設定のメモリーバンクのパーティションを最大50までに変更
・編集した上記データの保存・書き換え
・他のDX-SR9へのクローン

ご注意

* 当ソフトはWindowsセブン(32/64)とエイトでの動作確認を行っております。共に管理者権限でインストールを行ってください。

* バグのご連絡はこちらで承ります。
尚、お手数ですがバグの連絡を頂く前に、お使いのユティリティが最新のバージョンであることをご確認ください。ソフトの使い方などをお尋ね頂いてもお返事は致しかねます。まずソフトの内容をインストールしてご覧のうえ、お使い頂けそうであれば接続ケーブルをお求め下さい。
* 当ソフトは全てのファームウエアバージョンでお使いになれます。 Version1.02以降では、メモリーチャンネルに個別のCTCSSエンコードトーンを設定できるようになります。1.02以下のファームでお使いになると、トーン設定の値は無視され、セットモードのトーンに選択されているトーンを送出するかしないか、として動作します。ファームウエアの更新はこちらをご覧ください。
* 弊社では、お客様のご依頼のデータを編集・書き込みすることは一切行っておりません。
*更新の場合、古いバージョンのソフトウエアをアンインストールしてから新しいバージョンをインストールしてください。

ソフトウエアに関する説明(PDF/97KB)

上記に同意してDX-SR9 Clone Utilityをダウンロードします。(Ver. 1.00.00/1.97MB ZIP)

お断りとご注意

* DX-SR9は輸出を中心に開発された製品です。J/Mバージョンは日本のアマチュア無線バンドに適合させており、保証認定を受けて運用できますが、技術基準適合品ではありません。和文の詳細取扱い説明書は付属します。
* 20W仕様はありません。20Wへの改造はできません
* 保証認定申請書の書き方見本と送信機系統図は説明書の付録に記載されています。
* なお、PSK/MT63/WSPRの諸元について修正がございます。こちらをご覧ください。

PC接続ケーブル【オプション】

*PC接続ケーブル 
品番:ERW-7
詳しくはこちらをご参照ください。

【ご注意】
SDR運用時、フロントパネルの外部スピーカー端子にモノラルミニプラグの外部スピーカーを接続されていると、リアパネルのポートに接続したERW-7が動作しません。SDR運用時にはパソコンにつないだスピーカーが鳴るため、外部スピーカーは不要なのでプラグを抜いていただくか、こちらのように3.5mmφのステレオプラグに結線しなおしてお使いください。

オプション画像
モービル用ハンドマイク【オプション】

○小型ダイナミックマイクロホン
品番:EHM-42
仕様:8ピン
本体価格(税別):3,700円
備考:DX-70に付属していた、手のひらが小さい方でも持ちやすいダイナミック型ハンドマイクです。背面に丸形のマイクフック、上面にはUP/DOWNキーが付いています。営業品番はEMS-42でしたが、現在はEHM-42として化粧箱なし(ポリ袋入り)でスペアパーツとして販売しています。

オプション画像
セパレートキット【オプション】

○フロントセパレートキット
品番:EDS-17 (5m)
仕様:ケーブル5mとブラケット、カバーのセット
本体価格(税別):5,500円

安定化電源器【オプション】

○安定化電源器
品番:DM-330MV
仕様:100WタイプのHFアマチュア機に対応
本体価格(税別):34,800円

○安定化電源器
品番:DM-340MV
仕様:100WタイプのHFアマチュア機に対応
本体価格(税別):39,800円

オプション画像
モービル用ハンドマイク【オプション】

○ダイナミックマイクロホン
品番:EMS-64
仕様:8ピン
本体価格(税別):4,000円
備考:本体に付属

メカニカルフィルタ用子基板【オプション】

品番:EJ-59U
本体価格(税別):2,000円

標準装備のセラミックフィルタを、コリンズのメカニカルフィルタに換装するための子基板です。はんだごてを使う改造と、部品を自分で入手する必要があります。フィルタをご用意いただけば、弊社サービスセンターで取り付け作業を致します。(有料)
詳細はこちらをご覧ください。

仕様

DX-SR9
外形寸法(突起物含ず) 240W×94H×255Dmm
重 量 (約) 約4.1kg
送信出力 HIGH SSB,CW,FM AM 100W/10W/ 約1W ( Mバージョン50W/10W/ 約1W ) 40W/4W/ 約0.4W ( Mバージョン20W/4W/ 約0.4W)
変調方式 SSB AM FM SSB 平衡変調/ AM 低電力変調/ FM リアクタンス変調
最大周波数偏移 ±2.5kHz
不要輻射強度 -50dB以下
マイクロフォンインピーダンス 300Ω
受信方式 ダブルスーパーヘテロダイン / トリプルスーパーヘテロダイン(FM)
中間周波数 1st:71.75MHz / 2nd:455kHz
受信感度 (12dB SINAD) SSB,CW (S/N 10dB):0.135 〜 1.8MHz 0dBuV(1uV)1.8MHz 〜 30MHz -12dBuV(0.25uV)AM (1kHz 30%MOd SN10dB):0.135 〜 1.8MHz 20dBuV(10uV)1.8MHz 〜 30MHz 6dBuV(2uV)FM (3.5kHz dEV SINAD 12dB):28 〜 30MHz -6dBuV(0.25uV)
スプリアス妨害比 70dB以上
低周波出力(10%歪) 2W以上(8Ω負荷)
RIT可変範囲 ±1.2KHz

製品お求めはこちらの販売店から